半年前には予約必至!オーストラリアの動物園で完全英語環境のアニマルケアボランティア

2574

View

Lone Pine Koala Sanctuary

英語の勉強がしたい!けど、せっかくなら学校のレッスンだけじゃ物足りない!そんな方はボランティア留学はいかがでしょうか?それもオーストラリアの有名な「ローンパイン・コアラ・サンクチュアリー」でのボランティア。動物好きにはぴったり。今回は「英語+アニマルケアボランティア」プログラムについて紹介します。

スポンサーリンク

「せっかく英語を勉強するなら、完全な英語環境に身を置いてチャレンジしたい」
「せっかく海外に行くなら、そこでしか経験できないことをやりたい」

語学留学でこのような希望を持つ人も少なくありません。しかしながら、語学学校への留学であるかぎり、なかなかその希望を叶えることはカンタンではありません。

そんな方にお勧めしたいのが「ボランティア留学」です。
完全英語環境で参加できるボランティア留学があります。もちろん、英語ができないのに参加すると大変です。だけどチャレンジしたい人にとってはお勧めできるプログラムです。

そのプログラムは、オーストラリアの語学学校が提供する「英語+アニマルケアケアボランティア」です!ボランティアの基本的な仕事内容は、動物小屋の掃除や、餌の運搬など肉体労働もかなり含まれます。(下記にて、詳細を紹介します。)

このプログラムをお勧めするポイントは、参加条件に英語力の設定がなく、更に1ヶ月程度の短期留学も可能であるところ。(当然ですが、動物が好きでない方にはお勧めしません。)

プログラムを提供している学校(以下、提供学校)が、できるだけ多くの人にボランティアを体験して欲しいと考えて、英語力の設定をしていないのです。その代わりに「動物が好き!」「ボランティアにチャレンジしたい!」という気持ちや、事前にしっかり準備できる人でないと参加できません。(参加しても良い経験ができません。)

もちろん、全く英語ができない状態では良いボランティア経験ができないので、最初に2週間〜の英語コースを受講します。その後、1週間から最長8週間までオーストラリアのローンパイン・コアラ・サンクチュアリーでボランティア活動を行います。

ただ、このプログラムには一つだけ難点が…。それは「人気過ぎて早めに予約しないと参加できないこと」です。2015年5月の段階で提供学校に確認したところ、すでに年内のボランティア枠が埋まりキャンセル待ちとのこと。興味がある人は6〜8ヶ月前には予約をしないと参加できません。

では、詳しく「アニマルケアケアボランティア」について紹介していきます。

アニマルケアボランティアとは?

アニマルケアボランティアは「ローンパイン・コアラ・サンクチュアリー」で行います。コアラがたくさんいることで有名な動物園ですが、コアラ以外にもウォンバットやタスマニアデビルなど、オーストラリア特有のかわいい動物がたくさんいます。

動物と接する機会はたくさんあります。しかし、動物小屋の掃除や、餌の運搬など肉体労働も多いです。えさの準備もボランティア内容の一部ですが、肉食動物や雑食性の動物の準備はかなりハードです。体力的にもハードなボランティアだということを理解した上で参加する必要があります。

参加条件は?

参加に語学力の条件はありません。言葉よりも自発的に積極的にボランティアに参加できるかを重視しています。

プログラムの参加には、ローンパインに提出するボランティア申し込み用紙に必要事項を記入して、ボランティア開始1ヶ月前までに提供学校に提出する必要があります。その後は提供学校が手続きを進めます。

※受け入れ人数に制限があります。プログラム申し込み前に必ず学校に空き状況の問い合わせをお願いします。(2015年はすでにキャンセル待ちの状態です。)

プログラムの流れ

ボランティア参加者は、ローンパインが開催する事前オリエンテーションに参加しないといけません。オリエンテーションには提供学校のスタッフも同行します。

オリエンテーションの日時は、毎週金曜14時半と日曜15時半に決まっているため、ボランティア参加者がスケジュールを合わせる必要があります。仮に、日曜日に到着して月曜日からボランティアを開始する場合は、到着当日の15時半のオリエンテーションに参加する必要があります。到着のフライト時間も間に合うように調整しないといけません。

