メルボルンでシェアハウスを探す時に役立つウェブサイト3選

4787

View

MARCUS NUNES

初めて海外に来たとき、日本とは何もかもが大きく違い戸惑うもの。今回はメルボルンでシェアハウス探しにおいて便利な3つのウェブサイトを紹介する。

スポンサーリンク

1.Gumtree

Gumtree

Gumtreeはメルボルンだけではなく、オーストラリア全土を網羅してるウェブサイトだ。当サイトでは毎時、数々のシェアハウスの住居者募集の記事が更新され、ロケーシェンや家賃などは様々だ。またシェアハウスの情報以外にも、オンラインショップや仕事の求人情報も掲載されているので、有益なことこの上ない。

Gumtree
http://www.gumtree.com.au/

2.伝言ネット

伝言ネット

伝言ネットは、先ほどのGumtreeとは違いメルボルン専用のウェブサイトだ。また、こちらは日本語のサイトでGumtreeのように住居者募集の記事や仕事の求人、及び様々なコミュニティの詳細が載っているので、こちらも非常に活用的だ。しかしながら、多くの情報が日本人に関連しており、バイト求人情報も日本食レストランや、また住居人も日本人ばかりのシェアハウスが掲載される。このサイトを使用される時は、このことを肝に銘じて活用されると良い。

伝言ネット
http://www.dengonnet.net/melbourne/

スポンサーリンク

3.メルボルン掲示板

メルボルン掲示板

メルボルン掲示板は、伝言ネット同様、日本人向けのクラシファイド掲示板サービスだ。シェアメイト募集だけでなく求人や売ります・買いますなど幅広い情報が網羅されている。会員登録の必要も無く、サイトのデザインも見やすく設計されているので使い勝手が良い。メルボルンだけでなくオーストラリア全体も網羅している。

メルボルン掲示板
https://kaigai-bbs.com/aus/mel/

おまけ

私がシェアハウスを探していたときは、伝言ネットやメルボルン掲示板を殆ど活用しなかった。というのも、上記でも述べたように、日本人向けの掲示板サービスの場合、日本人のシェアメイトが固まり易く、国籍に傾きが出てくると感じたからである。実際にGumtreeを使用してシェアハウスを探した結果、シェアメイトはネイティブに限らず、ヨーロピアン、アフリカン、南アメリカンと国際豊かで、味わい深い経験が出来た。

しかし、国籍が違うとそれぞれバックグラウンドも違い、イライラすることも何度かあった。同じ日本人と暮らすことは生活に乱れがなく、スムーズに暮らすことも出来るので、どのウェブサイトを使用してもあなたのニーズにあったシェアハウスが見つかるだろう。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3586 view
  • これってイギリスあるある?イギリス生活でちょっとビックリしたこと5選

    外国に住む限り、どこの国へ行ってもちょっとビックリするようなことがあります。ここでは、私がイギリスに引っ越してきて、ちょっとびっくりしたことを5つご紹介します。

    eplm 4598 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 3014 view
  • 今年アメリカで最も売れた本は?バーンズ&ノーブルのベストセラー10位

    紙の本が売れないといわれて久しいですが、アメリカでは年間約30万冊の本が発行されています。新刊の発行点数は、人口1万人に対して9.6冊。日本では1万人に6.1冊なので、人口当たりの新刊発行点数はアメリカの方が多いのです(※註1)。そんなこの国で、今年最も売れた本はなんだったのでしょうか。書店最王手のバーンズ&ノーブルのベストセラーランキング(※註2)をご紹介します。

    美紗子 5938 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Tatsumi
Tatsumi

一人旅が大好きな大学生。自慢のカメラを片手に、毎年あちこち飛び巡る。お気に入りの場所は、山口県の角島大橋と広島県の宮島。他にも読書が好きで、愛読書は村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」。