30代での留学のリスクとは?ーーイギリス大学院の留学経験者にインタビュー

1193

View

30代になって、留学を考えている方必見!イギリスの大学院で化学を学んでいた30代の方にインタビューしました。彼女自身の体験談や周りの人々の話から、30代での留学について語ってもらいました。

スポンサーリンク

今回インタビューを受けてくれた留学経験者

今回の留学経験者インタビューは、ロンドン大学バークベックカレッジ修士課程パートタイムコースに留学していたTonakaiさん。バークベックカレッジでは分析化学科を学んでいた彼女に、30代で留学することについて語ってもらいました。

若者に混じっての留学生活

実験風景

ーー 実際にTonakaiさんの学校で30代の人は多いですか?

私の学校で、化学に限って言うと、20代前半で大学の化学系の学部を卒業してからそのまま院に来ている人が多いですね。30代以上は10%くらいです。

ーー 若い人に交じっての留学はどうですか?

物理などの数学的なひらめきは若い時の方がいいですね。特に女性はそうみたいです。あと、実験は体力勝負なので…。計算も20歳の頃と比べるとかなり遅くなってきたので、私自身は年齢的にはギリギリセーフもしくはアウトかな、という感じです。研究というものは世界でだれもやったことがないことをするものなので、新しいものを創造する頭が必要なんです。

なので、理系で留学するなら若いうちが良いと思いますね。30代で留学を悩んでいる人がいるなら、一刻も早くチャレンジしてほしいです。日本での大学院でも一緒ですけど。

ちなみに東洋人の年齢はわかりにくいらしく、日本では年が多く見られる私でも25歳ぐらいだろうとクラスメイト達は本気で思っていました(笑)

結婚、子供よりも留学を優先

イギリスでの夫婦同時留学生活

ーー 30代で留学する方が増えているというお話を聞いたのですが、結婚や出産のことは気にしますか?

私は結婚していて旦那に付いて留学したので、出産については考えました。

ーー 出産はどうですか?もし差支えなければ…

はじめは考えていましたね。でも今は出産よりも修士を取りたいという気持ちがあります。特に私は化学の実験系なので、胎児に吸収してほしくないような毒性の化学薬品を扱うことも多いので…。しかも、妊娠するとボーッとしたり吐き気がすると聞いているので、そんな体調で実験すれば大学の高価な機械をうっかり壊したり、やけどしたりするリスクが増えるなって思いましたね。

ーー 確かにそうですよね。危険は避けたいですもんね。

そうなんです。だから妊娠したイギリス人のクラスメートはみんな休学していました。あと、子供って欲しいと思って授かれるものではないので、貴重なイギリスの2年間を妊活に消費するようなことになったらあまりにもったいない気がして…。子供は欲しいけど、イギリスでは日本でできないことをしたいと思ったので、だから今は自分にとっては生み時ではなかったんだろう、という感じです。

子どもを早く持ちたいなら、留学は難しいですけど、私のように旦那に合わせて海外へ行ける機会があるなら、そこでしかできないことをしてみるのもいいと思います。

好きな人を追いかけて留学

好きな人を追いかけて留学

ーー 30代での留学で気を付けることはありますか?

30代での留学は、結婚や出産などよりも学業を優先したいというスタンスであること、お金がかかることは織り込み済みでないと、実行できないと思います。

ーー その辺悩んでいる人は多いですか?

留学によって結婚が遅れる、というよりも、好きな男性を追いかけて留学してきている女性や、語学留学でできた彼氏と近くに住むために留学してきた女性は意外と多いですよ。結婚してしまえばVISAは要りませんが、それまではVISAがなければ現地で生活できないので、留学VISAを取ると滞在できますからね。

ーー アグレッシブな女性が多いんですね。

30代ともなるとやはり加齢で心身が衰えてきた親の焦りを受けますし、アグレッシブというより死活問題だと思い込んでしまう日本人女性が多いんじゃないかな。あとは、ヨーロッパで恋人探しをしている人もいます。

ーー すごいですね。

もちろんそれだけが目的ではなく、もともと留学したいという思いがあった人や、転職のために留学したいという人たちなんですけど、もう一つの目的として結婚のことを考えている人は多いです。

スポンサーリンク

男性に多いリベンジ留学

リベンジ留学

ーー 男性の場合はどうなんでしょうか。

男性の場合は人生をやり直す、リベンジ、という人が多い気がします。日本で転職をし続ける重ねれば段々不利になっていくケースが多いですけど、留学で一旦スキルアップすれば転職がうまくいくんじゃないかと思う人も多いみたいです。旦那の通っているロンドンビジネススクールでは、30代も多いですね。

ーー そうなんですか?

