やっぱり野生の王国アフリカ!ケープタウン周辺で遭遇しちゃう野生の動物5選

1683

View

Francois de Halleux

アフリカといえば野生動物。実際、南アフリカのお札にはBig5といって、ライオン、サイ、ケープバッファロー、ヒョウ、そして象が印刷されています。ただし、ケープタウンは近代化されており、Big5やヌーの大群を見れるわけではありません。でも、郊外のワイナリーに出かけたり、道を歩いていて見かける野生の動物たちが、すでにワイルドなので、今回はケープタウン周辺で遭遇できる野生の動物たちの紹介をします。

スポンサーリンク

1.Ostrich (ダチョウ)

Ostrich

喜望峰へ行く道の傍らで見かけることが出来ます。頭を一撃されたら即死です。あまり挑発しないようにしましょう。喜望峰の海では運が良ければ野生のSeal(アザラシ)に遭遇することもあるそう。

2.Baboon(ヒヒ)

Baboon

Baboonに注意の看板はよく見かけます。団体で生息していて、人間を恐れないのか、車によじ登ったりします。凶暴なので安易に窓を開けたり近寄ったりしてはいけません。もちろん餌をあげるなんてもってのほか。結構大きいので、実際に見ると怖いです。

3.Guinea fowl(ほろほろ鳥)

Guinea fowl

街中のいたる所にたくさんいます。飛べない鳥で人が近寄ると一斉に逃げます。初めて見た時は驚きましたが、あまりにどこにでもいるので感動が一瞬で薄れます。でもよく考えたら、珍しいですよね。

スポンサーリンク

4.Peacock(孔雀)

Peacock

Paarl地区にあるLandskroonというワイナリーの敷地内で遭遇することが出来ます。孔雀がにゃーと鳴くのを初めて聞きました。孔雀が羽根を広げるのは求愛行動らしいですが、広げなくても十分美しいです。

5.Cape Gray Mobgoose(ケープマングース)

Cape Gray Mobgoose

近くには寄ってこないので怖くはありませんが、子犬ぐらいの大きさのものもいます。夏は暑いのか大きめの岩にお腹をくっつけて伸びる姿が愛らしいです。

まとめ

いかがだったでしょうか。ちなみに、山の方に住んでいる人たちは野生の動物たちと共存していて、猛毒を持つCape cobra(ケープコブラ)やSmall indian civet(ジャコウネコ)がいても何もしません。蛇の場合はスネークハンターらしき人がいて捕獲しますが、また山に放ちます。

留学生の皆さまも、色んな野生動物を見てアフリカを実感してくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3036 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4242 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1199 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1679 view

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • Peacock
  • サバンナ
  • Ostrich
  • Guinea fowl
  • Big5
  • Cape Gray Mobgoose
  • 野生動物
  • Baboon

この記事を書いた人

Meg.K
Meg.K

全くケープタウンに無知なまま、英語もままならないまま住んでしまっている元美容師。写真、お花、お酒、大好きなものがたくさん詰まったこの街にワクワクが止まらず。黒人さんたちのオシャレさに毎日ドキュンとしている。