日本でも資格を取得できる!英国発の国際的な会計士資格ACCAとは?

1017

View

英国の会計士資格は主にICAEW(Institute of Chartered Accountants in England and Wales)とACCA(Association of Chartered Certified Accountants)の2つの団体が提供しています。今回はACCA(英国勅許公認会計士)の資格についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

ACCAとは?

ACCA(Association of Chartered Certified Accountants:英国勅許公認会計士)とは、1904年に設立された国際会計基準に基づく会計士資格で「国際的に持ち運び可能な資格」を掲げ、世界180ヶ国に学生数約43万名以上を抱える、会員規模が大きいグローバルな団体です。

1880年に設立されたイギリスの会計士資格であるICAEW(Association of Chartered Certified Accountants)よりも国際的な認識度が高いのが特徴です。

ACCAウェブサイト

ACCAの試験内容とは?(計14科目)

ACCAの試験では、主に2つのレベル、Fundamentals(基礎編)とProfessional(専門分野)で構成されています。試験時間は1科目につき2〜3時間。試験は3月、6月、12月の年3回受験が可能です。

Fundamentals(基礎編)

  • Knowledge(知識):3科目
  • Skill(スキル):6科目

Professional(専門分野)

  • Essentials(必修):3科目
  • Options(選択):4科目から2科目選択

また、筆記とは別に会計に関する3年間の実務経験が求められます。筆記試験と並行して実務経験の記録を行うか、筆記試験合格後に実務経験を積んで資格を得ることも可能です。

ちなみに、全科目を合格するまでに、早い人で2年、平均で3〜4年かかると言われております。

スポンサーリンク

ACCA取得にかかるコスト

登録、筆記にかかるコストは約500ポンド。ただし、通常は講義を受講をして受験に臨むため、実際のコストは講義の受講数によります。講義の料金は1科目につき400〜600ポンド。オンラインの場合、300〜500ポンド程度です。

ACCAのメリット

ACCAのメリットは以下の点が挙げられます。

  • 国際的な会計・監査基準への対応が可能な資格
  • 認知度が高く、グローバルな就職で有利
  • 資格取得に柔軟なアクセスを認めているため、オンラインでの学習や日本での受験が可能

ちなみに、日本ではブリティッシュカウンシル(東京)や、IIC国際コミュニケーションインスティテュート(大阪)などで試験を受けることができます。

また、英国内の高等教育機関との提携により、学士号・修士を取得できるルートも設定されています。ACCAの学生として、英語力の証明と、基礎課程の指定科目受験前に登録を行うと、Oxford Brookes BSC(Hons)での会計学の資格を追加で取得することもできます。

まとめ

いかがでしたか?これから国際的な会計士資格を取得することを検討している方の参考になれば幸いです。

「1週間の留学」を無料プレゼント中(5/30締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 公認会計士
  • Association of Chartered Certified Accountants
  • ACCA

この記事を書いた人

Robin
Robin

語学遊学を目的にドイツへ。ケルン大学入学、かろうじて卒業後、ドーバー海峡を越え、渡英、現在に至る。日本とドイツから見たイギリスについて、皆様に役立つ情報をお伝えできればと思います。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談