リヨン市内からサンテグジュペリ国際空港へのアクセス方法

251

View

Wikimedia Commons

フランス・リヨン市内からサンテグジュペリ国際空港間の移動手段、料金、所要時間などのアクセス方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

サンテグジュペリ国際空港からリヨン市内への交通手段

Rhoneexpress
Markus Eigenheer

市内空港間には真っ赤な車体の高速トラム「Rhoneexpress(ローヌエクスプレス)」が走っています。以前はシャトルバスが運行しておりましたが、この高速トラムができてから廃止されました。

その他の交通手段としてはタクシーという手もありますが、50ユーロ以上はかかります。

ローヌエクスプレスの運行

Rhonexpressの車内
Wikimedia Commons

空港から市内のPart-Dieu(パールデュー)駅までであれば始発は朝5時、市内からは朝4時25分、共に深夜0時が最終です。空港と市内を約30分でつなぎます。朝の4〜5時台と夜9時以降を除いて15分間隔で運行しています。

車内は一人席と二人席があり、入り口付近には大きい荷物を置いておく場所が完備。なかなか快適な乗り心地です。

スポンサーリンク

料金

25歳以上
片道:15.90ユーロ
往復:27.50ユーロ

12〜25歳
片道:13.20ユーロ
往復:23.30ユーロ

12歳以下
無料

乗車券の購入方法

乗車券は事前にインターネットか現地で購入が可能です。

インターネットで購入する場合

ローヌエクスプレスのウェブサイトにて乗車券の購入が可能です。購入後に届くメールの添付ファイルがチケットになっており、QRコードを乗車中に乗車員にピっと読み取ってもらいます。

ちなみに、インターネットであればいくらか割引になります。例えば片道、25歳以上は通常15.90ユーロですがネット予約だと14.70ユーロになり、往復であれば通常27.50ユーロが25.90ユーロに。

購入時点から1年間有効なので、特にに日にちや時間が決まっていなくても大丈夫です。また、1ヶ月、2ヶ月前の購入でも割引率が変わってくるので 、前もって分かっていることであれば購入しておくのも良いでしょう。

現地で購入する場合

現地で購入する方法は二つあります。

  • 駅(空港の場合、乗り場に降りる手前)で券売機を通して購入
  • トラム内で乗車員から直接購入

それぞれクレジットカード、現金(券売機は一部不可)ともに支払い可能です。

まとめ

いかがでしたか?ちなみに、約30分で到着とお伝えしましたが、 筆者は以前トラム下車後に空港でさらに30分ほど歩いて目的ターミナルに着いたことがあります。航空会社によっては出発ターミナルが遠かったりするので、余裕をもってスケジュールを組みましょう。

Rhoneexpress Web
URL:https://www.rhonexpress.fr/

関連記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3548 view
  • カナダ滞在者必見!タダで映画が見られてお得な「SCENEカード」

    日本人のように(?)ポイントカードが大好きなことで有名なカナダ人。ここでは、そんなカナダで生活するならぜひチェックしておきたい、お得な「SCENEカード」についてご紹介します。

    eplm 3135 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 2974 view
  • 世界18ヵ国の美人基準はこれだ!これからは恋人探しもグローバルに?

    私が生活しているセブでは美人の基準が日本とは異なります。フィリピンに限らず、お国が変われば美人の基準も異なるようです。日本ではコンプレックスだった部分が、違う国ではキュートだと歓迎されることもあります。そこで今回は、「美人」に関した面白い研究結果を交えてお話ししたいと思います。

    ケン 59327 view

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • アクセス
  • ローヌエクスプレス
  • サンテグジュペリ国際空港
  • Rhoneexpress

この記事を書いた人

クッキー
クッキー

日本でグラフィックデザイナーとして働いた後、ワーキングホリデービザで芸術大国フランスへ。パリで数ヶ月バイトをして貯めた資金で旅行三昧、現在は念願のリヨンで暮らしています。

http://freu.megabus.com/default.aspx