初海外 ✕ 留学 = 成長チャンス!――カナダ短期留学経験者にインタビュー

1562

View

海外を身近に感じられる時代とはいえ、やっぱり初めて海外へ行くときは緊張すると思います。旅行・ボランティアなど海外へ行く方法は色々ありますが、留学が初めての海外になる人も意外と多いのではないでしょうか。留学したいけど海外経験ないし…と悩んでいる方、必見!初海外で1ヶ月の留学をした大浦彩さんに話を聴きました。

スポンサーリンク

  1. 大浦さん

    大浦 彩(おおうら あや)さん / 早稲田大学2年
    春休みを利用してカナダのビクトリア大学ランゲージセンターへ1ヶ月間の語学留学を経験。スウェーデンのヨーテボリ大学へ1年間留学予定。

ビクトリア大学のロゴです
名称University of Victoria(ビクトリア大学)
国・都市カナダ / ブリティッシュコロンビア州 / ビクトリア
学校形態大学大学院
住所3800 Finnerty Rd, Saanich, BC V8P 5C2 カナダ
電話番号(250) 721-7211
公式サイトhttp://www.uvic.ca/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/6739/
ヨーテボリ大学のロゴです
名称Göteborgs universitet(ヨーテボリ大学)
国・都市スウェーデン / ヨーテボリ
学校形態大学
住所Vasagatan 33, 411 37 Göteborg, スウェーデン
電話番号+46 31 786 00 00
公式サイトhttp://www.gu.se/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/1615/

Q. 自分が海外にいる!と感動した瞬間はありましたか?

  1. 大浦さん

    シアトルの空港はハプニングも起こったんですけど、すごく広くて、きれいで、ショッピングモールなどもあったので、楽しかったですね。これがアメリカの空港か…!という感じでした。

初めての海外ですから、自分が海外にいることを体感すると感動しますよね。これは一生に一回の経験ですので、存分に楽しんでください。

Q.携帯電話・スマートフォンはどうしていましたか?

海外生活を考えるうえで気になるのがスマホの使い方ですよね。今や生活必需品となっているスマートフォン。留学の短い期間だから解約するのは大変だけど、現地でも使いたい。そんな時はどうすればいいのでしょうか。

  1. 大浦さん

    私はシムフリーのiPhoneユーザーなので、海外渡航用のSIMカードをレンタルして行きました。シアトルの空港についてすぐに自分のSIMカードを抜いて、レンタルしたSIMカードを差し込んだら、カナダでもアメリカでも普通に使えて便利でした。

ちなみに大浦さんは、SIMカードを借りるときに、使い放題プランにしていたそうです。自分のスマートフォンを持って行って、Wi-Fiのあるところだけでインターネットを使う人も多かったそうです。ですが、機内モードにして、データローミングをオフにしていないと、高額の請求が来てしまうこともあるので要注意です。SIMカードを借りない場合は、飛行機に乗る前に機内モードにしたら解除しないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

Q.現地で話すことに、恥ずかしさや抵抗は感じなかった?

初めての留学で気になるのが、やはり英語力。留学先でのコミュニケーションは、基本的に英語ですよね。せっかく留学に行ったのだから、英語力を高めたい。これは英語圏に留学する多くの人が思っていることだと思います。でも日本人って、発音が悪いのではないか、とか、伝わらなかったら恥ずかしい、文法が間違っていたらどうしよう、と考えがちだという話をよく聞きます。考えすぎると話せない、もしくはテンポよく会話できなくなってしまいます。

  1. 大浦さん

    話すことに抵抗は感じなかったですね。
    お店でわからない表示があったらお店の人に聞いてみたり、たくさん買うともらえるはずのノベルティーがもらえなかったので、レジの人に聞いたりしました。聞いてみたら、ちゃんとノベルティーがもらえたので良かったです。

語学学校への留学だったので、学校で現地の人とのかかわりはなかったものの、ホームステイ先やお店などではやはり英語。そんな中で英語を話すことにはあまり抵抗を感じなかったと言います。

お店の人とのちょっとしたコミュニケーションも、英語の練習。しかも、聞いてみないと損をしてしまうこともあるかもしれませんよね。いい機会だと思ってぜひ話しかけてみてください。

Q.何かハプニングはありましたか?

留学にハプニングはつきもの。それを乗り越えての成長こそ、留学の醍醐味と言えるかもしれません。学校のプログラムを使って留学した大浦さんですが、飛行機のトランジットでハプニングがあったそう。

  1. 大浦さん

    シアトルで飛行機を乗り換える経路だったんですが、そのシアトル空港でハプニングが起きました。シアトルからビクトリアの飛行機がオーバーブッキング(定員以上の予約を取ること)だったみたいで、私たちのグループの中で1人乗れない!ということで、航空会社の方に交渉しに行きました。留学に1日目で、まだ英語生活になれていなかったんですけど、いきなり英語で交渉するのは大変でしたね。

確かに、飛行機のトランジットって、ハプニングが多いイメージですね。何かが起こったときに、テンパりながら英語で話すのは大変ですが、これができるようになると少し自信がつくかもしれません。

大浦さんたちは結局全員無事にビクトリアへたどり着くことができたそうなんですが、海外への飛行機ではこんなハプニングも起こり得るんですね。カタコトでも伝えることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?大浦さんのように初めての海外で留学をするのは、とても勇気のいることかもしれません。でも、その勇気を出して一歩を踏み出せば、新しい自分と出会うことができるかもしれません。留学へ行こうかどうしようか悩んでいる、という方はぜひチャレンジしてみてください。

大浦さんのインタビューはコチラからもご覧いただけます。
短期留学のメリットは?短期留学だからこそできたこと。ーーTHE RYUGAKU座談会Vol.3
短期留学の生活とは!?気になる留学生活、お見せしますーーTHE RYUGAKU座談会Vol.3<番外編>

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
カナダ留学なら ⇒ カナダに留学するには?治安も良くて人気のカナダ留学

留学業界の裏事情を全てお教えします。

留学エージェントの勤務経験者が「留学エージェントが教えない語学学校の効果を3倍アップする方法」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • インタビュー
  • 体験談
  • 英語
  • ヨーテボリ大学
  • ビクトリア大学
  • 初海外

この記事を書いた人

りほ
りほ

東京の大学生。ベトナムで教育支援を行うボランティア団体に所属。趣味は読書と食べること。フィンランドに留学予定。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!