最初から4年制に入学した方が卒業率が高い?アメリカの大学への進学方法

2873

View

海外の大学に進学したい!と考えている学生の数は、日本国内でもだいぶ増えてきているのではないでしょうか?ですが、海外の大学へ進学する際、いくつかの方法があるということはご存知でしょうか?また、海外では日本人が想像する大学の選び方とちょっと違うようです。そこで今回は、海外の大学、特にアメリカに進学したい方へいくつかポイントをお届けします。

スポンサーリンク

アメリカでは州立よりも私立大学

日本では、私立大学よりも東京大学を始めとする国立大学を希望するご家庭が多いかと思います。しかし、アメリカでは州立大学よりも私立大学の方が人気なんです。

アメリカでは、資金力の豊富な私立大学がこぞって優秀な教授陣を囲いこんでいるため、州立大学よりも高度な教育が受けられるという点で人気が高いようです。

また、州立大学はマンモス大学のため、学生一人ひとりにサービスがなかなか行き届かないのも事実。少人数で教授陣とも距離が近い!というのが、アメリカで私立大学が人気である、もう一つの理由になっているようです。

大学の卒業率から考える進学方法

「日本よりも海外の大学は卒業が難しい」と聞いたことはありませんか?では、実際にどれくらいの割合で卒業できているのでしょうか?

卒業の割合をご紹介するために、先にアメリカの一般的な進学方法をご紹介します。①日本での成績をもとに2年制の短期大学に入学してから4年制大学に編入、②最初から4年制大学に進学、この2つの方法があります。

入学してから4年間で大学を卒業できた学生の割合は、①の短大から編入のパターンで約30%、②の最初から4年制へ進学するパターンで約50%です。4年間で大学を卒業する割合がこんなにも少ないのです。

もし、あなたが真剣にアメリカの大学を卒業したいのであれば、初めから4年制大学に進学する方が可能性が高いと言えます。

スポンサーリンク

そうは言っても成績が…こんな時どうすれば

最初から4年制大学を狙う方がいい!ですが、そこには「成績」という壁が立ちはだかります。当然ながら、短期大学の方が4年制大学に比べてGPAのスコアが低くても大丈夫。まずは海外に…と妥協してしまうことも可能です。

ですが、先ほどお伝えした通り、卒業率を考えると本当にこれでいいのかなぁって思うはずですよね。そこで、そんな方には「大学進学準備コース」にチャレンジすることをオススメします。

例えば、海外留学のEFでは海外大学への進学希望者向けに「大学準備コース」といった留学プログラムが設けられ、大学を卒業するためのコーチング(例えば、エッセイの書き方やディベート、リサーチの方法など)や進学に必要な英語力を鍛えることができます。

またEFの場合、プログラム基準をクリアすれば150以上の提携大学へ進学できるようになっています!もちろん、提携大学だけじゃなく、アイビーリーグなどのトップクラスの大学に挑戦している学生たちもいますよ。

きちんと情報収集を徹底しよう!

上記に挙げた通り、アメリカを含む海外の大学進学といっても色々な方法があります。また、きちんと卒業することを考えると大学進学準備コースといった留学プログラムの活用も必要になってくるかもしれません。

学生生活に悔いを残さないためにも、しっかりと情報収集をしていきましょう!

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

海外留学のEF
海外留学のEF

海外留学のEF日本事務局です♪皆さんEFはご存知ですか?EFは世界16カ国、40都市で語学学校・学生寮を運営している私立教育機関です。留学や海外生活に役立つ情報を発信していきますので、楽しみにしてくださいね。

http://www.efjapan.co.jp/