女子必見!日本では当たり前だけどイギリスでは手に入らない化粧品?イギリスの化粧品事情

1283

View

日本では当たり前のあの化粧品が、イギリスでは手に入りません。渡英前に予備を準備しておきたい化粧品のご紹介と、筆者オススメのイギリスで手に入るオススメ化粧品ブランドのご紹介します。

スポンサーリンク

イギリスでは手に入りにくい化粧品

保湿化粧水

イギリスでは、日本の女性には必需品の保湿化粧水を手に入れるのは至難の業です!こちらの女性は、ダブル洗顔をしません。メイクはメイク落としシートでふき取って終了。または、メイクをふき取り用ローションをコットンに含ませ、メイクをふき取って終了です。

メイクを落とした後の洗顔は基本的にしませんので、こちらの女性のスキンケアはとてもシンプルです。トナーと呼ばれる化粧水があるにはあるのですが、メイク落としや洗顔の後にバシャバシャっと肌につけるタイプの、とてもサッパリした化粧水なので、保湿にはなりません。

保湿クリームはあるので、まったく保湿ができないわけではありませんが、洗顔と保湿クリームの間につける保湿化粧水が必要な方は、日本から何本か予備を持ってきた方が良いです。

下地クリーム

ファンデーションの前に使う下地クリームも、イギリスではなかなか見つけるのが難しいです。

プライマーという名前で売られている化粧下地がありますが、多数のメイクブランドを扱っている大規模のドラッグストアでやっと1つ見つけれるといった具合です。

日本のように「皮脂を抑える、UV入り、化粧のノリを良くする」などの効果はほぼありませんので、こちらも予備をいくつか用意しておいた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

イギリスで手に入るオススメ化粧品ブランド

このように、日本とイギリスではスキンケアやメイクの仕方が少し異なりますが、オーガニックや肌に良いコスメブランドはたくさんあります。日本から持ってきた化粧品がなくなった!というときに、どの肌タイプの方でも利用できるイギリスブランドを紹介します♪

Neal's Yard Remedies

Neal's Yard Remedies
Neal's Yard Remedies Facebook

日本のデパートにも店舗が入っている。イギリスのオーガニックコスメブランドです。ブルーの可愛らしい瓶に入っていて、バスルームやドレッサーに置いておきたいアイテムです。スキンケアからメイクまですべてのアイテムが揃います。

使っているうちに肌の調子が良くなったという方が多く、香りも良いので使いながらリラックス効果も期待できます。

Neal's Yard Remedies Web

Simple

Simple
Simple Facebook

イギリスではとてもポピュラーなブランドです。ドラッグストアやスーパーなど、どこでも売られています。無香料・無色で、敏感肌の人も安心して使えます。

価格も安いので、どれを使えば良いかわからないときなどに、サンプル感覚で試してみると良いかもしれません。

Simple Web

まとめ

海外では普段使っているアイテムがなかなか手に入らないことがよくありますので、事前に多めに用意しておくと安心です。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 化粧品
  • Simple
  • 保湿化粧水
  • Neal's Yard Remedies
  • 下地クリーム

この記事を書いた人

ぴゅぴる
ぴゅぴる

ロンドンで語学留学の後、日本に帰国し就職。でもイギリスが恋しくなり、またこちらに戻ってきました!今はロンドンの一般企業で働きながら、毎日の生活を楽しんでいます。