帰国後、留学経験を活かす方法とは?全国各地で活躍する留学経験者の取り組み事例

3092

View

留学経験をどのように活かすべきか。それは一体何かの役に立つのか。留学前に抱いていた思いとは違い、帰国後、突如押し寄せる不安の一つ。ただ留学後にどんなに不安に思ったとしても大変な思いをしてやりきった留学経験はあなたに「あなたの生活を豊かにする力」を与えてくれているはずです。また、それは、あなた自身だけでなく多くの人を助けることができる力に繋がっているかもしれません。そこで、今回は、留学経験者が帰国後に行っているボランティア活動の一部をご紹介します!

スポンサーリンク

英語力を活かして観光案内

英語でガイド

留学を経験をしたことにより「語学力」に磨きがかかった学生たちは、現在、全国のあちこちでフリーガイド(無料の観光案内)ボランティア活動に取り組んでいます。その理由は、訪日外国人渡航者の数が急増しているから。世界中から集まる外国人渡航者を目にする機会が増えたことは皆さんもすでにご承知の通りだと思います。

ただ、そんな彼ら達が「言葉の壁」を感じ、100%日本を楽しめていないというところまで考えたことはありますでしょうか?「言葉」が通じない環境にいた留学経験者だからこそ、その課題に直視しアクションを起こしているのかもしれません。

英語メニューありますステッカーの配布

英語メニューありますステッカー

また最近は、フリーガイドだけではなくて「英語メニューありますステッカー」の配布なども行っているようです。ボランティア活動で救える人数には限界がある。ボランティアのサポートがなくても気になる飲食店に気兼ねなく入れるような工夫をとステッカーを作成し配布しているようです。

お店によっては用意したステッカーが店舗の雰囲気とは違うのため、なかなか貼ってくれない...といったジレンマもあるようですが、徐々に協力店が増えているそうです。

スポンサーリンク

これから留学にチャレンジする学生向けに英会話レッスンを開催

英会話レッスン

さらに、留学経験者たちのボランティア活動は、訪日外国人を対象にしたものだけではないようです。例えば、これから留学にチャレンジする学生たち向けに「英会話レッスン」や「留学の悩みを聞く相談会」を開催しているそうです。

これも留学経験があるからこその取り組みの一つ。いざ留学にチャレンジしようとしても後悔が残ってしまっては意味がないですよね。そんな後悔の念を少しでも軽減できるようにホームステイ先のホストファミリーとの交流方法や事前に覚えておいたほうが良いフレーズなどを伝えているそうです。

EF留学経験者が集う「EFアンバサダー」

ただ、どうしても一人でそういった活動を行うことって勇気がいりますよね。そんな皆さんは、是非、留学経験者が集う団体を探しましょう。

例えば、海外留学のEFでは、EF留学を経験した学生たちが各々の経験を世の中に発信できるよう「EFアンバサダー」といったネットワークを作っているそうです。現在、4,000名以上のEFアンバサダーが全国各地で様々な活動をしています!こういったネットワークを見つけて参加することも、これからの活動をクリアにする方法の一つです。インターネットを活用しながら探してみましょう!

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

海外留学のEF
海外留学のEF

海外留学のEF日本事務局です♪皆さんEFはご存知ですか?EFは世界16カ国、40都市で語学学校・学生寮を運営している私立教育機関です。留学や海外生活に役立つ情報を発信していきますので、楽しみにしてくださいね。

http://www.efjapan.co.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)