そうですね、多いです。むしろ29歳くらいが平均な感じで、30歳前後から伴侶を連れて来る人が多いですね。ビジネススクールなので…私の旦那のように勤め先から派遣された留学だったり、一度就職してから働いた経験を活かして勉強をしに来ている人が多い印象です。

人生で一番楽しかった2年間

人生で一番楽しかった2年間はロンドンで

ーーTonakaiさんは、留学してよかったと思いますか?

人生の中でこの2年間が一番楽しかったです!貯金は減りましたけど(笑)それでも、学費を払ってでも、留学して良かったです。ただ、こう言えるのは200万円台だったからだとは思いますね。1000万円とかになるとさすがに…学費ローンのプレッシャーには耐えられなかったと思いますね。

留学を考えている30代の方にメッセージ

30代での留学

ーー これから30代で留学する人に何かメッセージはありますか?

特に理系なら、30代の人には1日でも早く留学してほしいです。若ければ若いほど体力があって、頭も柔らかいので。ただ、留学する・しないに正誤はないと思うんです。留学するのが正しい、しないのが間違っているということではなくて…留学しない人生もアリだと思うんです。でも私はずっと勉強したかったことを留学というカタチで勉強できて本当に良かったです。

編集部コメント

いかがでしたか?30代で留学をするのは、20代よりも勇気がいるかもしれません。それでも留学をして本当に良かった、と語ってくださったTonakaiさんのように、自分のやりたい勉強をできるのは楽しいことです。他にも様々な理由で留学する30代の方の話がありましたが、参考になっていればと思います。留学をすることが正しいわけではありませんが、一つの選択肢として考えてみてください。

今回紹介したバークベック・カレッジの口コミ

ロンドン大学バークベック校のロゴです
名称Birkbeck, University of London(ロンドン大学バークベック校)
国・都市イギリス / イングランド / ロンドン
学校形態大学大学院
住所Malet Street, Bloomsbury, London WC1E 7HX イギリス
電話番号+44 20 7631 6000
公式サイトhttp://www.bbk.ac.uk/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/11645/

インタビュアー

鈴木莉帆(すずき りほ)/ 早稲田大学2年 / アブログインターン生

関連記事

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 2874 view
  • オーストラリアで病気や怪我をしたら?オーストラリアの病院の使い方

    オーストラリアでは日本と違い、安価に気軽に病院には行けません。ワーキングホリデーや留学の際に海外旅行保険には加入していますか?人はいつどこで体に不調を感じるか予測できません。ましてや気候も文化も空気も異なる海外です。体調不調が起きて当然かもしれません。今回は、オーストラリアでの病院の使い方についてご紹介します。

    ちび 5888 view
  • 日本人とはここが違う!?アメリカ人のプレゼンでスゴイと思った特徴3選

    皆さんは会社や学校の授業などでプレゼンテーションを行った経験はありますでしょうか?筆者も日本に住んでいた頃、会社でよくプレゼンをしていましたが、正直な所あまり得意ではありませんでした・・・。そこで、筆者が今までに見たアメリカ人のプレゼンの中で「これはスゴイ!」と思ったことを3つ挙げてみたいと思います。

    Makani 3095 view
  • 目指せ名門大学編入!アメリカのコミカレで好成績を取る4つのコツ

    アメリカのコミュニティカレッジは四年制の大学に比べて学費が格段に安く、有名大学への入学を目指している日本人留学生にとても人気です。今回は筆者が実践していたコミカレでいい成績をキープする4つのコツを紹介したいと思います。

    アシュリー 4908 view

この記事に関するキーワード

  • インタビュー
  • 大学院留学
  • ロンドン大学バークベック校
  • 理系留学
  • 夫婦同時留学

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/