お寿司大好きバンクーバーっ子に大人気!隠れ家的お寿司屋さん「Sushi Bar Maumi」

6274

View

Sushi Bar MaumiのFacebookページ

外国でも知名度の高い、日本の料理といえば「お寿司」。「お寿司大好き!」なんていう外国人の声もたくさん聞くようになりましたが、バンクーバーっ子のお寿司好きは、かなりのものがあります。ここでは、そんなバンクーバーで近頃話題になっている、隠れ家的存在のお寿司屋さん「Sushi Bar Maumi」についてご紹介します。

スポンサーリンク

「Sushi Bar Maumi」ってどんなお店?

スーパーのデリコーナー、テイクアウトから高級寿司レストランまで、ほんとうにお寿司を見かける機会の多いバンクーバー。激安から高級、ちょっと怪しいものまで(笑)、そのクオリティは本当にピンきりです。あまりの寿司レストランの多さに思わず「一体どこに行けば美味しいお寿司が食べられるんだろう…」と思ってしまう方もいるのでは。

Davie StreetとBute Streetの交差点を海の方に1ブロック降りたところにある「Sushi Bar Maumi」は、日本で寿司屋を営んでいたオーナーMaumiさんが、バンクーバーに開店した「本格寿司店」です。12席しかないとっても小さいお店なのですが、オープン以来、口コミでその人気はバンクーバーっ子たちの間でどんどん広まっています。

Sushi Bar Maumiの店舗情報

住所:1226 Bute St, Vancouver, British Columbia
電話:604-609-2286
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/sushibarmaumi
営業時間:18時〜22時
予約:可

「Sushi Bar Maumi」のこだわりポイント

本日のお魚メニュー
Sushi Bar MaumiのFacebookページ

Sushi Bar Maumiでは、週に4度、東京の築地市場から新鮮な魚介類を直接買い付けています。これ以上の鮮度、クオリティの魚は、バンクーバーでは他でもほとんど見ることはできません!そんな新鮮なお魚を、オーナーのMaumiさんの手で一つ一つ丁寧に握られています。

新入荷のお魚&おすすめのメニューは、店内の黒板とメニューと一緒に出てくる紙に書かれているので、しっかり確認しましょう。

一つ一つのプレゼンテーションも、本当に「日本のお寿司」そのもの。やっぱり、この丁寧さは日本人の寿司職人の方にしかできない技だなぁ、と改めて感じさせられます。

スポンサーリンク

少人数でも予約がオススメ

Sushi Bar Maumiは、電話でのディナーの予約を受け付けています。時間は18時または19時半のいずれかになります。先ほど述べたように、全12席の小さなお店ですから、2〜3名などの少人数でもしっかり予約してから行くのがおすすめです。

お店があるウェストエンドのDavie Streetは、1本裏道に入るとアパートやマンションなどが多く立ち並ぶエリア。そんな土地柄からか、私と友人が食事している間も、テイクアウトしていくお客さんがたくさんいました。

気になるお料理は?

おまかせ握りのお寿司

私と友人は、おまかせ握り(8貫20ドル、10貫25ドル)を注文しました。この日は、全体的には白身の魚が多かったのですが、どれもしっかりとした味のあるお魚で、一貫一貫、口に運ぶたびに思わず「美味しい…」と目を閉じてしまうほどでした。

私はウニが苦手なのですが、おまかせ握り注文時にお店の方に伝えるのを忘れてしまったので、そのままウニが出てきてしまいました(笑)。苦手なネタがある方は、事前に相談してみるといいと思います。ただ、友人曰くこのウニが「本当に絶品!」だったとのこと。

鱚の天ぷら

お寿司以外には、鱚の天ぷら、お味噌汁、揚げ出し豆腐も注文。鱚(キス)とお野菜の天ぷらは本当にサックサクで、これまた絶品!揚げ出し豆腐はボリュームたっぷりでした。

まとめ

お寿司屋さん激戦区のバンクーバーでローカルの人気を集めつつある隠れ家的なお寿司屋さん「Sushi Bar Maumi」。その味は、そこらにまかり通った「SUSHI」とは一味も二味も違った、まさに本物の日本のお寿司です。バンクーバーで美味しいお寿司が食べたくなったら、ぜひぜひお試しください。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。