スウェーデン国民が愛する文化「Fika」とは?

2727

View

Anders Lejczak

「Fika(フィーカ)」という言葉を耳にしたことがありますか?今回は、スウェーデン人が大切にするこの「Fika」の文化を紹介していきます。

スポンサーリンク

Fika(フィーカ)とは

Fikaとはスウェーデンの国民が愛し、大切にするコーヒーとお菓子の時間です。語源はスウェーデン語でコーヒーを意味する「kaffe」。その綴りが変化、さらにその音節が逆さまになり、今の言葉になりました。

スウェーデンのFikaの紹介動画

YouTube

スポンサーリンク

Fikaに欠かせない3つの要素

Fikaを語る上で大切な要素は3つあると動画では紹介されています。

1.Coffee(コーヒー)

 フィーカには良い香りのコーヒーが欠かせません
OiMax

スウェーデン人はコーヒーが大好き。フィーカには良い香りのコーヒーが欠かせません。

2.Cinnamon Buns(シナモンロール)

甘さとシナモンの香りがコーヒーのお供にぴったり
Håkan Dahlström

シナモンロールはスウェーデンを代表するお菓子の一つで、Fikaの定番です。甘さとシナモンの香りがコーヒーのお供にぴったり!

他のお供にはケーキや朝食のサンドイッチもあります。日本でいうおやつの感覚に似ていますが、3時でなくても良い点が少し違いますね。

3.People(人)

Fikaを通して人との関係を深めていく
Familjen Helsingborg

そして、一番重要なのが、人。つまり人との関わりや会話のことです。スウェーデンの人々は、Fikaの時間を通して、周りの人々とコミュニケーションを図り、関係を深めていくのですね。仕事の合間に気分転換で同僚とFikaに出かける女性もいました。

※Fikaと呼ぶのに、3つの条件が全て揃っている必要はありません。自分の好きな本や雑誌を読みながら、一人でコーヒーを楽しむのだって立派なFikaだと動画の中である女性も言っています。

最後に

スウェーデン国民にとってこのFikaの時間は欠かせないもので、日常の一部となっています。お菓子とコーヒーを手元に置きながらながら、家族や友人、上司や先生とも会話をするこの時間はスウェーデン人にとって最も大切な時間のひとつなのです。何気ない時間も「Fika」という可愛らしい特別な名前がつくだけで、なんだかその時間が愛おしく感じ、特別な気分で時を過ごせます。スウェーデンの留学ではたっぷりこの時間を味わいたいですね。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Ai
Ai

東京で暮らす大学生。8月からスウェーデンに留学予定。世界中を旅するのが目標!

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!