ゴルフボールはイタリア語で何という?ゴルフにまつわるイタリア語20選

1662

View

スポンサーリンク

ここではゴルフにまつわるイタリア語の基本的な用語の数々をご紹介します。

スポンサーリンク

ゴルフ

ゴルフはイタリア語で「Golf(ゴルフッ)」といいます。(綴りは英語と同じ)

コース

コースはイタリア語で「Campo(カンポ)」といいます。広い土地を表すイタリア語に由来する言葉です。

ルール

ルールはイタリア語で「Regole(レーゴレ)」といいます。

ハンディキャップ(ハンデ)

ハンデはイタリア語で「Handicap(ハンディカップ)」といいます。

ショット

ショット(ボールを打つこと)はイタリア語で「Colpo(コルポ)」といいます。直訳は「打撃」という意味のイタリア語です。

パー

パー(ボールをカップに入れるまでの基準打数)はイタリアでも「Par (パー)」といいます。

ゴルフボール

ゴルフボールはイタリア語で「Palla(パッラ)」といいます。ボールを表すイタリア語に由来する言葉です。

ゴルフバッグ(キャディバッグ)

ゴルフバッグはイタリア語で「Sacca da golf(サッカ ダ ゴルフ)」といいます。

ゴルフクラブ

ゴルフクラブはイタリア語で「Bastone(バストーネ)」といいます。棒を表すイタリア語に由来する言葉です。

ドライバー

ゴルフはイタリアでも「Driver(ドライバー)」といいます。(綴りは英語と同じ)

スポンサーリンク

パター

パターはイタリア語で「Putter(プッター)」といいます。

アイアン

アイアンはイタリア語で「Ferro(フェッロ)」といいます。鉄に由来するイタリア語です。

ウッド

ウッドはイタリア語で「Legno(レンニョ)」といいます。木材に由来するイタリア語です。

ティーイングラウンド

開始地点(ティー)はイタリア語で「Tee(テー)」もしくは「Piazzola di partenza(ピアッツォーラ ディ パルテンツァ)」「Partenza(パルテンツァ)」といいます。

フェアウェイ

フェアウェイ(芝生の場所)はイタリアでも「Fairway(フェアウェイ)」といいます。

グリーン

グリーン(ホールのある場所)はイタリアでも「Green(グレーン)」といいます。

水の障害物(ウォーターハザード)

コースの中にある川や池などの水の障害物はイタリア語で「Ostacolo d'acqua(オスタコラ ド ァックア)」といいます。

バンカー

バンカー(コースの中にある砂地)はイタリア語で「Bunker(ブンケル)」といいます。(綴りは英語と同じ)

OB(Out of Bounds)

OB(ボールがコースの外に出てしまうこと)はイタリア語で「Fuori Limite(フオーリ リミテ)」といいます。

ホール(カップ)

ホール(カップ)はイタリア語で「Buca(ブーカ)」といいます。直訳は「穴」という意味のイタリア語。18ホールはイタリア語で「ディチォット ブーケ( 18 buche)」といいます。

まとめ

イタリアでもゴルフをたしなむ人はいます。また駐在等でイタリアに滞在予定の方は接待や、日本人会でゴルフを楽しむ機会が多いでしょう。是非、より快適に楽しむ為にご活用ください。

英語好きにお勧めインスタ

役立つ英語フレーズを毎日紹介しています。ぜひフォローしてください。

@langpedia

イタリアに住みたいなら

イタリアに住んでみたいと思ったことはないですか?
イタリアで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。

  • 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法
  • 日本でどんなスキルを身につけるべきか
  • 英語の履歴書の書き方、面接対策

など、海外転職のハウツーについて徹底解説した記事を参考にして『イタリア生活』の可能性をぜひ確認してみてください!

イタリアで働く方法を知る

「3週間の留学」を無料プレゼント中(2020/1/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「3週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「3週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談