表現力アップ!「驚き」を表すイタリア語15選

3248

View

スポンサーリンク

イタリア人との会話がさらに盛り上がる「驚き」を表すイタリア語フレーズについて、実際によく使われるシーンを交えながらご紹介します。イタリア人はさまざまな表現方法を使い感情を出しますので、バリエーションを増やしましょう!

スポンサーリンク

「本当に?」を表す一般的なフレーズ

1.Davvero!?

「Davvero!?(ダヴェッロ!?)」は日本語の「ホントに!?」や「そうなの!?」といったニュアンスに近いイタリア語のフレーズです。

尻上がりに言うと驚きを表すフレーズになりますが、そのまま「Davvero(ダ ヴェッロ)」と発すると「ホントにさっ」といった意味になり、会話の途中で使うこともできます。

「彼ができたの!」「Davvero!?(ホントに!?)」といった風に使います。

2.Veramente!?

「Veramente!?(ヴェラメンテ!?) 」は「Davvero」とほとんど同じニュアンスのイタリア語なので、覚えやすい方から使ってみてください。

3.Vero!?

「Vero!?(ヴェロ!?)」も「Davvero」「Veramente」とほとんど同じニュアンスのイタリア語。というのも3つは「真実・本当」という意味のイタリア語「Vero」からできた言葉だからです。

「Vero」はイタリア語試験の「正誤問題(Vero falso)」でもおなじみの単語なので是非覚えておきましょう。

4.Addirittura!?

「Addirittura!?(アッディリットゥーラ!?)」も既出の3つと同じような意味合いです。少々長いですが街中ではよく耳にします。

5.Cavolo!?

「Cavolo!?(カヴォーロ!?)」も驚きを表すイタリア語。野菜の「キャベツ」が語源の俗語なのでお友達との会話などで是非使ってみてください。

気軽に使えるワンフレーズ

6.Ah, si?

「Ah, si?(アァ シー?)」は「そうなの?」といった軽いニュアンスを持つイタリア語。「はい(YES)」を意味する「Si」が含まれていてTPOを気にせず使うことができます。「Si?」だけでもOKです。

「明日晴れるみたい!」「Ah, si?(そうなの?)」といった風に使います。

7.Ah, no?

「Ah, no?(アァ ノー?)」も「そうなの?」といった軽い返答をする際に使えるイタリア語。「いいえ(No)」を意味する「no」がフレーズの中に含まれているので、「明日雨らしいよ」「Ah, no?(そうなの?)」といった風に使います。

こちらもTPOを気にせず使うことができ「No?」だけでもOKです。

8.Caspita!

「Caspita!(カースピタ!)」は日本語の「あらまぁ」「すげぇ!」に近いイタリア語のフレーズです。人によっては少々古めかしく感じる人もいるかも。ただ、あまり気にしなくて大丈夫です。以下のようなシーンで使います。

「ジュリアの家5人目が生まれるみたい!」「Caspita!(あら、すごい!)」

9.Ma dai!

「Ma dai!(マ ダーイ!)」は日本語の「またまたぁ」「マジで!?」「そりゃないよぉ!」に近いイタリア語のフレーズです。「フラれちゃった」「Ma dai!」といった風に使います。

10.Ma va!

「Ma va!(マ ヴァ!)」は「Ma dai」とほとんど同じニュアンスを持つイタリア語なので、お好みで覚えやすい方を是非使ってみてください。

11.Cosa!?

「Cosa!?(コザ!?)」は日本語の「なぬぅ!?」や「何!?」に近いイタリア語の驚きを表すポピュラーなフレーズです。ローマ字読みなので覚えやすく使いやすいので、早速使ってみてください。

スポンサーリンク

レベルアップのワンフレーズ

12.Sul serio?

「Sul serio?(スル セーリオ?)」は「本気ですか?」といった意味のイタリア語です。「セーリオ(セリオ)」には「誠実な」といった意味があり、直訳は「誠実さの上に」となります。

13.Non e' vero!

「Non e' vero!(ノネ ヴェーロ!)」は「信じらんない!」といったニュアンスのイタリア語。先述の「Vero」や「No」が含まれた驚きを表すイタリア語です。

14.Non ci credo!

「Non ci credo!(ノン チ クレード!)」は「Non e' vero!」と近しいニュアンスを持つイタリア語。信じるという意味の「credere(クレーデレ)」が含まれた驚きを表すイタリア語です。

15.Non e' possibile!

「Non e' possibile(ノン ネ ポッシービレ)」も「Non e' vero」「Non ci credo」と近しいニュアンスを持つイタリア語。「できる(可能)」という意味の「possibile(ポッシービレ)」が含まれた驚きを表すイタリア語で「Non e'」は「ノネ」と一息で発音するとよりイタリア語らしくなります。

まとめ

驚きを表すイタリア語はイタリア語の漫画などでもよく出て来る言葉です。挿絵と内容を照らし合わせると、より使うシーンが想像できることでしょう。是非たくさん覚えて、使って、バリエーションを増やしていってください。

THE RYUGAKUでは、その他にもイタリア語に関する記事をアップしています。合わせてチェックしてみて下さい。

イタリアに住みたいなら

イタリアに住んでみたいと思ったことはないですか?
イタリアで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。

  • 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法
  • 日本でどんなスキルを身につけるべきか
  • 英語の履歴書の書き方、面接対策

など、海外転職のハウツーについて徹底解説した記事を参考にして『イタリア生活』の可能性をぜひ確認してみてください!

イタリアで働く方法を知る

「1週間の留学」を無料プレゼント中(7/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談