小学校で習う音楽用語のイタリア語10選!日常会話での使い方も徹底解説

2844

View

スポンサーリンク

「ドレミファソラシド」がイタリア語なのはご存知ですか?イタリア語の勉強、もしくは音楽の勉強を始めた方が最初に驚くのが両者の間にものすごく密接な関係があるということです。ここでは誰もが習ったであろう小学校の音楽の教科書に出てくる用語に絞って、音楽用語のイタリア語の数々をご紹介します。

スポンサーリンク

Forte(フォルテ)

forte(フォルテ)

「Forte(フォルテ)」はイタリア語で「強い」を意味します。日常生活でフォルテは日本語と同じような感覚で使いますが、以下のようなシーンでも登場します。

  • Sei forte(セイ・フォルテ):「貴方は強い人!」という意味の励ましの言葉

Piano(ピアノ)

piano(ピアノ)

「Piano(ピアノ)」はイタリア語で「弱い」を意味します。こちらも日常生活において、日本語と同じ感覚で使ってOK!なお楽器の「ピアノ」は元々「ピアノフォルテ(Pianoforte)」というイタリア語が省略され、現在のピアノという名前になりました。

イタリアではいまでもPianoforteという人もたくさんいます。

Fortissimo(フォルティッシモ)

Fortissimo(フォルティッシモ)

「とても強く」を意味する音楽用語の「Fortissimo(フォルティッシモ)」。イタリア語では形容詞の終わりに「ッシモ」が付くとその単語がより強調されます。

  • Buonissimo(ブォニッシモ):「超おいしい」の意味。「おいしい」は「Buono(ブォーノ)」
  • Bravissimo (ブラヴィッシモ):「超スゴイ」の意味。「すごい」は「Bravo(ブラーヴォ)」

Pianissimo(ピアニッシモ)

Pianissimo(ピアニッシモ)

「とても弱く」を意味する音楽用語の「Pianissimo(ピアニッシモ)」。「Piano」という単語は「弱く・静かに」という意味があるので、教会などに行くとあちこちから以下のような会話が聞こえてきます。

  • Parla piu' piano.(パルラ・ピゥ・ピアーノ):「もっと小さい声で話して」 の意味
  

Mezzo forte(メッゾ・フォルテ)

Mezzo forte(メッゾ・フォルテ)

「やや強く」を意味する音楽用語の「Mezzo forte(メッゾ・フォルテ)」。「Mezzo」は「半分」を意味するイタリア語で日常生活の中でもしょっちゅう登場します。

  • Mezzogiorno(メッゾジョルノ):「正午(1日の半分)」の意味。

スポンサーリンク

Mezzo piano(メッゾ・ピアノ)

Mezzo piano(メッゾ・ピアノ)

「やや弱く」を意味する音楽用語の「Mezzo piano(メッゾ・ピアノ)」。ちなみに「Piano」の意味は先ほどお伝えの通りですが「Piano piano(ピアノ・ピアーノ)」と2回繰り返すと「ゆっくり、ゆっくりねっ」という意味になり、慌ててしまったときなどにイタリア人によくこの言葉をかけられます。

Crescendo(クレッシェンド)

Crescendo(クレッシェンド)
Wikimedia Commons

「だんだん強く」を意味する音楽用語の「Crescendo(クレッシェンド)」はイタリア語の「Crescere(クレシェレ)」という動詞の活用法の一種(ジェルンディオ)です。

Crescereは「成長する・育つ・大きくなる」といった意味もあるので育児本や園芸本などを見ているとたくさん登場しますよ!

Decrescendo(デクレッシェンド)

Decrescendo(デクレッシェンド)
Wikimedia Commons

「だんだん弱く」を意味する音楽用語の「Decrescendo(デクレッシェンド)」。イタリア語ではクレッシェンドとデクレッシェンドの関係のように否定の接頭語である「De(デ)」が付くと非定型になるものがたくさんあります。

Fermata(フェルマータ)

Fermata(フェルマータ)

「その音で長く止まる」を意味する音楽用語の「Fermata(フェルマータ)」。イタリアでは「バス停」のことをフェルマータといいます。

ちなみに、フェルマータのことは「Corona(コロナ・冠の意味)」と言うのが面白いところ。ということでイタリアではFermataの文字は楽譜上より地図上での方が圧倒的に目にする機会が多いです。

Staccato(スタッカート)

Staccato(スタッカート)
Wikimedia Commons

「一音ずつ短く切る」を意味する音楽用語の「Staccato(スタッカート)」はイタリア語の「Staccare(スタッカーレ)」という動詞の活用法の一種(過去分詞)です。

Staccareは「取り去る・剥がす」といった意味があり、コンセントを抜くことは「Staccare la spina(スタッカーレ・ラ・スピナ)」といいます。

まとめ

今回は誰もが習ったことがあるであろう音楽用語を中心にご紹介しました。まだまだ音楽用語の中にはイタリア語由来のものがたくさん!また機会があればご紹介します。

THE RYUGAKUでは、その他にもイタリア語に関する記事をアップしています。合わせてチェックしてみて下さい。

イタリアに住みたいなら

イタリアに住んでみたいと思ったことはないですか?
イタリアで働くことができれば、住むことも決して夢じゃありません。

  • 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法
  • 日本でどんなスキルを身につけるべきか
  • 英語の履歴書の書き方、面接対策

など、海外転職のハウツーについて徹底解説した記事を参考にして『イタリア生活』の可能性をぜひ確認してみてください!

イタリアで働く方法を知る

「1週間の留学」を無料プレゼント中(7/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談