ザ・カナダなアドベンチャー!カヤックで行く1泊2日の無人島キャンプ

2917

View

自然溢れるカナダ・バンクーバーでは、いろいろなアクティビティを体験することができます。ここでは、私が体験した「カヤックで行く無人島キャンプ」についてレポートします。

スポンサーリンク

超ワイルド!水もシャワーもない無人島までカヤックでGO!

超ワイルド!水もシャワーもない無人島までカヤックでGO!

6月最後の週末、彼と友達を含め4人でキャンプに行ってきました。場所は、バンクーバーからバスで1時間ほどのところにある「Deep Cove」というエリア。入り江にたくさんの島々が浮かぶ、とても風光明媚な場所です。

ボートやカヤックなどでしかアクセスできない島々の中には、いくつかキャンプが許可されている場所があります。私たちが行ったのは、中でもDeep Coveから一番近いTwin Islandという島。カヤックレンタルショップから、カヤックで片道約1~2時間です。

Deep Coveまでの行き方

ダウンタウンからDeep Coveまでは、バスで簡単にアクセスすることができます。Deep Coveの街自体はもう少し先になりますが、後述するようにDeep Coveからのカヤックレンタルは割高なので、今回は少し安いカヤックを借りるために「Ellis St at Dollarton Hwy」というバス停で下車しました。

①バス211番乗車、Ellis St at Dollarton Hwy下車(乗り換えなし)
②バス210番乗車、Phibbs Exchangeでバス212に乗り換え、Ellis St at Dollarton Hwy下車

カヤックレンタルショップの紹介

]カヤックレンタルショップの紹介

Deep Coveにもレンタルショップがあるのですが、1人乗りで85ドル、2人乗りで109ドル(いずれも24時間料金)とやや割高になります。

そこで今回利用したのは、Takaya Toursというレンタルショップ。Deep Coveからほんの少し南側にあるだけで、割安な料金でカヤックをレンタルすることができます。キャンプをしない場合には、もちろん2時間~半日のレンタルも可能です。

Takaya Tours (Cates Park Kayaking Centre)の情報

料金: 1人乗り75ドル、2人乗り97ドル(いずれも24時間料金、2015年7月現在)
住所: 4141 Dollarton Hwy, North Vancouver, BC
電話: 604-985-2925
URL: http://takayatours.com/

スポンサーリンク

無人島のキャンプ場大公開!

無人島のキャンプ場大公開

キャンプ場までは、風や波の有無によって片道1~2時間程度の海の旅(?)です。入り江には山々が連なり、まさに絶景。途中、クラゲの大群やアザラシなどの野生動物に出会うことも。

Twin Islandのキャンプ場

Twin Islandのキャンプ場は、「キャンプ場」とは言っても仮設トイレが2つとテントが張れる土台が5つあるだけで、他に設備は一切ありません。かなりワイルドなキャンプ場であることには間違いないでしょう(笑)。

必要な持ち物

今回は、以下の持ち物を持って行きました。ご参考までにどうぞ。

  • 基本のキャンプセット…テント、寝袋、パッド、懐中電灯など
  • その他グッズ…バックパック用バーナー、ナイフ、箸、虫除けスプレー、トランプなど
  • ゴミ袋…寝袋など濡らしたくないものをゴミ袋に入れて、カヤックに積みました
  • 水…1人あたり2.5~3リットル
  • ご飯…おにぎり、菓子パン、カップ麺、フルーツなど
  • ウェットティッシュ…シャワーがないので、体を拭く用
  • 日焼け対策…日焼け止め、帽子、サングラス
  • 服…汚れてもいいもの、水着、タオル

※テントや寝袋がない場合は、アウトドア・キャンプ用品店MECでレンタルもできます(要予約)。

必要な持ち物

(Twin Islandに到着後、絶景を望みながらランチのおにぎり!)

まとめ

カヤックやキャンプ用品の予約や事前準備は必要になりますが、バンクーバーでは車がなくてもこんなにワイルド(!)な体験ができます。アウトドア好きな方は、ぜひカヤックで行く無人島キャンプのアドベンチャーを体験してみてはいかがでしょうか。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。