ニュージランドの高校から大学進学!テストをパスせずに大学に入学する方法

2287

View

ニュージランドで大学に進学するためには、高校の段階で専攻したい学科の必要科目を選択し、テストをパスしていかなくてはいけません。しかし、テストをパスせずとも現地の大学に進学する方法がありますので、その方法を紹介します。実は高校卒業時点でテストをパスしていなかった私は、この方法で大学に進学しました。

スポンサーリンク

以前「ニュージーランドの高校の授業について、知っておいた方が良い6つのこと。」の中で、ニュージランドの高校の制度について、以下の通り紹介しました。

高校を卒業後、大学進学に向けて教科選択する必要があります。高校留学している生徒は多くの場合、後先考えずに楽そうな科目を選択したりします。しかし、帰国子女で日本の大学を考えている場合は、Year11からの成績や、どんな科目をとっていたかを見られるところが多いです。現地の大学進学の場合、大学で専攻したい学科に入るために履修しないといけない科目が多く存在します。そのため、なるべく早い段階で進路相談の先生と相談しましょう。また、その時に、この学科ではどの科目を専攻しないといけないか教えてくれます。

テストは定期的にあります。もちろんすべて英語です。テストは大きく分けてInternal, Externalに分かれています。Internalは一年を通して定期的に行われるテストです。ExternalはNCEAといい、レベル1から3に分かれていてYear 11がレベル1で2がYear 12、3がYear 13となります。これは学年末テストで10月中旬から11月末近くまである全国で一斉に行われるテストになります。とても大切なテストになります。

Internalテストである程度の成績を得ていなければ、Externalテストを受けることが出来ないと聞いたことがありますが、これも事前に進路相談の先生と確認することをお勧めします。Externalレベル1は、さほど重要視されていませんが、レベル2,3は大学側や就職先が目を通す大切な成績表となります。そのため是非いい成績をとっておきたいものですね。

ニュージーランドの大学はExternalの成績を入学の判断材料のひとつとして見ています。また、高校生活3年間を通して、大学で専攻したい学科の必要科目をとり、テストをパスしていかなくてはいけません。それに、英語のクラス(ESOL)でのテストも合格し、英語が堪能だと示さなくてはいけません。

高校時代、ほとんどテストをパスしていない状態だった私が大学に編入できた方法について

私は高校時代にしっかり勉強していませんでした。大学のこともまったくといっていいほど考えていませんでし、ただ毎日を楽しく過ごしていました。テストもほとんどパスしていなかったです(笑)。本当に、どうしようもない状態でした。

しかし、右も左も分からない状態からの高校留学。現地の生徒と同じ授業を受けて、ついていくのも大変ですよね。その上、テストもパスしなくてはならないなんて気が遠くなりそう。

でも大丈夫です。そこで、挫折してはいけません。ちゃんと私たちのためにある進学方法が存在します。

1.語学力を大学入学レベルまで向上させる。

school

まずは大学入学レベルまで英語を勉強しなくてはいけません。自分が卒業したカンタベリー大学では大学側と提携している語学学校「Christchurch College of English Ltd.」がクライストチャーチにあります。そこでEAPプログラム(English for Academic Purposesの略。中〜上級者向けの英語プログラム)を受けます。

これはレベル1と2に分かれています。まずはEAP1をクリアしましょう。これでまず、カンタベリー大学の提携校のコースに入ることが出来ます。また、EAP2に進むことが出来、これにパスすると正規学生としてカンタベリー大学の授業を受けることが出来るみたいです。しかし、専攻したい学科の必要とされる条件(高校での必修科目)を満たしていたらの話みたいなので、EAP1のあと、カンタベリー大学の大学編入プログラム(UTP)に入るのが安全でしょう。

Christchurch College of English Ltd
Web:http://www.ccel.co.nz/english-for-academic-purposes.php

CCEL・クライストチャーチ校のロゴです
名称CCEL Christchurch(CCEL・クライストチャーチ校)
国・都市ニュージーランド / クライストチャーチ
学校形態語学学校
住所Solway Ave, Ilam, Christchurch 8444 ニュージーランド
電話番号+64 3-343 3790
公式サイトhttp://www.ccel.co.nz/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/11453/

2.大学編入プログラムで必要科目をパスする。

books

カンタベリー大学と同じ敷地内にある提携校「UC International College(UCIC)」に入学し、カンタベリー大学の大学編入プログラム(UTP)を受講します。英語のMEAPコース(Mixed English Academic Programme。留学生など、英語力が足りないひと向けのプログラム)と、平行して専攻したい学科の授業を受けていきます。これがあるので、高校で勉強していなかった科目も習得することが出来ます。

UC International College
Web:https://www.ucic.ac.nz/

UC・インターナショナル・カレッジのロゴです
名称UC International College(UC・インターナショナル・カレッジ)
国・都市ニュージーランド / クライストチャーチ
学校形態語学学校
住所UCIC, University of Canterbury, 20 Kirkwood Avenue, Ilam Canterbury, New Zealand 8140
電話番号+64 3 260 4300
公式サイトhttps://www.ucic.ac.nz/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/14513/

3.正式に大学生に。

university

UCICのプログラムを卒業すると、専攻の学科でカンタベリー大学の2年生からスタートすることが出来ます。私が入学した当時には、この制度は無かったです。

University of Canterbury
Web:http://www.canterbury.ac.nz/

カンタベリー大学のロゴです
名称University of Canterbury(カンタベリー大学)
国・都市ニュージーランド / クライストチャーチ
学校形態大学大学院
住所20 Kirkwood Ave, Ilam 8041 ニュージーランド
電話番号+64 3-366 7001
公式サイトhttp://www.canterbury.ac.nz/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/6772/

スポンサーリンク

まとめ

私が入学した当時に比べて変わった点もありますが、

  • 英語のコースを受ける。
  • そして大学付属のプログラムに入る。
  • パスすると大学生になれる。

基本的に、この3ステップは変わっていないようです。ただ、個人によりプログラム内容の適応などが変わる可能性があるので、エージェントを通すか大学側に確認を取る必要はあるでしょう。

カンタベリー大学は世界でも名のある大学。私の専攻していた会計学部は世界ランクで50〜100位にあるトップクラスでした。エンジニアリング系の専攻は、そのさらに上位です。卒業して肩で風を切ることの出来る肩書きと実績です。たたき上げの道ではありますが、これだけの価値があることは保証できます。なので皆さんも一生に一度の大チャレンジをしてみませんか!?

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3021 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4239 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1148 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1678 view

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 体験談
  • 大学
  • 進学
  • University of Canterbury
  • CCEL・クライストチャーチ校
  • UC International College
  • カンタベリー大学
  • UC・インターナショナル・カレッジ
  • Christchurch College of English Ltd

この記事を書いた人

もぎちゃん
もぎちゃん

高校1年生から大学卒業まで約8年間、南島のクライストチャーチで勉強をしていました。留学はイメージしているものとは限りません。楽しいことがあれば、もちろん悩み、苦しいときもあります。そんな知って得する情報を皆さんに提供できたらと思います。大学をストレートで卒業した経験など、勉強方法、生活、環境など皆様のお役に立てることを発信していきますね!