留学中は日本語厳禁!限られた留学期間内で英語力を飛躍的に向上させるコツ

4130

View

zwenzini

留学さえすれば、日本と違う環境なので、なんとなくそこにいるだけで英語が話せるようになるのでは、と淡い期待を抱いていたりはしませんでしょうか。もしかしたら誰しもがそんな考え、期待を少なからず最初は抱いているものかもしれません。でも、そんなことは一切ないと言っても過言ではありません。

スポンサーリンク

「留学した」だけでは英語力は身に付かない

留学すると、当然海外にいるので、周りから英語が聞こえてきます。そこで、なんとなく勉強している気分になってしまうと、実際帰国時になって全然成長していない、ということになりかねません。

自ら意識して日本語に頼らない、英語に集中するという環境に身をおき、ストイックになることも時には大事だと言えます。

留学中は英語を使うことに徹底する

わたしの場合、留学中は極力日本語に頼りたくなかったので、たとえ、日本人同士でも留学で来ている人たちとは英語で話すようにしていました。またメッセージ等のやりとりもすべて英語で行っていました。

最初は照れくさいと思うかもしれませんが、限られた時間を最大限有効活用していくためには、そんな照れくさいなどと言っている時間などありません。どんなに環境が変わって英語に慣れ始めたとしても、やはり日本人ですから、どうしても、とっさのときや焦ったときには日本語で考えてしまったり、日本語でぼやいてしまったりしてしまうものだと思います。

でも、そんな焦ってしまったときにぼやく、間をもたせる言葉ですら英語に徹底する、それくらいの気持ちでいようと思って行動していました。たとえば、焦ってしまったり、とっさのときに出がちな言葉と言えば、

「えーっと何ていったらいいんだろう。」
「えーっと。うーんっと。」

などでしょうか。

他の場面ではがんばって英語で話そうとしているのに、そこだけ日本語になってしまっているという光景もよくよくみかけます。せっかくなので、そこも英語で言えたら少しカッコいいと思いませんか。

そして、「えーっと、何ていったらいいんだろう。」って英語で言っていても、いったいこの人は何を言っているんだろう?と首をかしげられるだけかもしれませんが、そうではなく、たとえ、そのあとの自分の言いたいことがうまく表現できないにしても、そこのフレーズだけでも英語で言えば、少なくとも相手は、あ、なんか表現できずに困っているんだなとか言葉を探しているんだなと察してくれてるはずです。

「えーっと何ていったらいいんだろう。」を英語で言う方法

ということで、「えーっと、何ていったらいいんだろう。」を英語で言う方法をご紹介いたします。国によってもどれをよく用いられるか、また違ってきますが、代表的なものを二つあげることにします。

1つ目は「How do I say?」です。
2つ目は「What’s the word?」です。

これらは純粋に、何と言ったらいいのか表現や単語が英語で出てこないときに使います。もうひとつ少し異なりますが、問われた質問に対して、何かを思い出したいとき、少し相手に待っていただくための時間が必要なとき、この場合には

Let me think.

というふうに言うことができます。

スポンサーリンク

分からないことを直接英語で質問する方法

もう一点、留学中にぜひ徹底するといいかもしれないという事柄を。どうしてもわからない言葉があったりするとすぐにそれを辞書で調べてしまいがちではないですか。

特にあるものを指差して何か言いたいとき、それを英語で何ていうのかわからなかったりすると、即、電子辞書やケータイで調べる心理は仕方のないことなのかなと思います。

辞書を使ったり、検索して「調べる」ということは決して悪いことではないです。でも、せっかく海外にいるのであれば、ぜひ日本語を極力絶って、英語に集中したほうがいいに決まっています。せっかくなので、「これって、英語で何ていうの?」と、英語でそれを聞いてしまえばいいのです。そうすることで、その人とのコミュニケーションも図れます。

では「これって、英語で何ていうの?」英語で何ていうのでしょうか。

How do you say xxx in English?」です。

その場合は、「How do you say ホッチキス in English?」のように、「xxx」のところを日本語の単語にして言って日本人の友達に質問したり教えてもらったりもできますね。

日本人ではない人たちに聞く場合には、もちろん「xxx」のところはthisやthatを入れて「How do you say this in English?」と聞けばいいですね。ぜひ辞書に頼りすぎずにこれを有効活用して、コミュニケーションのチャンスをもっともっと自ら創出しましょう。

辞書を使うなら「英英辞書」がお勧め

英単語の意味がわからずに辞書を使うにしても、「電子辞書」「英和、和英辞書」ではなく、わたしは「英英辞書」をお勧めします。また文法に関しても英語で書かれている文法書で勉強してみることをおススメします。

え?そんなの難しいんじゃない?と思うかもしれませんが、時間があるときにまずやってみることです。英単語の意味ですら日本語に頼らず、英語を通して理解するのです。意外と面白いですよ。

最後に

全く同じプログラムを受講し、全く同じ期間学んだとしても、こうした毎日のほんのちょっとした積み重ね、心がけが留学生の間の大きな差を作ります。

またどんなことでも面倒くさがらずに積極的に自ら学び新しいことを掴み取りに行く気持ちで毎日を過ごすと自分自身を視野を大きく広げ、成長させてくれるはずです。海外に留学すればそれだけ英語が話せるようになるというのは大きな間違いなのです。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 海外の幼児教育に興味ある人必見!オーストラリアでチャイルドケアボランティア

    子どもが大好きな人、海外の幼児教育に興味がある人にまさにピッタリのプログラムが「英語+チャイルドケアボランティア」です。今回は「英語+チャイルドケアボランティア」プログラムについて紹介します。

    運営チーム 2782 view
  • アメリカで銀行口座の開設方法!お勧めの銀行も紹介

    アメリカで留学生活をしていると、意外と身近で利用する機会が多い銀行!今回はアメリカで銀行の口座開設方法とオススメの銀行を紹介します!

    Yusuke 20962 view
  • なぜ、MBA?〜私がMBA留学を決意した3つの理由〜

    筆者は社会人の女性で、30歳を目前に、働きながらニューヨークでの留学を実現し、2015年5月にニューヨーク市立大学バルーク・カレッジでMBA(経営学修士)を取得しました。留学する理由、MBAを取得する理由は人それぞれですが、迷っている方の参考になればと思い、私がMBA留学を決意した動機やきっかけについてご紹介します。

    Sattyshamrock 5204 view
  • 科学・技術分野への大学院留学をサポートする団体「カガクシャ・ネット」とは?

    インターネット上に留学に関する情報が殆どない2000年から科学・技術分野の大学院留学に特化した情報発信及びネットワーク構築のサポートを目的として活動を続けるボランティア団体「カガクシャ・ネット」。今回は代表の武田さんにインタビューを行いました。

    運営チーム 3350 view
  • 「I'm fine」にはもううんざり?会話が弾む「How are you?」攻略法

    英語を勉強し始めて一番に習う、あまりにも有名な英語の挨拶、「How are you?」。もっとも無難な回答として、「I'm fine」が浸透していますよね。でも実際に留学中に出会う人たちみんなに「I'm fine」と答えるのは、なんか面白くない…そんなあなたに、実際に海外の人たちが使っている「How are you?」の返答集をご紹介します。

    きりん 5494 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

春野真理
春野真理

Haruこと春野真理です。普段は、外国人向けには日本語を、逆に、日本人向けには英会話を教えたり、発達障害児や不登校児の学習支援サポートをしています。日本語と英語のどちらもこよなく愛するがゆえに、日本人特有の英語の間違えや日本とカナダとの違いなど日々面白くご紹介できればと思っています♪

https://www.facebook.com/mari.haruno