クリスマスは2連休!イタリアの祝日「聖ステファノの日(Giorno di Santo Stefano)」とは?

1633

View

スポンサーリンク

ここではイタリアの祝日「聖ステファノの日」について、現地より詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

「聖ステファノの日(Giorno di Santo Stefano)」とは?

聖ステファノの日はイタリア語で「Giorno di Santo Stefano(ジョルノ ディ サント ステーファノ)」といいます。この日は、キリストへの信仰のために命をささげた殉教者のサン ステファーノを祝う祝日。キリストに命をささげた彼の生きざまを通じて「犠牲の伴わない愛はない」ということを学びます。

聖ステファノの日は国によって名前や日にちが異なる?

聖ステファノの日は、カトリックや、一部のプロテスタントでは12月26日が祝日。一方チェコ等の東欧を中心に広がる、東方正教会では12月27日が祝日となります。

名前は「聖ステファノ」をそれぞれの国の言葉に訳して呼ばれる場合もありますが、英語圏では「Boxing day(ボクシング デー)」という全く別の名前となります。しかも、別名は「Shopping holiday(ショッピングの日)」。イタリアとはまた違った1日を過ごします。

聖ステファノの日の過ごし方とは?

学校・会社・お店は基本的にはすべてお休み

英語圏の文化を踏襲して、最近では店を開けるところもありますが、基本的には12月26日は街じゅうがお休み。イタリアではセール開始日が決まっている(だいたい1月の1~2週め)こともあり、基本的には家でのんびり過ごす人が多いです。

お菓子を食べてリラックス

「クリスマスのお疲れ休み」だなんて言われることもある聖ステファノの日。連休を利用して、実家や地元に帰省するイタリア人も多いため、家族や気の置けない仲間たちと、クリスマスのスイーツを食べながらのんびり過ごすのも定番です。

スポンサーリンク

映画を楽しむ!

ある新聞の調査によると12月26日の過ごし方で最も多いのが映画鑑賞なんだとか。家族や友人と連れだって出かけ、映画を楽しみます。最近では美術館や博物館で臨時営業するところも増えてきたため、それらを楽しむ人も増えてきました。

最後に

聖ステファノの日はイベントや食事で「盛大に祝おう!」というよりは、どちらかというと、「リラックスの一日」という雰囲気。ですが、日本では味わえない独特の風情があります。ぜひ現地にお越しの際は、スペシャルな一日をお過ごしください。

イタリアに住みたいなら

イタリアに住んでみたいと思ったことはないですか?
イタリアで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。

  • 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法
  • 日本でどんなスキルを身につけるべきか
  • 英語の履歴書の書き方、面接対策

など、海外転職のハウツーについて徹底解説した記事を参考にして『イタリア生活』の可能性をぜひ確認してみてください!

イタリアで働く方法を知る

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談