総距離1600km以上!ブリスベンからメルボルンまで車で行ってみた(前篇)

877

View

ブリスベンからメルボルンまで車を運転して行く場合、海岸線を行く方法と内陸のNewell Highwayを行く方法があります。今回は渋滞がなくて、時間的に少し早く行ける後者の方法で行くと、どのような感じだったかを2回に分けてご報告したいと思います。

スポンサーリンク

ブリスベンからグンディウィンディへ(4時間)

筆者の住むIpswich(イプスウィッチ)はブリスベンから西へ20〜40分車で行ったところにあります。イプスウィッチを冬の6月の午前6:20に出発しました。ブリスベンからだったら午前6:00出発としましょう。

イプスウィッチからNewell Highwayが通っているGoondiwindi(グンディウィンディ)まで行くには、Toowoomba(トゥーンバ)を通って行く方法とWarwick(ウォーリック)を抜けていく方法があります。トゥーンバを通る場合、途中の登りがきついので、若干時間はかかりますが後者を選びました。ちなみに車はTOYOTAのESTIMAです。

内陸へ行くためには峠越えがあります。オーストラリアの大山脈「The Great Dividing Range(グレートディヴァイディング山脈)」を越えるのです。この山脈は東海岸に沿って4000キロの長さに伸びています。美しい山の峰々に雲がぶつかって留まっているのが見てとれます。

牛、羊、畑、きれいな景色を眺めながら大山脈の鞍部「Cunningham Gap(カニンガムギャップ)」を超え、午前7:41ウォーリックに到着(イプスウィッチから108km)。20世紀初頭の素敵な教会があります。

片側1車線、交通量も少なく道も良くて走りやすいのですが、ウォーリックからInglewood(イングルウッド)までは道の両脇に、ひかれたワラビー(小型のカンガルー)がひどい時には50mおきに横たわっている光景が続きます。夕暮れ時から早朝にかけてはカンガルーに注意が必要です。

朝早かったので、眠くなってきたと思ったら、クイズの看板が。クィーンズランド州の最初の知事の名前は?しばらく行くと答えの看板が。Robert Herbertだそうです。イングルウッドには午前9:00に到着(ウォーリックから108km)。ここで5分の休憩。

Goondiwindi(グンディウィンディ)に午前10:00到着(ウォーリックから198km)。マクドナルドで早い昼食を。

Goondiwindiにあるマクドナルド

グンディウィンディからクーナバラブランへ(4時間35分) 

             

ここからGreat Dividing Range(グレートディヴァイディング山脈)を左手に見ながら南下していきます。

遠くに見えるグレートディヴァイディング山脈

グンディウィンディを午前10:45に出発。ガソリンが半分減っていたのでガソリンスタンドへ。31.21ℓ入れて45.54オーストラリアドルでした。クイーンズランド州からニューサウスウェールズ州に入ります。相変わらずカンガルーの屍が多いです。ほとんどが道の真ん中ではなく、脇に倒れています。

白いゴミが落ちているように見えるのはコットンです。この辺りでは、コットンやピーカンナッツ(南半球で最大規模のファーム)、オリーブなどが栽培されています。Moree(モレエ)に昼の12:26到着(グンディウィンディから123km)。

広大な小麦畑を通ってNarrabri(ナラブリ)に午後1:40に到着(モレエから99km)。この辺の家々には煙突がついています。マクドナルドで休憩、午後2:05に出発。外気温10℃。赤土になりました。黒焦げの木立に緑の葉が茂っていて、生命力を感じます。Coonabarabran(クーナバラブラン)に午後3:20到着(ナラブリから116km)。

スポンサーリンク

クーナバラブランからパークスへ(4時間)  

                  

時計塔が目を引きます。クーナバラブランはオーストラリア最大の天文台を有し、「Astronomy Capital」の異名を持っているので、道に土星が佇んでいるのを目にすることもできます。Shellのガソリンスタンドで給油。33.64ℓ入れて51.44オーストラリアドルでした。

緑の草原で今回の旅行で初めて生きているカンガルーの群れを見ました。クーナバラブラン以降はカンガルーの屍を見ていません。起伏のある斜面にたくさんの黒い牛や羊が。今までの平原から一転して、変化に富んだ美しい景色が続きます。

Gilgandra(ギルガンドラ)に午後4:40到着。青々とした街です。雨量が多いのかなと思いました。それからはひたすら真っ直ぐの道が続き、眠くなります。Dubbo(ダボ)に午後5:20到着(クーナバラブランから144km)。

Parkes(パークス)の手前20kmに差し掛かると左手にRadio Telescope(パークス天文台)が見える筈なのですが日が暮れて何も見えませんでした。パークスに午後7:20到着(ギルガンドラから184km)。キャラバン・パーク(主にキャンピングカーのための宿泊施設)のハウスで一泊。4人で90ドルでした。トイレはハウスについていましたが、シャワーは共同でした。部屋に電子レンジや冷蔵庫、トースター、食器、流し台など小さなキッチンはついていましたが、狭くて不評だったので、帰りは130ドルのモーテルに泊まりました。目安になるでしょうか?

パークスにあるパークス天文台

最後に

                                      

疲れました。平均時速90km/h位だったので、時間をもっと縮めることは可能ですが、もしブリスベンからメルボルンまで車で行くのであれば2泊とった方が楽でしょう。帰りにパークスのパークス天文台に寄りました。電波望遠鏡、巨大なパラボラアンテナで、宇宙から届く微かな電波を受信して未知なる宇宙の解明に貢献しています。オーストラリアのおすすめ映画「The Dish」の舞台です。1969年、アームストロング月面着陸の時の声や映像を世界に流した立役者でもあるものが、何気に佇んでいるわけです。

その他にも時間があれば立ち寄りたいところが点在していました。よかったら是非Newell Highwayをドライブしてみてくださいね。続きはまた後編で。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • 体験談
  • NEWELL HIGHWAY
  • ドライブ
  • ブリスベン
  • メルボルン

この記事を書いた人

トキワガシ
トキワガシ

2人のオーストラリア生まれの娘を持つ母親です。ブリスベン近郊のイプスウィッチ市に移住して17年になります。メキシコの大学出身で、「メキシコ人」という本を出しています。それも含めた経験や知識が役立つことを祈って発信していきたいです!