ボランティア先での服装

動きやすいカジュアルな服装を用意します。ジーンズでも大丈夫です。半袖のシャツやスカートは避けてください。靴はスニーカーなど、先の閉じた動きやすい靴を準備してください。

つば広の帽子と日焼け止め、サングラス、雨の日に外で作業をする場合に備えてカッパも必要です。洗い物をする時のためにゴム手袋もあると便利です。

ボランティア日数・時間

ボランティアの日数はアレンジが可能ですが、時間は午前8時半から午後3時までになります。週に何日ボランティアしたいなど希望については、ボランティアのオリエンテーションの際に伝えて下さい。

体調不良や止むを得ない事情で休む場合は、必ずボランティア先に連絡をして下さい。

スポンサーリンク

ボランティア先の所在地と交通

アニマルケアの受け入れ先のローンパイン・コアラ・サンクチュアリーはブリスベン市内からバスで約20分です。可能な限りボランティア先に近いホストファミリーを紹介していますが、バスや電車を乗り継いで通勤するケースもあります。交通手段についてはボランティア開始前に案内があります。

ボランティア先の詳細

ボランティア先の詳細
Lone Pine Koala Sanctuary

ボランティア先の動物園の情報は、日本出発前に知ることができます。ボランティア先までの交通手段については、英語コース開始後に配布するボランティアパッケージにて案内を記載しています。

どんな人が参加してるの?

もともと動物が好きで、絶滅危惧種について興味がありました。そのため、絶滅危惧動物の保護に力を入れているオーストラリアで実際にどのように動物を飼育、保護しているのかを見て体験したかったので、このボランティアに参加することにしました。(Sさん・女性・20代)

生物系大学で専攻しており、1度動物園で働いてみたかった。また、オーストラリア特有の動物を見たかった。(Tさん・女性・20代・大学生)

参加者の感想

ボランティアをやり始めた頃は、指示が英語だったり、仕事に慣れていなかったりで、あたふたすることもありましたが、何日かやっていくうちに、同じ仕事をしていくので指示されたことを理解して作業を進めることができました。また、長期間やっていくうちに、スタッフやボランティアと仲良くなってくるので、すごく良い思い出になりました。(Sさん・女性・20代)

かなり体力仕事だったが、そういう点では自分にすごく合っていたと思う。またペアで仕事をするというのが良かった。英語で説明されても分からないことがたくさんあったから、そこをペアの子が助けてくれた。(Tさん・女性・20代・大学生)

アニマルケアボランティアを提供する学校

今回ご紹介したアニマルケアボランティアのボランティアプログラムを提供する学校はInternational College of Queensland Australia(インターナショナル・カレッジ・オブ・クィーンズランド・オーストラリア)です!通称「ICQA」。

ICQAはブリスベン市街の中心部にあり、とてもアクセスに便利です。一般英語コースは6レベルに分かれ、それぞれの英語力に合わせてリーディング、ライティング、スピーキング、リスニングのすべてのスキルをバランスよく勉強できる構成になっています。

日本人スタッフも常勤しているため、日本語での問い合わせも対応してもらえます!

ICQAや、その他のボランティアプログラムについて関して詳しく紹介した記事「英語レッスンだけじゃ物足りない?オーストラリアで英語+ボランティアが人気のICQA」も合わせてご確認ください。

お問い合わせ方法

いかがでしょうか?
ぜひ興味がある方は、こちらのボランティアプログラムの見積書 からお問い合わせください。ボランティア期間のアレンジ、ボランティア先の空き状況など相談してみてください。日本人スタッフが対応してくれます!

インターナショナルカレッジオブクィーンズランドオーストラリアのロゴです
名称International College of Queensland Australia(インターナショナルカレッジオブクィーンズランドオーストラリア)
国・都市オーストラリア / クイーンズランド州 / ブリスベン
学校形態語学学校
住所372/376 George St, Brisbane QLD 4000 オーストラリア
電話番号+61 7 3211 4488
公式サイトhttp://www.icqa.com.au/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/13842/

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3036 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4243 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1229 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1679 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/