留学先で友達を作る方法 オーストラリア留学で実際にやっている3つの工夫と注意点

3477

View

Anglo European School of English

初めての留学で渡航前に「ちゃんと友達できるかな」と不安になったことを覚えています。今回は僕が友達作りのために実際にやっている工夫と注意点について紹介します。ぜひ参考にしてたくさん友達を作ってください!

スポンサーリンク

いざ海外に出ることを想像した時に「ちゃんと友達はできるのかな・・・」「友達が出来なかったらどうしよう・・・」と心配になることはありませんか?僕もオーストラリアに初めて留学する前は、そんな不安を抱いていました。

でも安心してください。オーストラリアには世界中からたくさんの留学生が来ています。誰しも初めて着いた時は心細いものです。ちょっとした工夫でたくさんの友達を作ることができます。

1.自分からどんどん話しかけよう

当たり前のことですが一番大切です。難しいことを話す必要はありません。学校で出会った人、クラスが一緒になった人に、自分から積極的に自己紹介をして話しかけてください。

自己紹介もかんたんで大丈夫です。名前、出身国、趣味、呼んでもらいたい名前(ニックネーム)を伝えれば十分です。共通の趣味が見つかれば大成功。その趣味について深く話しましょう。例えば共通の趣味が音楽を聴くことだった場合、「どのジャンルの音楽が好きなのか」「どのバンドが好きなのか」など内容を膨らませていきます。

ニックネームを伝えるのも良い効果があります。外国人にとって、日本人の名前は発音しづらいものが多く覚えるのが大変です。覚えてもらいやすい、自分が呼んでもらいたいニックネームを事前に考えておき、伝えてみましょう。ニックネームは、本名の短縮やEnglish Name(英語の名前)でも良いです。クラスではニックネームで呼び合う機会が多いので、ぜひ考えてみてください。

どうしても自分から話しかけるのが苦手な方は、無理する必要はありません。朝に「Good morning」と挨拶する、「How was your weekend?(週末どうだった?)」と一言、二言、尋ねるだけで良いです。毎日挨拶することで、ちょっとした会話のきっかけが自然に生まれてきます。

SNS(Facebookなどのソーシャルネットワーキングサービス)を活用しても良いです。今の時代、大体の人が何かしらのSNSを利用しています。アカウントを教えてもらいオンライン上で交流をしてみてください。

2.学校のアクティビティに参加!放課後や週末に友達と出かけよう

語学学校では、放課後や週末に学校主催のアクティビティがあります。卓球やサッカーなどのスポーツ、ボーリングなどの娯楽、みんなで美術館に行く、クリスマスやハロウィンの時期はパーティーがあります。アクティビティには、他の留学生もたくさん参加します。友達を作るチャンスです!

オーストラリアでは、公園内や海岸沿いにBBQ施設があります。使用料金は不要で食材を持参すれば誰でも利用できます。生徒がBBQパーティーを主催することも多いです。日頃関わる機会がない人たちと交流できます。

自分がパーティの主催者になるのも良いです。僕も一度だけ主催した経験があります。多くの参加者を集めるために手伝って欲しいと友達にお願いしたところ、合計で30人以上が集まりました。初対面同士でも解散する頃にはみんな仲良しになっていました。

3. 何度も訪れて顔を覚えてもらおう

これは学校での友達の作り方ではありません。お店で使う工夫です。

オーストラリアのお店で少し高価な買い物をしたい時、商品を購入する前に何度か店を訪れて店員さんに顔を覚えてもらいます。「何かお探しですか」と声をかけてくれた時に、少し話をします。

何回か通うと店員さんが覚えてくれて「やあ、元気にしてる?」とフレンドリーに話かけてくれます。仲良くなれると「何か困ったことがあったら、いつでも僕に言ってね!」と言ってくれたり、店の前を通っただけで手を振ってくれます。こっそり値引きをしてくれることもあります。

実際に僕はある大手の製品販売店で仲良くなった店員さんが何人かいます。今でも連絡を取り合っています。店を訪れて色々と話して帰ったり、時々ジョークを言い合いながら楽しく会話をしています。

※全ての店が当てはまる訳ではありません。

スポンサーリンク

注意点:ずっと携帯電話ばかりを気にしない

ここからは注意点です。

朝の授業開始を待っている時、休み時間、昼食時間などずっと携帯を見ていると人は集まってきません。自分で話しかけづらい環境を作っています。友達を作りたいのであれば、相手にとっても話しかけやすい雰囲気を作るように意識しましょう。

注意点:日本人と日本語でずっと話をしない

これも悪い印象を与えかねません。英語以外の言葉で話をしてしまうと、周りの人は何を話しているのか全く理解できません。当然、周りからすると話しかけづらい雰囲気になります。更に英語の上達にも関わってくるので注意です。

まとめ

友達を作る方法と注意点について説明しましたが、いかがでしたか?
自分から積極的に行動することで友達を作るチャンスが生まれます。たくさん友達を作って、充実した留学生活を送りましょう!

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 2817 view
  • オーストラリアで病気や怪我をしたら?オーストラリアの病院の使い方

    オーストラリアでは日本と違い、安価に気軽に病院には行けません。ワーキングホリデーや留学の際に海外旅行保険には加入していますか?人はいつどこで体に不調を感じるか予測できません。ましてや気候も文化も空気も異なる海外です。体調不調が起きて当然かもしれません。今回は、オーストラリアでの病院の使い方についてご紹介します。

    ちび 5878 view
  • 日本人とはここが違う!?アメリカ人のプレゼンでスゴイと思った特徴3選

    皆さんは会社や学校の授業などでプレゼンテーションを行った経験はありますでしょうか?筆者も日本に住んでいた頃、会社でよくプレゼンをしていましたが、正直な所あまり得意ではありませんでした・・・。そこで、筆者が今までに見たアメリカ人のプレゼンの中で「これはスゴイ!」と思ったことを3つ挙げてみたいと思います。

    Makani 3093 view
  • 目指せ名門大学編入!アメリカのコミカレで好成績を取る4つのコツ

    アメリカのコミュニティカレッジは四年制の大学に比べて学費が格段に安く、有名大学への入学を目指している日本人留学生にとても人気です。今回は筆者が実践していたコミカレでいい成績をキープする4つのコツを紹介したいと思います。

    アシュリー 4907 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Shun
Shun

はじめまして、Shunと申します。高校1年終了後、日本を離れ海外への道へ進みました。オーストラリア在住です。少しでも海外に出る上で皆さんの役に立てることができれば幸いです。宜しくお願いします。

http://www.sekaitojapan.com/