ファーストフード店やカフェで使える!英語で注文するときの5つのポイント

6130

View

Joel

留学先にてファーストフード店やカフェを利用することがあるはずです。でも、その際にどう伝えて良いのか悩むことはありませんか?当たり前ですが、周りのネイティブたちが何の躊躇も無く、立て板に水のごとくにスラスラとスムーズに注文していく姿に、さらに緊張して口ごもってしまうということも実際よく聞きます。そこで今回は最低限、これだけは知っておけば自信を持って注文ができるポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

1.注文を始めるときは「I’ll have〜(〜を注文したい)」から始める

まず、最初のポイントは、注文を始めるとき「〜を注文したい」、「〜が欲しいと」いうことを伝えたいときには、まず、「I’ll have〜」から始めましょう。例えば、コーヒーのSとフライドポテトのMを注文するときは、「I'll have one small coffee and one medium French fries.」のように注文します。

2.セットメニューは英語で「combo」

次に、覚えておきたい単語なのですが、日本語で言う、「セット」は英語では「combo」と言います。ハンバーガーMセットで、飲み物はコーラを注文するときは「I’ll have one medium hamburger combo, drink is cola, please.」のように注文します。

ちなみに、北米(アメリカ、カナダ地域)では、炭酸飲料全般をまとめて「soda」や「pop」 などと言います。

3.注文の最後には「That’s it.(以上です)」と言う

そして最後に、締めとして「以上です」と言いたいとき、「That’s it.」 と言いましょう。 またそれを受けて、店員さんが必ず質問してくることがあります。それが「For here? To go?」です。

これは、「店内でお召し上がりになりますか?それともお持ち帰りですか?」の意味です。 そのまま、店内であれば「For here」持ち帰りならば「To go」とリピートすれば良いです。(イギリス英語では「To go」の変わりに「Take away」になります)

スポンサーリンク

4.店員が早口で分からないときの尋ね方

またファーストフードショップやカフェは通常とても忙しくしているので、店員さんが早口で何を言っているのかわらないこともあるかもしれません。でもそんなときは、恐れず、恥ずかしがらずに、必ず尋ねましょう。「Pardon me.」や「Sorry, what did you say?」で「何ておっしゃいましたでしょうか」と言う意味になります。

または、「Please say that again.」で「もう一度おっしゃっていただけますか」、「Please say that again more slowly.」で「もう一度ゆっくりおっしゃっていただけますか」と言うのも活用できます。

5.ファーストフード店ドリンクはセルフのドリンクバー(おかわり自由)

ちなみに、海外と日本のファーストフード店との大きな違いは海外がドリンクが空の紙コップをボンと渡されるだけで、そこからはおかわり自由のドリンクバーになっています。

また、オーダーを自動販売機のように電子画面にタッチして先に行い、レシートを持って商品と交換する場所もあります。もちろん、せっかくなので、自分でオーダーして店員さんとのコミュニケーションを図ってみることが一番大事かもしれませんが、何事も経験ですので、一度はそういった日本ではなかなか経験できない海外ならではの物事に挑戦してみることもまたおすすめです。

まとめ

留学中は、すべてが英語の練習のチャンス。恥なんて掻き捨て、失敗など恐れず、なんでも果敢にトライしてほしいと思います。気づいたらもうスムーズに言えるようになっているはずです。それまでは常に前進、常に改善でどんどん間違ってその度に学んで向上して成長していきましょう。

時が流れて行くのはあっという間です。一瞬一瞬を少しでも無駄にせずに、限られた留学期間の中で最大限、自分の経験を増やし、できる限りのことを体得しましょう。

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

春野真理
春野真理

Haruこと春野真理です。普段は、外国人向けには日本語を、逆に、日本人向けには英会話を教えたり、発達障害児や不登校児の学習支援サポートをしています。日本語と英語のどちらもこよなく愛するがゆえに、日本人特有の英語の間違えや日本とカナダとの違いなど日々面白くご紹介できればと思っています♪

https://www.facebook.com/mari.haruno

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)