フランス留学検討者は必見!気になるイマドキのフランスの学生事情

784

View

Quentin Verwaerde

筆者は職業柄、日本でもフランスでも多くの学生と関わりのある仕事に携わっています。これから留学する人は、外国というだけで心配な人も多いと思いますが、国が違っても同じ年頃の学生が悩むことは同じです。筆者の身の回りにいる、イマドキのフランスの学生たちの様子をお伝えします。

スポンサーリンク

ガールフレンド・ボーイフレンドのこと

フランスでは話が上手くてスポーツ系の男子が女子にモテるので、日本では人気になりそうな知的な文化系男子学生ほど、彼女がいません。筆者の経験から、若い頃は話が上手くてスポーツ系は良いと思いますが、真面目で地味な学生の方が、将来的には安泰かと思います。

フランスの一般的な男子学生と話すと、真面目で根が優しい学生が多い印象です。話下手だという男子学生も、日本の学生よりよく話す印象を受けています。フランスの男子学生は積極的にリードしてくれる子が多いので、日本の女の子はかなり楽だと思います。

フランスの女子学生は真面目な奥手の子もいますが、アメリカの女の子のように派手な男の子と派手な装いで、浮世を流し、次々相手を変える子も多いです。女の子は、男の子よりエネルギーがあり、大人びている子が多く、自分の意見を強く主張するタイプが多い印象です。

フランスの女子学生と付き合う日本人の男子学生は、かなりの寛容さが求められると思います。フランス女子は強いですが、話すとほんとに良い子が多い印象です。モデル並のスタイルでセンス抜群の子も多いです。

一般的に日本の学生より積極的な子が多いので、すぐにカップルになったり、破局したりが激しいようです。学生の頃から、カップルはロマンチックな二人だけの世界を一目も憚らず、ハードなスキンシップしている学生もいますが、みんながそういうわけではありません。

また、留学生もたくさんいるので、インターナショナルなカップルも珍しくありません。

学生生活のこと

遊びに夢中な学生で授業に出ない、授業をバカにする問題の学生もいたり、与えられた課題をあっという間に終わらせる努力家の学生もいたり、いろいろな学生がいるのは日本と同じです。

また、人気のない先生の授業の愚痴、おもしろかった研究、スタージュ(インターンシップ)をやってみて大変だったことなど、学生同士の会話も日本の学生と同じです。そんな他愛もない話が学生生活の懐かしい思い出になるんですね。

学生はレポート課題も多いのですが、書いているレポートは授業に出ていなくて苦し紛れに意味不明なおもしろいことを書く学生がいたり、対照的に完璧すぎるレポートを出す学生もいます。特に抜き打ちレポートやテストは、学生の性格がよく表れます。

留学中にフランス語でレポートを書くのは大変だと思いますが、一生懸命頑張っている様子は評価してくれる先生が多いと思います。

フランスの学生は親日家が多い

フランスの今の学生は、よく日本の漫画を読み、アニメをテレビで見ている世代なので日本に憧れている学生が多いです。先日、日本の企業にスタージュに行きたい学生のミーティングがありましたが、日本の企業の方へのアプローチが積極的でした。

現在、筆者の知っているフランスの学生が日本にスタージュに行っていたり、フランスの大学を休学して日本に留学している学生もいます。親日家の学生が多いので、日本人だと分かると仲良くなれる学生が多いと思います

スポンサーリンク

子供の頃から議論が普通の環境で育っている

フランスの学生は、子供の頃から議論が普通の環境で育てられているので、自分の意見はきちんと言う学生が多い感じがします。特に、社会問題は日本より関心が多いようで、そこは日本の学生が留学したときに、ものすごく学ぶことが大きいと思います。

フランス人は親しくなると本当の親友になるケースも多く、フランスの留学生活で一生涯の親友ができる可能性もあると思います。好き・嫌いをはっきり言うのも特徴的です。

筆者は学生よりもかなり年上ですが、話題が豊富な学生が身の回りに多く、学生と話して学ぶことが多々あります。

フランスの学生は英会話が得意?

グランゼコール(フランスの高等教育機関)の学生は、大抵英語での会話ができます。フランスが日本よりも英語の検定などのテストではスコアが低いと、あるデータにありましたが、そうではありません。

日本人は資格試験のスコアは良いけれど、話すことができない人が多いですが、フランスの学生はそうではありません。大学に入る前の学校で、英字新聞などを用いて実践的に説明するなど、話すための強化授業を受けている学生が多いので、日本人より英語を上手に話している学生が多いと思います。

フランスに留学中にフランス語が上手くできずに困ったときは、英語で話しかけると話が通じる学生が多いと思います。注意する点は、学生が話すのはイギリス英語が一般的なので、アメリカ英語に慣れている人は少し戸惑うかもしれません。また、フランスは陸続きなので、学生でも何ヶ国語も話す学生もいるので、良い刺激になると思います。

就職問題はフランスの学生も深刻

近年フランスでは失業率が高まる一方なので、自分の将来について真剣に考えている学生が多いです。スタージュ先にそのまま就職する学生もいれば、大学の専攻とは関係ない分野に就職する学生もいます。

卒業生とのつながりがとても強い大学もあり、学生が卒業生にコンタクトを取ることが容易で、スタージュや就職活動で、先輩の助けを借りる人もいます。

文系の大学より、理工系の方が仕事に就きやすいのも日本と同じです。留学するときは、自分の将来にプラスになる学部の方が社会に出るためのスキルが学べるかもしれません。

まとめ

最近では英語圏に留学生が集中していますが、フランスでは英語圏にない陸続きの文化や言語も学べます。また、いろいろな学生がいて、とても面白いと思います。英語を学びたければ、海の向こうは、すぐにイギリスがあります。

これからフランスに留学する人は、恐れず、飛び込んで見てください。日本にいては分からない、世界を学ぶ良い経験になると思います。フランス人の学生は、精神的に大人の学生が多いので、共に学ぶことが多いでしよう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

sara
sara

フランスに移住して、3年半が過ぎました。海外経験が全くない・フランス語が全くできないまま、フランスに長期に住むことになりました。フランスのさまざまな文化や生活などの魅力的な情報をお届けします!

http://www.marmiton.org/