慣れればかんたん!?英語でのレストランの予約方法

4427

View

Branson Missouri

日本語、英語に関わらず、電話でレストランの予約をするのは、少し緊張するという人もいるのでは?ここでは、海外滞在中に役立つ、英語でのレストランの予約方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

1.基本事項を確認

予約日時、人数、希望のコースやメニューなど、必要な情報は事前に書き出しておきます。ほとんどの場合、連絡先電話番号を聞かれます。留学などでプリペイド電話などを使っていて、自分の電話番号を覚えていない人は予めメモしておくと安心です。

人気のレストランだと、希望の日時に予約がいっぱいの可能性もあります。希望の日時は、複数考えておくとよいでしょう。

2.予約は電話?メール?

お店によっては、電話での予約は受け付けておらず、お店のウェブサイトのフォームから直接メールを送って予約する場合もあります。それ以外は、一般的には電話での予約になります。

スポンサーリンク

3.便利な表現

電話で使える便利なフレーズをいくつかご紹介します。

I’d like to make a reservation.(予約したいのですが)
Could I make a reservation, please?(予約おねがいできますか?)
I’d like to book a table for two.(2名用のテーブルを予約したいのですが)
How about 7.30? / Let’s say 7.30?(7時半はどうですか?)

4.いよいよ予約

レストランに電話すると、だいたい以下のような流れになります。

  1. 店員

    Thank you for calling, Sushi King. How may I help you?

  2. Could I make a reservation for tomorrow, please.

    あなた
  3. 店員

    Sure. For what time and how many?

  4. For two people at 7.30.

    あなた
  5. 店員

    Okay, no problem. May I have your name and phone number, please?

  6. My name is(名前)and my phone number is(番号).

    あなた
  7. 店員

    Okay, so, tomorrow for two at 7.30.

  8. Perfect. Thank you.

    あなた
  9. 店員

    Thank you.

*予約がいっぱいの場合は、“Sorry we're fully booked for tomorrow evening.” など言われます。そんな時は、“What about this coming Saturday?” と別の日時の空き状況を聞きましょう。

最後に

当日は、受付の人に、“We have a reservation under the name(名前).”「(名前)という名前で予約しています。」と伝えましょう。人数を確認され、席に案内してくれます。

何かと緊張する英語での電話ですが、紹介した方法を参考に、ぜひ挑戦してみてください。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカに留学するには?世界からトップクラスが集まるアメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダに留学するには?治安も良くて人気のカナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリスに留学するには?歴史と伝統に溢れるイギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランドに留学するには?初めてでも安心のニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学ならこの学校!フィリピン留学におすすめの学校21選

留学業界の裏事情を全てお教えします。

留学エージェントの勤務経験者が「留学エージェントが教えない語学学校の効果を3倍アップする方法」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!