微妙なニュアンスを理解しよう!「たぶん」を表すイタリア語集

3429

View

スポンサーリンク

「たぶん」っていったいどのくらい「たぶん」なの?イタリア人と会話をしていて、頭を抱えてしまったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここではそんな「たぶん」にまつわるイタリア語や、それらの可能性についてご紹介します。

スポンサーリンク

Probabilmente

「Probabilmente(プロバビルメンテ)」は十中八九大丈夫な時に使うことが多い「たぶん」です。英語の「Probably」と同じルーツを持つイタリア語で、何事もなければまず問題なく大丈夫(可能性70~80%くらい)なときに使います。

例文

Probabilmente il bambino nascerà presto.
たぶん、まもなく赤ちゃんは産まれますよ。

Forse

「Forse(フォルセ)」は可能性30~70%くらいの時に使うことの多い「たぶん」です。英訳では「Maybe(五分五分)」と訳されることが多いですが、イタリア人の言うForseの範囲は、それよりもう少し広め。五分五分よりも可能性が低いこともたくさんあります。

例文

Forse è già partita.
たぶん、彼女はもう出発したんじゃないかな。

*いつまで経っても友人が来なくて「たぶん、約束を忘れてるんじゃないかな。」といった場合や、自信がなくて「たぶん、結構間違ってると思うけど、一応見てみて!」といった場合も「Forse」を使う人もいます。

スポンサーリンク

Magari

「Magari(マガーリ)」は、ほぼ望みなしのときに使うことの多い「たぶん」です。英訳では「Maybe」のほか「Perhaps」と訳されることが多いです。

例文

Magari non cominciare così.
たぶん、もうやらないんじゃないかな。(本当はやってほしいけどね)

*Forseよりも可能性が低いときに使うことが多い分「本当はそうだったら良いんだけどな」という「欲求」や「願望」などのニュアンスが強まります。

番外編

ほぼ間違いなく・もちろん・確実に

Probabilmenteよりも可能性が高く、自信を持って「たぶん」と言えるときは以下のような単語を使います。

  • Sicuramente(シクラメンテ):英語でいうSurely
  • Decisamente(デシザメンテ):英語でいうDefinitely
  • Certamente(チェルタメンテ):英語でいうCertainly

完全に・絶対に

さらに可能性が高い時は以下のような単語を使います。

  • Completamente(コンプレタメンテ):英語でいうCompletelyやEntirely
  • Assolutamente(アッソルタメンテ):英語でいうAbsolutely
  • Totalmente(トタルメンテ):英語でいうTotaly

ひょっとしたら

逆にMagariよりもさらに可能性が低い場合は以下のような単語を使います。

  • Eventualmente (エヴェントゥアルメンテ):英語でいうpossibly

まとめ

イタリア人たちから発されると(時と場合によっては)思わずブルッと身震いしてしまう「たぶん」という言葉。本記事が、予定を立てる際などの一助になれば幸いです。

英語好きにお勧めインスタ

役立つ英語フレーズを毎日紹介しています。ぜひフォローしてください。

@langpedia

イタリアに住みたいなら

イタリアに住んでみたいと思ったことはないですか?
イタリアで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。

  • 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法
  • 日本でどんなスキルを身につけるべきか
  • 英語の履歴書の書き方、面接対策

など、海外転職のハウツーについて徹底解説した記事を参考にして『イタリア生活』の可能性をぜひ確認してみてください!

イタリアで働く方法を知る

「3週間の留学」を無料プレゼント中(2020/1/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「3週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「3週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談