【体験談】高校2年生の夏休みに自力で短期語学留学をして得られたものとは?

1939

View

スポンサーリンク

先日、高校2年生の時にその頃に留学エージェントなどを使わず、1人で語学学校を探し、語学学校に連絡し、申し込みをし、飛行機のチケットを取って夏休みの約2ヶ月間イギリスやアイルランドに語学留学をした話をお伝えしました。今回はそのときの体験談と、留学によって得られたものをお伝えします。

スポンサーリンク

前回の記事【体験談】高校2年生の夏休みに留学エージェントを使わず語学留学の手配をして良かった3つのことでご紹介した通り、筆者は高校2年生の夏休み期間の2ヶ月を使ってロンドン(2週間)とアイルランド(4週間)に語学留学をしました。

実際の留学生活を振り返り、どのような留学生活を送っていたのかについての体験談と留学によって得られたものをお伝えします。

ロンドンでの生活

語学学習という点を考えると、ロンドンでの2週間は観光と遊びがメインで、街と英語に慣れるという感じでした。

通っていた語学学校の同期は殆どが大人で、16歳の自分は最年少ということもあって友達はできにくかったのですが、そのかわりロンドンの街をひたすら歩いて観光をしていました。年齢のこともあり、夜はあまり出歩かず、パブなどには行きませんでした。

宿はホームステイをしていたのですが、そこにもう1人日本人の学生がいたので、日本語を話す機会も多少ありました。

アイルランドでの生活

2週間滞在したロンドンからアイルランドまでの移動は飛行機などのアレンジもできたものの、費用を抑えるため、夜行の遠距離バスで移動しました。途中で船にも乗り、とても時間がかかった覚えがあります。

アイルランドでもロンドン同様ホームステイをしながらバスで学校に通いました。語学学校には高校生を含む日本人学生が何人かいましたが、ロンドンとは違い、英語の勉強を頑張ろうとなるべく他の日本人の人とは一緒につるまないようにしていました。

ロンドンのときと違い、語学学校でも話をする人はできたのですが、たまたまホームステイ先のお隣さんにオーペアをしていた2つ上のスペイン人の女の子がいて、よくその子と遊んでいました。

オーペアとは、ベビーシッターをしながら海外でホームステイをする留学プログラムですが、実はこのときに初めてこのような方法で海外に来て語学を勉強する方法もあることを知りました。

その子は昼間は子供の面倒を見ていたのですが、昼は一緒に庭でひなたぼっこしたり、料理を作って一緒に食べたり、夜は一緒にパブへ行ったりして過ごしました。

スポンサーリンク

ホームステイ先で起こったトラブル

この頃、自分の英語力もまだまだで、言いたいこともあまり言えなかったということや文化の違いもあり、一度ホストファミリーと揉めたこともありました。

向こうは親切でしていてくれていたのですが、たんすに入れておいて、後で自分で洗おうと思っていた下着などをホストマザーが勝手に持っていき洗濯をされました。

もちろん親切心でやってくれたと思いますが、勝手にたんすを開けられて下着を持っていかれてしまうということにもまだ敏感に反応してしまう年齢だったこともあり、あまりいい気はしませんでした。

そのことを話し合いたくでも言葉が通じなくて、私が言えたのは「私のたんすを開けましたか?」ということだけでした。

ですが、彼女としたらたんすを開けてなにか悪いことをしたわけでもないので「開けてない」と返答され、これで言い合いになってしまいました。辞書を使っても言葉はうまく伝えられなくて、悔しい思いをしました。

相手が悪気はないのは分かるものの、やはりそこには言葉の壁というか、うまく気持ちを伝えられないもどかしさを体験しました。

留学体験で得られたもの

6週間という留学期間は、英語学習と言う点ではまだまだだったと思いますが、それなりに英語力には影響があったと思います。実際、夏休み後の高校での英語のテストはそこそこいい結果を出すことができました。また、このときに、英英辞書を引くということも覚えました。

この留学では、英語学習以外で得られたものが非常に大きかったです。留学に関して1人で調べて、語学学校に連絡しアレンジをし、海外留学をした、ということそのものがなによりの大きな経験となりました。

ロンドンからアイルランドまで長時間のバス移動をしたり、異国文化に触れたり、カルチャーショックを受けたり色々なことを学ぶことができ、サバイバル精神やタフな心を身につけることができました。

まとめ

高校生で一人で留学をしましょう!とは言いませんが、たとえ短期でも語学留学をすることによって語学以外にも多くのことを学ぶことができますし、その後の語学学習意欲にもつながります。機会があるのであれば短期留学でも良いので一度海外に出てみるという経験はその後の進路にも大きく影響してきます。

高校生でなくても、大学生、社会人の方ならぜひ自分で留学アレンジをするところから始めてみてはいかがでしょうか?

「1週間の留学」を無料プレゼント中(7/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 体験談
  • 留学アレンジ

この記事を書いた人

Coquelicot
Coquelicot

12歳からフランス、イギリス、イタリアに留学し、語学留学、大学留学、大学院留学、と様々な留学を経験。ロンドンの語学学校に務めた後、現在はフランスの大学院で語学学習についての博士論文を書いています。

http://ameblo.jp/vindalsace/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談