かぜ薬から睡眠薬まで!飲み薬のイタリア語18選

1853

View

スポンサーリンク

海外生活で市販薬を購入したいけど、とっさに薬の名前が出てこなかった。そんな経験はありませんか?ここでは、飲み薬のイタリア語名について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

風邪にまつわるもの

1.風邪薬

風邪薬はイタリア語で「Medicina per il raffreddore(メディチーナ ペル イル ラフレッドーレ)」といいます。高熱を伴うような時に服用するものは「Medicinale per influenza(メディチーナ ペル インフルエンツァ)」ともいいます。

「〜の薬」にあたるイタリア語「Medicina」は「Farmaco」に変えても通じます。

2.咳止め薬

咳止め薬はイタリア語で「Medicina per la tosse(メディチーナ ペル ラ トッセ)」といいます。トローチやシロップ、スプレーなどが主流で、日本で売られているVICS製品(のど飴、ヴェポラッブなど)はイタリアでも購入可能です。

緊急時に便利な定番の薬

3.胃薬(胃薬)

胃薬はイタリア語で「Medicina per mal di stomaco(メディチーナ ペル マール ディ ストーマコ)」といいます。「Stomaco(胃)」というイタリア語が手掛かりとなるでしょう。

なお、こちらは胃が痛いときに服用する薬のことで、胃の消化を助ける薬はイタリア語で「Digestivo(ディジェスティーヴォ)」といいます。但し、あまり一般的ではありません。

胃もたれなどの場合は、食後酒(その名も「Digestivo(ディジェスティーヴォ)」)や、パイナップルを食後に食べて治すイタリア人が多数!是非試してみてください。

4.痛み止め(鎮痛剤)

痛み止めはイタリア語で「Antidolorifico(アンティ ドロリフィコ)」といいます。日本で売っているボルタレン(Voltaren)などはイタリアにもあります。頭痛 腹痛 歯痛 生理痛などマルチに使える便利な薬です。

5.鎮静剤

鎮静剤は「Calmante(カルマンテ)」や「Sedativo(セダティーヴォ)といいます。鎮痛剤と意味 役割などは似ていますが、咳止め 睡眠薬、抗不安薬などを買うと「Calmante」「Sedativo」と書かれていることもあります。

6.解熱剤

解熱剤はイタリア語で「Antipiretico(アンティ ピレティコ)」といいます。日本と同様に、痛み止めとセットで「解熱鎮痛剤」として売られているものも多く、アスピリン(Aspirina)などはよく見かけるアイテムです。

7.頭痛薬

頭痛薬はイタリア語で「Medicina per il mal di testa(メディチーナ ペル イル マール ディ テスタ)」といいます。日本の頭痛薬のように挿絵&イブプロフェン(Ibuprofene)やアスピリン(Aspirina)といった文字がパッケージに書かれているのでわかりやすいでしょう。

8.歯痛薬

歯痛薬はイタリア語で「Medicina per il mal di denti(メディチーナ ペル イル マール ディ デンティ)」といいます。「Denti (歯)」というイタリア語が手掛かりとなるでしょう。こちらも「痛み止め」「解熱鎮痛剤」などの名前で売られている場合が多いです。

9.下痢止め薬

下痢止めはイタリア語で「Antidiarroico(アンティ ディアッロイコ)」といいます。下痢自体は「Diarrea(ディアッレア)」といいます。

10.便秘薬

便秘薬はイタリア語で「Lassativo(ラッサティーヴォ)」といいます。便秘自体は「Stitichezza(スティティケッツァ)」といいます。

11.酔い止め薬

酔い止め薬はイタリア語で「Medicina per il mal d'aria(メディチーナ ペル イル マル ダーリア)」といいます。

12.睡眠薬

睡眠薬はイタリア語で「Sonniferi(ソンニフェリ)」といいます。

スポンサーリンク

病院などに行った際に聞かれることも?その他の薬

13.ピル

ピルはイタリア語で「Pillola(ピッロラ)」「Anticoncezionale(アンティ コンツェッツィオナーレ)」といいます。

14.高血圧治療薬

高血圧治療薬はイタリア語で「Medicina per la pressione alta(メディチーナ ペル ラ プレッシオーネ アルタ)」といいます。購入する機会は無くとも服用している薬を聞かれた際に必要になるかもしれません。

15.心臓病治療薬

心臓病治療薬はイタリア語で「Medicina per il cuore(メディチーナ ペル イル クオーレ)」といいます。

16.抗不安薬・精神安定剤

抗不安薬はイタリア語で「Medicina ansiolitici(メディチーナ アンシオリティチ)」といいます。人間だけでなく、ペットと飛行機などに乗る際に処方される場合もあります。

17.抗生物質

抗生物質はイタリア語で「Antibiotico(アンティ ビオティコ)」といいます。市販で買うよりもお医者さんに行ったときにもらうことの方が多い薬です。

18.漢方薬

漢方薬はイタリア語で「Erbe medicinali cinesi(エルベ メディチナーリ チネージ)」といいます。イタリアではほとんど見かけませんが、稀にErboristeria (エルボリステリア)というハーブなどを売る専門薬局で見かけます。

まとめ

以上、飲み薬のイタリア語をご紹介しました。イタリアで売られている薬は日本で売られているものと同名でも配合が違う場合も多いので積極的には購入をおすすめしません。しかし急な時にはそんなことを言っていられない場合も。必要に応じて便利にご活用ください。

THE RYUGAKUでは、その他にもイタリアに関する記事を多数公開しています。合わせてチェックしてみてください。

英語好きにお勧めインスタ

役立つ英語フレーズを毎日紹介しています。ぜひフォローしてください。

@langpedia

イタリアに住みたいなら

イタリアに住んでみたいと思ったことはないですか?
イタリアで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。

  • 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法
  • 日本でどんなスキルを身につけるべきか
  • 英語の履歴書の書き方、面接対策

など、海外転職のハウツーについて徹底解説した記事を参考にして『イタリア生活』の可能性をぜひ確認してみてください!

イタリアで働く方法を知る

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!