まさかの日本より少ない?!カナダの国民の祝日事情

4129

View

「欧米の国って祝日が多くて、休みばっかりなんでしょ?」と思っているあなた。カナダは、なんと日本よりも祝日が少ないんです!ここでは、そんなカナダの国民の祝日について、日数や内容などをご紹介します。

スポンサーリンク

ゴールデンウイークもお正月もなし!

カナダには、当然ながらゴールデンウイークやお正月、お盆休みといった日本独特の連休はありません。カナダで一番の「ホリデー」であるクリスマスの前後には、自分で有給を取ったり、あくまで「会社のご好意で」休みになったりすることもありますが、それでも日本と比べると、「カナダは休みが少ないなぁ…」と常々感じます。

法律による規定では、日本の国民の祝日は年間16日で世界3位。カナダは州によって祝日が若干異なりますが、バンクーバーのあるBC(ブリティッシュコロンビア)州ではなんと10日しかないんです。

スポンサーリンク

カナダ(BC州)の祝日

そんなBC州の貴重な10日間の祝日をご紹介します。

1月1日

1月1日は New Year's Day(元日)でカナダも祝日です。

2月第2月曜日

2月の第2月曜日は BC Family Day(家族の日)という祝日です。

3月下旬~4月上旬のイースターの前の金曜日

この時期のイースターの前の金曜日は Good Friday(聖金曜日)という祝日です。イエスキリストの受難と死をしのぶキリスト教の祭日です。

翌月曜日は「イースター・マンデー」と呼ばれ、政府の各機関はお休みになります。(それに関連して休みになる学校や企業もあります)

5月25日の直前の月曜日

5月25日の直前の月曜日は Victoria Day(ビクトリア女王誕生記念日)という祝日です。カナダがイギリスから独立したときにイギリス女王だった、ビクトリア女王の誕生日を祝う祝日です。

7月1日

毎年7月1日は、1867年7月1日の建国を祝う Canada Day(建国記念日)です。カナダ各地で花火やパレードなどが行われ、お祝いムードでいっぱいになります。

8月第1月曜日

8月第1月曜日は British Columbia Day(BC州の日)という祝日です。

9月第1月曜日

9月第1月曜日は Labour Day(労働者の日)という祝日です。

10月第2月曜日

10月第2月曜日は Thanksgiving(感謝祭)という祝日です。

11月11日

11月11日は Remembrance Day(戦没者追悼記念日)という祝日です。

12月25日

12月25日は言わずと知れたキリスト教の祝日・Christmas Day(クリスマス)です。翌26日は「ボクシング・デー(Boxing Day)」と呼ばれ、政府の各機関、多くの企業はお休みになります。デパートやショッピングモールでは大きなセールが始まります。

まとめ

私の住んでいるBC(ブリティッシュコロンビア)州では、カナダの多くの州で認められている「Coffee Break」(ランチ以外に15分程度取ることができる休憩)もなく、働き始めた最初の1年間は会社の有給も付きません。(付けるところもあると思いますが、会社に義務はありません)

海外のオフィスにありがちな「ゆる~い」イメージでいると、BC州では意外にガツガツ働かされるので、ショックを受けるかもしれません(笑)。こちらの記事で、ちょっと意外なカナダの祝日のイメ―ジをつかんでもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)