世界に広まった日本発信の「コスプレ」と海外でも通じる日本語あれこれ

3011

View

taymtaym

海外でも意外と日本語のままで通じてしまう、日本発祥の言葉があります。「どう説明していいものか?」と悩む必要のない、海外で通用する日本語が数々あるのです。今や世界で認知されている「コスプレ」文化と、海外でもそのまま使える日本語をご紹介します。

スポンサーリンク

日本の食文化が発祥の言葉

  • 寿司 ⇒ sushi
  • 天ぷら ⇒ tenpura
  • すき焼き ⇒ sukiyaki
  • 大根 ⇒ daikon
  • 豆腐 ⇒ tofu
  • 味噌 ⇒ miso
  • 弁当 ⇒ bento
  • ラーメン ⇒ ramen
  • 照り焼き ⇒ teriyaki
  • わさび ⇒ wasabi
  • 昆布 ⇒ konbu
  • 出汁 ⇒ dashi
  • 日本酒 ⇒ sake

日本のラーメンは美味しいですよね。私は博多出身なので、よく豚骨ラーメンが恋しくなります。ラーメン大好き人口は世界中でどんどん増加してます。世界中のどこでもラーメンが食べられる日が来るのも遠くはないかもしれません。

「bento(弁当)」も今や、世界中に広まりつつあります。アメリカやフランスでも注目されています。フランスの北マレ地区には、「Neo Bento」という弁当屋さんもオープンしたそうです。

学校での子供のランチタイムは、エナジーバーやバナナ、サンドイッチなど栄養のバランスがとれた昼食でなかったため、栄養バランスのとれたバラエティに富んだ内容の弁当は海外でも人気を呼んでいるようです。

日本の文化や芸術が発祥の言葉

  • カラオケ ⇒ karaoke
  • 忍者 ⇒ ninjya
  • 富士山 ⇒ fujiyama
  • コスプレ ⇒ cosplay
  • 盆栽 ⇒ bonsai
  • 生け花 ⇒ ikebana
  • 和歌 ⇒ waka
  • 俳句 ⇒ haiku
  • 浮世絵 ⇒ ukiyo-e
  • 折り紙 ⇒ origami
  • 漫画 ⇒ manga
  • おたく ⇒ otaku

浮世絵は西洋絵画にも影響を与えており、世界的に有名です。海外の画家(ゴッホ、モネ、ロートレック、マネ、ゴーギャン)等に多大なる影響を与えてます。盆栽も日本人が認識している以上に海外では人気なのです。イタリアでは年商3億円の盆栽卸業者がいるというから驚きです。

コスプレは、ここフィリピンでも大人気です。セブでは、コスプレのイベントがよく行われています。日本でも7月25日~8月2日まで名古屋で「世界コスプレサミット2015」が開催され、世界中(26ヶ国)からコスプレイヤーが集結したみたいです。

スポンサーリンク

フィリピン出身のコスプレアイドルのアローディア

Alodia Gosiengfiao(アローディア・ゴセンフィアオ)は、フィリピン・マニラ生まれのコスプレイヤーで、フィギュア&ドールコレクター、モデル、アーティストでもあります。Facebookでは世界各国から460万人越えの「いいね!」を獲得してます。

Alodia Gosiengfiao
Vernon Chan

世界各地で行われるコスプレイベントに引っ張りだこの超人気コスプレイヤーです。東京ガールズコレクションなどのファッションショーに出演するなど、日本での活動にも力をいれています。ますます活躍が期待されている可愛いフィリピン人です。

日本のポップカルチャーを世界に発信するサイト「Culture Japan」でも紹介されています。
Culture Japan / Alodia Gosiengfiao

まとめ

海外でも日本の良き文化が広まりつつあります。今ではヘルシーな日本食は海外でブームです。我々日本人にとっても、世界各国の地で日本食が食べれるようになりました。日本には世界に誇れる文化がたくさんあるのです。

日本人としての誇りを持って、プライドを持って、海外で活躍して下さい。世界に誇れる文化をいっぱい持った誇り高い日本人の一人なのですから。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 海外の幼児教育に興味ある人必見!オーストラリアでチャイルドケアボランティア

    子どもが大好きな人、海外の幼児教育に興味がある人にまさにピッタリのプログラムが「英語+チャイルドケアボランティア」です。今回は「英語+チャイルドケアボランティア」プログラムについて紹介します。

    運営チーム 2782 view
  • アメリカで銀行口座の開設方法!お勧めの銀行も紹介

    アメリカで留学生活をしていると、意外と身近で利用する機会が多い銀行!今回はアメリカで銀行の口座開設方法とオススメの銀行を紹介します!

    Yusuke 20962 view
  • なぜ、MBA?〜私がMBA留学を決意した3つの理由〜

    筆者は社会人の女性で、30歳を目前に、働きながらニューヨークでの留学を実現し、2015年5月にニューヨーク市立大学バルーク・カレッジでMBA(経営学修士)を取得しました。留学する理由、MBAを取得する理由は人それぞれですが、迷っている方の参考になればと思い、私がMBA留学を決意した動機やきっかけについてご紹介します。

    Sattyshamrock 5204 view
  • 科学・技術分野への大学院留学をサポートする団体「カガクシャ・ネット」とは?

    インターネット上に留学に関する情報が殆どない2000年から科学・技術分野の大学院留学に特化した情報発信及びネットワーク構築のサポートを目的として活動を続けるボランティア団体「カガクシャ・ネット」。今回は代表の武田さんにインタビューを行いました。

    運営チーム 3350 view
  • 「I'm fine」にはもううんざり?会話が弾む「How are you?」攻略法

    英語を勉強し始めて一番に習う、あまりにも有名な英語の挨拶、「How are you?」。もっとも無難な回答として、「I'm fine」が浸透していますよね。でも実際に留学中に出会う人たちみんなに「I'm fine」と答えるのは、なんか面白くない…そんなあなたに、実際に海外の人たちが使っている「How are you?」の返答集をご紹介します。

    きりん 5494 view

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • コラム
  • 日本語
  • 文化
  • 世界コスプレサミット
  • 芸術
  • Alodia Gosiengfiao
  • コスプレ
  • 食文化
  • アローディア・ゴセンフィアオ

この記事を書いた人

ケン
ケン

日本の大学を卒業後に、フランス、イギリス、アメリカを渡り歩き、気がつけばセブで生活をしている50代半ばのオッサンです。酒とビリヤードを愛する男。セブでは、日本人よりフィリピン人のほうが友達は多いです。ちょい悪オヤジになりきれない、か弱いオヤジ。今までの経験を通して、私らしい情報発信ができれば幸いです。