「BTW」の意味は?メールが楽しくなる英語の略語10選

13154

View

アメリカ人とメールをしていると、「え、これどういう意味?」という略語がたくさん出てきます。知っているといちいち意味を調べなくていいし、文字数がかなり少なくなるのでメールも楽になります。そしてなにより略語で会話できるとメールが楽しくなります。今回は私がよくメールをする時に使っている英語の略語を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1. BTW(ところで、話は変わるけど)

Btwは「By the way」の略語です。話題を変える時に便利で、一番よく使うかもしれません。

例)Btw, do we have any hw for 2moro?(ところで明日提出の宿題ある?)

2. 2MORO(明日)

2moroは発音のまま「Tomorrow」の略です。テキスト英語では「Two」の発音を数字の2と略します。例えば2day(Today)や2night(Tonight)もよく使われます。

例)Any plans for 2moro?(明日何か予定ある?)

3. RN(たった今)

Rnは「Right now」の略語です。今忙しいと伝える時などに便利です。

例)I’m driving rn. I’ll call u later. (今運転中。あとで掛け直す。)

4. IDK(わからない、知らない)

Idkは「I don’t know」の略語です。IdkだけでなくIdc(I don’t care)もよく使います。

例)Idk if I can make it on time. (時間通りにつくかわからない。)

5. IKR(そうでしょ?)

Ikrは「I know right」の略語です。そうでしょ?とかやっぱり!みたいなニュアンスで使います。

例)Ikr? I thought the same thing!(そうでしょ?私も同じこと思った!)

スポンサーリンク

6. WYD(何してるの?)

Wydは「What you doing」の略語です。そのまま、何してるの?という意味になります。

例)Wyd? I’m bored.(今何してるの?暇なんだけど。)

7. THX(ありがとう)

Thxは「Thank you」の略語です。

例)Ok thx.(わかったありがとう。)

8. ASAP(できるだけ早く)

ASAPは「As soon as possible」の略語です。これは先生とのメールなど割とフォーマルな場でも使えます。

例)Call me ASAP.(できるだけ早く電話して。)

9. BRB(すぐ戻る)

Brbは「Be right back」の略語です。トイレに行くとかちょっと席をはずす時に便利です。

例)I need to call my mom. Brb.(お母さんに電話する。ちょっと待ってて。)

10. FYI(ちなみに)

最後の略語Fyiは「For your information」の略です。メールだけではなく会話のなかでも使います。直訳すると「あなたの情報のために」となりますが、ニュアンス的には「ちなみに」、「これは伝えておく」みたいな意味と思ってください。

例)Just fyi, 2day’s my brother’s Bday.(ちなみに今日は弟の誕生日なの。)

まとめ

聞いたことのある略語もあったのではないでしょうか。みなさんも英語の略語を使いこなして、メールを楽しんでみてください。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3588 view
  • これってイギリスあるある?イギリス生活でちょっとビックリしたこと5選

    外国に住む限り、どこの国へ行ってもちょっとビックリするようなことがあります。ここでは、私がイギリスに引っ越してきて、ちょっとびっくりしたことを5つご紹介します。

    eplm 4604 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 3014 view
  • 今年アメリカで最も売れた本は?バーンズ&ノーブルのベストセラー10位

    紙の本が売れないといわれて久しいですが、アメリカでは年間約30万冊の本が発行されています。新刊の発行点数は、人口1万人に対して9.6冊。日本では1万人に6.1冊なので、人口当たりの新刊発行点数はアメリカの方が多いのです(※註1)。そんなこの国で、今年最も売れた本はなんだったのでしょうか。書店最王手のバーンズ&ノーブルのベストセラーランキング(※註2)をご紹介します。

    美紗子 5946 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

アシュリー
アシュリー

UCSD3年生。社会学を勉強しています。