12歳で単身フランスへの長期留学を決めた理由

1162

View

留学をする上で1つの問いになるのが留学の時期、タイミング、留学するときの年齢です。短期留学でしたら、筆者は早ければ早いほど良いと考えておりますが、1年以上の長期留学となると、色々と考えることがあるでしょう。ここでは中学1年生、12歳のとき、単身でフランスへ長期留学をした筆者が、どうして12歳で留学をしようと思ったのかについてお伝えします。

スポンサーリンク

12歳でフランスに長期留学

私の留学人生は12歳のときに始まりました。その頃はあまり深く考えていなかったのですが、私の人生においてこの12歳からの留学経験は人生に多大なる影響を与えています。

「12歳で留学」というと、まず年齢的に周りにとても驚かれます。

通常の会話ですと

「12歳からフランスに住んでいました。」

と言うと

「親御さんの仕事の関係で?」

と聞かれます。

「いえ、1人でフランスにある全寮制の学校に留学していました。」

と答えるとかなり驚かれます。そして、当たり前ですが必ず

「なぜ?」

と聞かれます。

スポンサーリンク

なぜフランスに12歳で長期留学したのか?

12歳、中学1年生で留学したので、それを決定したのは11歳のときでした。家族は留学に大反対でしたが、家族を説得し留学したのです。

なぜ12歳でフランス留学をしたのか、それは、たまたま私が通っていた私立のエスカレーター式の小学校が、フランスに分校を設営したため、中学に入学するにあたり、東京校とフランス校を選択できたため、フランス校を選択したのです。

ですので、もしそれがアメリカならアメリカに行ったかもしれないですし、アイスランドならアイスランドに行ったかもしれないです。

実はそこまで大きな野望も、フランスに夢や憧れも持っていませんでした。海外や外国語に特に興味があったわけでもありません。そう言うと、じゃあなんで留学したのか、と思われるでしょう。

お伝えした通り、私は小学校からエスカレーター式の学校に入学しました。小学校受験でしたので、親の希望で受験勉強をし、親に決められた学校に入学しました。

小学校受験をする5歳の私には将来への具体的な夢も希望もありませんでした。

でも小学生のときに、このまま親の引いたレールの上を大学卒業まで歩きたくないと思っていました。たまたま、中学校に行くときに東京校かフランス校かという選択があり、自分が引かれたレールの上をこのまま歩いて行きたくない、そのレールからちょっとでも変えたいと、フランス校を選んだのです。

11歳の決断は意外とあっさりしたものでした。

まとめ

いかがでしたか?留学の決断なんて意外と小さくても、なんとかなるものです。私の例は良い例ではないかもしれませんが、留学そのものは気軽に決断できるものかもしれません。

「1週間の留学」を無料プレゼント中(11/30締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 12歳
  • 中学

この記事を書いた人

Coquelicot
Coquelicot

12歳からフランス、イギリス、イタリアに留学し、語学留学、大学留学、大学院留学、と様々な留学を経験。ロンドンの語学学校に務めた後、現在はフランスの大学院で語学学習についての博士論文を書いています。

http://ameblo.jp/vindalsace/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)