意外と知られていない?ドイツの街ハレの魅力3選

1974

View

©Miho Ohki

ドイツのザクセン・アンハルト州の街、ハレ(ザーレ)の意外と知られていない魅力を紹介します。

スポンサーリンク

1.作曲家ヘンデルの故郷

ヘンデル
©Miho Ohki

これはある程度知られていることですが、バロック時代の大作曲家ヘンデルは、この街で生まれました。毎年夏に、彼のオペラや他の作品が演奏される『ヘンデル音楽祭』が開催されます。

街の中央にあるヘンデルの生家では、彼の生涯や作品について、とてもわかりやすく展示されています。音楽好きにハレをおすすめしたい理由のひとつです!

2.緑が多い

緑
©Miho Ohki

ハレが誇る二つの公園、パイスニッツ公園と、フォルクス公園。ザーレ川のほとりにあるこの大きな公園は、年中問わず、沢山の人たちが訪れます。早朝にジョギング、自然の中をサイクリング、夏になればバーベキュー。水や緑や白鳥たちが、日々の生活に癒しを与えてくれます。

スポンサーリンク

3.かわいいお店が多い

店
©Miho Ohki

ハレには可愛らしいカフェや雑貨屋さんが多いのも特徴。マルクトから入った『Kleine Ulrich Straße(クライネウルリッヒ 通り』には特に沢山のカフェやバーなどが立ち並びます。その他にも小道を歩いていると目立たないけれど素敵なお店がぽんと現れるので、ぜひ訪れて探してみてください。

まとめ

ここで紹介したのはハレ(ザーレ)の魅力のほんの一部。その他にも、古城を利用したモーリッツ城美術館や、世界文化遺産にノミネート中のフランケ財団など、まだまだ魅力がつきない音楽・文化の都ハレを、あなたもぜひ訪れてみてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • パイスニッツ公園
  • ザーレ川
  • ヘンデル
  • フォルクス公園

この記事を書いた人

Miho
Miho

ドイツ、ハレ在住。大学院でピアノ教育を学びつつ、ピアノのレッスンとドイツ語通訳、翻訳をしています。ドイツでの生活のあれこれや音楽留学についてなど、みなさんとシェアしていけたらと思います。

http://www.morepiano.info/