ギターはイタリア語で何という?楽器に関するイタリア語21選

838

View

スポンサーリンク

ここではイタリアの街中でよく見る楽器を中心に、楽器の名前に関するイタリア語をご紹介します。

スポンサーリンク

楽器

楽器自体はイタリア語で「Strumento musicale(ストゥルメント ムジカーレ)」といいます。

ピアノ

ピアノはイタリア語で「Piano(ピアノ)」もしくは「Pianoforte(ピアノフォルテ)」といいます。イタリアの有名ピアノメーカーといえばなんといっても「FAZIOLI(ファツィオリ)」。日本ではなかなか触れることすらできない超高級ピアノの代名詞ですが、イタリアでは空港・駅などで誰でも弾けるように置いてあることもあります。

その音色を奏でてみたい!という方は、是非鍵盤に向かってみてはいかがでしょうか。

ヴァイオリン

インスタグラムアイコン(ローディング中です)

#cremona

Lazzaro Benito Giglioさん(@lazzaro_giglio_)がシェアした投稿 - 2018年 8月月10日午後6時38分PDT

ヴァイオリンはイタリア語で「Violino(ヴィオリーノ)」といいます。ジブリ映画「耳をすませば」にも登場するヴァイオリンの聖地「Cremona(クレモナ)」は、日本人にも人気の観光都市!ヴァイオリン博物館などもありますので、興味のある方は是非足を運んでみてください。

チェロ

インスタグラムアイコン(ローディング中です)

#saintpetersburg #violoncello #city #window

Adel Zinurovaさん(@adelzinurova)がシェアした投稿 - 2018年 8月月12日午後10時11分PDT

チェロはイタリア語で「Violoncello(ヴィオロンチェッロ)」といいます。

ギター

ギターはイタリア語で「Chitarra(キタッラ)」といいます。クラシックギターは「Chitarra classica(キタッラ クラーシカ)」、エレキギターは「Chitarra elettrica(キタッラ エレットリカ)」といいます。

ウクレレ

ウクレレはイタリアでも「Ukulele(ウクレレ)」といいます。夏の夜に外で食事をしていると、流しのギター弾きならぬ、ウクレレ弾きがやってくることも!ハワイムード満点ですが、意外にもイタリア滞在中も見かけることの多い楽器のひとつです。

ドラム・太鼓

ドラム・太鼓はイタリア語で「Tamburo(タンブーロ)」といいます。

タンバリン

タンバリンはイタリア語で「Tamburello(タンブレッロ)」といいます。実はイタリアには2種類のタンバリンが存在します。1つは楽器。もう一つはなんとスポーツ!まさにタンバリンのようなものを持ってボールを打ち合うスポーツで、音・スピード・全てにおいて迫力満点です。

YouTube

日本でも「タム競技」という名前で大会が行われていますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

カスタネット

カスタネットはイタリア語で「Castagnette(カスタネッテ)」といいます。

シンバル

シンバルはイタリア語で「Cimbali(チンバリ)」といいます。

トライアングル

トライアングルはイタリア語で「Triangolo(トリアンゴロ)」といいます。「三角形」を意味するイタリア語でもあります。

スポンサーリンク

ハンドベル

ハンドベルはイタリア語で「Campanelle(カンパネッレ)」といいます。「ベル・鐘」を表すイタリア語でもあります。

木琴(シロフォン)

インスタグラムアイコン(ローディング中です)

#Xilofono etnico €50

Mercatino Store di Rosa'さん(@mercatino_store_rosa)がシェアした投稿 - 2018年 7月月25日午前9時56分PDT

木琴(シロフォン)はイタリア語で「Xilofono(クシロフォノ)」もしくは「Silofono(シロフォノ)」といいます。

鉄琴

鉄琴はイタリア語で「Metallofono(メタルローッフォノ)」といいます。

ホルン

ホルンはイタリア語で「Corno(コルノ)」といいます。一般的には「角」を意味するイタリア語です。

トランペット

インスタグラムアイコン(ローディング中です)

La mia nuova tromba.... my new trumpet... #trumpet #tromba #strumentimusicali #yamahatrumpet #ytr2330

Andreaさん(@andm67)がシェアした投稿 - 2018年 8月月20日午後2時14分PDT

トランペットはイタリア語で「Tromba(トロンバ)」といいます。

フルート

インスタグラムアイコン(ローディング中です)

Saturday's only mean more time to practice lol #flute #flauto #piccolo #haynesflute #practice #love #music

RanzeyRaven Acobさん(@ranzeybell_yaeyo)がシェアした投稿 - 2018年 8月月11日午後7時49分PDT

フルートはイタリア語で「Flauto(フラウト)」といいます。横笛は「Flauto traverso(フラウト・トラヴェルソ)」リコーダーは「Flauto dolce(フラウト・ドルチェ)」といいます。

オカリナ

オカリナはイタリア語で「Ocarina(オカリーナ)」といいます。実はイタリアが発祥とされるオカリナ。ガチョウ(Oca)の子供を意味するイタリア語で、発祥の地「Budrio(ブドリオ)ではオカリナフェスティバルも開催されます。

ハープ

インスタグラムアイコン(ローディング中です)

Very beautiful concert of Masumi Nagasawa and Manja Smits ! #harp #harpe #concert

Lorelei Cokerさん(@lorelei.coker)がシェアした投稿 - 2018年 8月月12日午後12時55分PDT

ハープはイタリア語で「Alpa(アルパ)」といいます。ローマ神話などでもたくさん登場する楽器(単語)のひとつです。

アコーディオン

アコーディオンはイタリア語で「Fisarmonica(フィザルモニカ)」といいます。街中・レストラン…アコーディオンはイタリアにいるとあらゆるところでみかけます。マルケ州のカステルフィダルド(Castelfidardo)はアコーディオンの聖地として有名!興味がある方は是非足を運んでみてください。

パイプオルガン

パイプオルガンはイタリア語で「Organo a canne(オルガノ ア カンネ)」といいます。パイプオルガンも教会でおなじみのイタリアらしい楽器のひとつ。是非現地滞在中はたくさんその音色に触れてみてください。

まとめ

イタリアでは日本人ほど幼児期から習いごととしてピアノやヴァイオリンなどの楽器を始める人はあまり多くありません。しかし、年齢問わず「やりたい!」と思ったときに始めるため、上達するのがとっても早いです!皆さまも滞在中気になる楽器があれば、是非始めてみてはいかがでしょうか?

THE RYUGAKUでは、その他にもイタリア語に関する記事をアップしています。合わせてチェックしてみて下さい。

イタリアに住みたいなら

イタリアに住んでみたいと思ったことはないですか?
イタリアで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。

  • 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法
  • 日本でどんなスキルを身につけるべきか
  • 英語の履歴書の書き方、面接対策

など、海外転職のハウツーについて徹底解説した記事を参考にして『イタリア生活』の可能性をぜひ確認してみてください!

イタリアで働く方法を知る

「1週間の留学」を無料プレゼント中(12/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談