イタリア人が驚く日本のクリスマス習慣7選

680

View

スポンサーリンク

ここでは日本でクリスマスを過ごしたイタリア人たちから、びっくりしたことを7つ、キーワード別にご紹介。楽しみながらご覧ください。

スポンサーリンク

クリスマスの日は休みじゃないの?

イタリアはクリスマス当日は祝日。さらにその翌日も祝日です。ゆえに、クリスマス当日が平日である日本に驚くイタリア人がちらほら。といっても、たいていは「日本人=仏教徒」と思っているため、休みでないことよりも、むしろ連休でないにも関わらずクリスマスを予想外に盛大にお祝いしている点にびっくりされます。

実家に帰らないの?

イタリア人たちにとってのクリスマスは日本人にとってのお正月のようなもの。ほとんどの人がそれぞれの実家に帰省して家族と過ごします。ということで、クリスマスに実家に帰る人のあまりの少なさにイタリア人たちはびっくり。さらには電話すらかけないことに、驚きを隠せません。

まるでバレンタインデー?超絶ロマンチック

イタリアではクリスマスはいわば「お正月」。皆で集まって、25日のお昼に豪華なご飯を食べるのがお決まりです。ゆえに、カップルのデートを盛り上げるようなクリスマスディナーや街のイルミネーション、テレビCMなどのすべてにイタリア人たちはびっくり。「まるでバレンタインデーのよう!」と目を丸くします。

サンタ「さん」とは?

イタリアではサンタクロースは「Babbo natale(バッボ ナターレ)」と言います。しかしほとんどの人たちは、それが一般に「サンタクロース」と言われていることは知っています。しかし、サンタ「さん」については、たいていが初耳。「さん」という日本語を知らないイタリア人たちは「クロース=さん?」と聞いてきます。

スポンサーリンク

プレゼントはリビングではなく枕元?

サンタクロースはイタリアではリビングに飾られているクリスマスツリーの下にプレゼントを置いていきます。ゆえに、枕元にプレゼントが置かれていることの多い日本にびっくり。「サンタさん、起こしちゃわないのかなぁ」なんて、ハラハラドキドキされます。

軽食の用意はしなくていいの?

イタリアではサンタクロースをもてなすために、前日のお部屋のお掃除と軽食の準備は欠かせません。軽食はビスケットと牛乳、トナカイ用のニンジンがお約束です。ビスケットはわざわざ手作りする家も少なくないため、日本との違いに驚かれます。

食べ物が独特!

国ごとに違った食文化がある点はイタリア人たちも十分に理解しています。しかし、日本のクリスマスにおける「クリスマスケーキ」と「ケンタッキー」にはほとんどの人がびっくり。クリスマスケーキについては「サンタクロースの誕生日ケーキを皆で食べるの?」、ケンタッキーについては「感謝祭?謝肉祭?」と、そのルーツを知りたがります。

最後に

筆者がイタリアのクリスマスパーティにお呼ばれした時も、さまざまなカルチャーショックがありました。異文化を知ることも留学の醍醐味。ぜひ違いを楽しんでみてください。

イタリアに住みたいなら

イタリアに住んでみたいと思ったことはないですか?
イタリアで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。

  • 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法
  • 日本でどんなスキルを身につけるべきか
  • 英語の履歴書の書き方、面接対策

など、海外転職のハウツーについて徹底解説した記事を参考にして『イタリア生活』の可能性をぜひ確認してみてください!

イタリアで働く方法を知る

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談