北野武氏も受賞したフランスの最高勲章「レジオンド・ヌール勲章」とは?

4193

View

スポンサーリンク

Wikimedia Commons

2016年10月、映画監督やコメディアンなどで有名な北野武氏がフランスの最高勲章である「レジオンド・ヌール勲章」を受賞しました。日本ではあまり知られていないレジオネドヌール勲章とは、一体どんな賞でしようか?

スポンサーリンク

レジオンド・ヌール賞とは?

レジオンド・ヌール賞の勲章
Wikimedia Commons

レジオンド・ヌール賞とは、主に名誉や功績ののある軍人や市民に贈られる賞で、1802年頃、ナポレオン1世によって設立されました。

このような勲章授与のような賞がなければ人の心を動かせない(名誉による賞賛が人を動かす)、勲章授与がないのは共和国ではないということが設立の理由です。

ナポレオン1世自身が一番ほしかったのか、最初に受賞した(させた?)のは、賞を作った自分でした。ナポレオンの時代は、勲章に「グランテーグル(大きな鷲)」などの別な名前がありましたが、1816年頃に、レジオンド・ヌール賞の階級を今の名前に変えました。

レジオンド・ヌール勲章には階級がある

レジオンド・ヌール勲章の階級
Wikimedia Commons

レジオンド・ヌール賞には階級があります。フランス人の場合は5等のシュヴェリエから始まります。大統領は1等のグランクロワの上の特別な勲章があります。民間人は2等のグラントフィシェからは上の勲章は授与されません。

また、外国人は功績により賞の階級が決まるので、フランス人とは違います。階級により、勲章は形も異なり銀や金メッキの銀など、金属の素材が違います。

勲章そのもには、ナポレオン1世やアンリ4世等の横顔やフランスの王政復古時代の国王の冠など、フランスのさまざまな歴史が刻まれています。

賞は、あらゆる功績に応じて決定されますが、個人以外にも、都市や大学、軍事学校、結社、企業、共同体などの団体にも与えられることがあります。女性も数多く受賞しています。

驚くことに、賞を受賞していない人が勲章を身につけた場合は、処罰されます。

階級

  • 1等:グランクロワ(大十字)
  • 2等:グラントフィシェ(大将校)
  • 3等:コマンドゥール(司令官)
  • 4等:オフィシエ(将校)
  • 5等:シュヴァリエ(騎士)

日本の北野武氏は4等のオフィシエの賞を2016年10月25日に受賞されました。

スポンサーリンク

受賞暦のフランスの高等教育機関

高等教育機関では、パリ国立鉱山鉱業学校、サン=テティエンヌ国立高等工業学校、ロレーヌ大学(元:ナンシー大学)エコール・サントラル・パリ、エコール・ポリテクニークなど、さまざまな学校が受賞しています。

日本人の受賞者

日本人でも過去にレジオンド・ヌール賞を受賞している人はたくさんいます。近年ではトヨタ自動車社長の豊田章夫氏、ノーベル文学賞の作家の大江健三郎氏、建築家の安藤忠雄氏、宇宙飛行士の向井千秋氏などです。また、中曽根元首相や元東京都知事の舛添氏も受賞しています。

まとめ

この他にもフランスでは外国人でも受賞できる賞がたくさんあります。アメリカで賞を取ることは世界で活躍しているのだと思われがちですが、フランスの伝統的な賞を得ている世界的に活躍している日本人もたくさんおり、北野武氏のようにヨーロッパ、特にフランスでの評価が高い日本人もいます。

賞を受賞するのはよっぽどの才能のある人たちですが、ぜひ、フランスでは特に芸術方面に興味のある留学生の方は、北野武氏のようにチャレンジしてみると世界が変わることもあるかもしれません。

また、サン=テティエンヌ国立高等鉱業学校などのように、フランスのエリートが集まっている大学もあります。そのような大学で学ぶには競争が激しいですが、チャレンジしてみてはいかがでしようか?

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • レジオンド・ヌール勲章
  • ビートたけし
  • 北野武

この記事を書いた人

sara
sara

フランスに移住して、3年半が過ぎました。海外経験が全くない・フランス語が全くできないまま、フランスに長期に住むことになりました。フランスのさまざまな文化や生活などの魅力的な情報をお届けします!

http://www.marmiton.org/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!