イタリアには6月にも祝日あり!「6/2イタリア共和国記念日」とは?

2049

View

スポンサーリンク

Wikimedia Commons

日本の友人と話していると、よく「6月は休みが無いよね・・・」という話になります。が、嬉しいことにイタリアにはなんと6月にも祝日があります!ここではそんなイタリアの6月2日の祝日「イタリア共和国記念日」について詳しくご紹介いたします。

スポンサーリンク

Festa della Repubblica Italiana(イタリア共和国記念日)とは?

イタリア共和国記念日はイタリア語で「Festa della Repubblica Italiana(フェスタ デッラ レプッブリカ イタリアーナ)」といいます。長いので、ニュースや会話の中で話す際は「Festa della Repubblica(フェスタ デッラ レプッブリカ/“共和国記念日”の意)」と略すことがほとんど。

Festa della Repubblicaは、イタリアの祝日の中でも珍しい、宗教に関係のない国民の休日。ゆえに、世界で唯一イタリアだけがお休みとなります。

そもそも“共和国”とはどんな国のこと?

「ローマ帝国」「サヴォイア王家」「王室御用達」など、観光ガイドで見かけるイタリア情報には「王様」の文字がたくさん!しかし、現在、イタリアには王様はいません。

イタリアは正式名称を「Repubblica Italiana(レプッブリカ イタリアーナ/イタリア共和国)」といい、王政は1946年に廃止となりました。第二次世界大戦後、国民投票によって共和制(王制でない国家)に生まれ変わり、現在に至ります。

6月2日の共和国記念日は、まさに1946年に王政を続けるかどうかを問う国民投票が行われた日。ゆえに、祝日当日は、イタリア国内の多くの場所でイタリア国旗が掲げられます。

イタリア共和国記念日の過ごし方とは?

正直なところ「何もしない」と答える人がほとんど。学生は翌週から長い夏休みが始まるため、一足お先にヴァカンスに出かけてしまう人もいます。強いて言えばローマの式典パレードが有名。空に飛行機雲で描かれる3色旗は、イタリア人でなくとも一見の価値ありです。

現在イタリアの王様はどうしているの?

イタリアの最後の王様は「ウンベルト2世(Umberto II)」という人物でした。王政が廃止された後は、ポルトガルへ亡命。彼自身は1983年にこの世を去りましたが、ポルトガル亡命後は、穏やかな余生を過ごし、たくさんの子供にも恵まれました。彼を含め旧王族たちは現在も穏やかな暮らしを送っております。

スポンサーリンク

おまけ:お茶の間のアイドル「エマヌエーレ・フィリベルト」

旧王族の中で、是非チェックして欲しいのが、異端児「エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・サヴォイア(Emanuele Filiberto di Savoia)」。ウンベルト2世の長男ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア(Vittorio Emanuele di Savoia)の一人息子。つまりウンベルト2世の孫です。

実は彼はお茶の間のアイドル。旧王族たちは2002年より、条件付きでイタリア国内に入ることを許され、彼はその中でもイタリアメディアに多数登場し、人気を博しています。

ちなみにお父さんのVittorio Emanuele di Savoiaも、かなりのお騒がせ伊達オトコ。イタリアゴシップ紙にとって、2人は欠かせない存在です。

まとめ

国民の祝日に欠かせない飛行機雲で描くイタリア三色旗は、共和国記念日以外でも、一年で数度見るチャンスがあります。専門部隊が演出する圧巻のパフォーマンス。イタリアに短~長期滞在予定の方は是非1度は見てみてください!

英語好きにお勧めインスタ

役立つ英語フレーズを毎日紹介しています。ぜひフォローしてください。

@langpedia

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • Festa della Repubblica Italiana
  • イタリア共和国記念日

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!