小予算でも楽しめる!ヨーロッパ圏内を格安で旅行する3つの方法

4516

View

スポンサーリンク

EU圏内であればパスポートのチェックなしで陸路で国を横断できたり、夏季には1ヶ月近い休暇を取得できたりすることもあって、ヨーロッパに住む多くの人々は本当に手軽に隣国への旅行に出かけます。しかし、手軽に旅行ができるといっても、気になるのは予算。特に留学生であれば使えるお金も限られてきますよね。でも大丈夫!ヨーロッパでは多くの若者が少ない予算の中で旅行を楽しんでいるのです。ここでは、そんな現地の人たちに学び、筆者の住むドイツの例を中心にヨーロッパ圏内を格安で旅行する方法を幾つかご紹介します。

スポンサーリンク

1.LCCの格安航空券+ユースホステルのコンビ

筆者の住んでいるドイツを始め、ヨーロッパ諸国ではイージージェット(easyJet)ライアンエアー(Ryanair)など、LCC(格安航空会社)の航空券を使って旅行する人が非常に多いです。

格安航空券は出発空港や予約時間、またはシーズンによって値段は変わりますが、普通の航空券の半額、またはそれ以下の値段で航空券を購入できます。筆者の後輩は日本円にして約500円程度の値段でドイツからデンマークへ飛ぶことができました。

また、ユースホステルを活用すれば大幅に宿泊費を抑えることができます。ホテルと違いドミトリー(相部屋)がほとんどで、アメニティもないことが多いですが、何より安いのが魅力。実際、ヨーロッパ旅行をする若者の多くがユースホステルを利用しています。

ユースホステルであれば町の中心や駅のすぐ近く場所でも非常に安い値段で宿泊が可能です。筆者の友人も、かつてドイツで旅行した際、17ユーロ(2000円)ほどで、中央駅のすぐ隣のユースホステルに宿泊できました。

2.学生ツアーを活用する

pm2amStudifahrtenといった旅行会社が企画する、学生を対象とした安価なバスツアーが2014年頃からドイツで人気となっており、今や、このような学生ツアーはドイツに在住する学生の間で主流のコースとなりつつあります。

学生ツアーは値段が非常に安いだけでなく、サービスも申し分ありません。さらに、日帰りから2日〜1週間弱の日程で、ドイツ近くのオーストリア、チェコ、オランダ、ベルギーから、フランス、イタリア、スペインやロシアなど、さまざまなコースが用意されています。

筆者がツアーに参加した際は、日本円で約5000円程度でドイツからパリへ往復できました(夜行バスだったため、宿泊なし)。また、1週間でイタリアの4つの都市を周り、宿泊費も込みで代金は25000円程度でした。

大体が現地についてから無料の地図をもらい、現地ガイドが町中を案内した後、集合場所と集合時間を確認しておき、それからは自由活動という流れです。ガイドの大半は若者で、地元の文化や習慣、または穴場情報なども教えてくれます。

また、このようなツアーは新しい友達を作るのに最高の場でもあります。1人で参加しても、バスでたまたま相席になったり、部屋で相部屋になった参加者と、写真を撮ってもらったりするうちに仲良くなっていき、最終的には親交を深めることができます。

参加者は他の都市から来た人もいれば、さまざまな国から来た人もいるので、ある意味、正真正銘のグローバルな体験できます。実際に筆者も1人で参加して多くの友達ができ、数年が経った今でもよく連絡を取り合う人もいます。

スポンサーリンク

3.レンタカーを活用する

インスタグラムアイコン(ローディング中です)

#memories #barcelona #friends #cartrip #fordfiesta #bestcar

Mirko Bračičさん(@mirkobracic)がシェアした投稿 - 2月 16, 2018 at 9:18午後 PST

これも学生の間で流行っている旅行手段のひとつです。パッケージのツアーではあまり行かないような場所へも旅行するができ、自分なりの旅行プランを組むことができるので、自由に旅行したい人におすすめです。

ドイツの高速道路は無料で利用でき、他の国々でも高速道路の料金は非常に安く、筆者の経験では、オーストリアやチェコでは、すべての高速道路は10日間で1000円ほどでした。移動にかかるのは、ほとんどガソリン代だけなので、安く旅行できます。

また、オランダなどの国では、Park&Ride(P&R)という駐車場があり、1日の駐車料金は数百円ほどしか掛からず、非常に安いです。さらに、P&Rで駐車することで、市内を回るための公共交通機関乗り放題チケットも駐車代と引き換えにもらうことができるところもあり、実質無料とも言えるほど格安になっています。

近年では、BlablacarやMitfahrenなど、同じ行先の人たちの車に乗せてもらい共に旅行するスタイルもありますが、安いとはいえ、知らない人の車に乗るため、安全性の面で不安ですので、おすすめしません。

ちなみに、日本の運転免許証を持っていれば、ドイツへ出発する前、日本にあるドイツ大使館で認証および翻訳手続きを行いドイツの運転免許証に切替ができます。現地でも手続きは可能ですが、ドイツ語での手続きとなるので、日本で済ませておいたほうが安心です。

まとめ

以上、ヨーロッパ圏内を格安で旅行する方法について、格安航空券(LCC)とユースホステル、学生ツアー、レンタカーの利用をご紹介しました。

その他にも半額以下や乗り放題も!ドイツ国内での格安移動手段3選+おまけではドイツ国内での格安の移動方法について、お得!価格比較サイト「skyscanner」を使って航空券を格安で買う方法では航空券を格安で購入する方法についてご紹介していますので、合わせてチェックしてみてくださいね!

「1週間の留学」を無料プレゼント中(12/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Sissi
Sissi

Sissiと書いてシシーです。ドイツ・ミュンヘン在住の文系大学院生です。大学時代のドイツ留学でドイツでの学生生活に憧れ、大学卒業直後に渡独。ドイツ語力ゼロからドイツ語試験合格までの一年間の語学留学生活を経て、大学院生になりました。カフェで勉強するのが大好きで、ファッションやメイクも大好きです!ドイツの現地の情報が分からずに困ってる方に向けて、生活情報や学生情報などをたくさんお届けしていきます!

https://www.facebook.com/sissi.yang.37

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談