「ハーフですか?」と聞かれて嬉しいのは日本人だけ?

4141

View

雑誌やSNSでもよく見かける「ハーフ」という言葉は、当たり前のように褒め言葉のように定義してしまっていますが、海外では気をつけなければならないときもあります。海外で「ハーフ」とは、どのような扱いなのでしょうか?

スポンサーリンク

生まれた国に自信を持つべき

筆者は親が九州出身であるのとメイクの仕方なのか「ハーフ?」としばしば聞かれます。ある日、授業で自己紹介をする際、日本人のクラスメイトに大きな声で「日本人に見えな〜い!」と言われ、イタリア人の友達に「日本人が日本人にそれを言っているのよく聞くけど、嬉しいの?自国の生まれじゃないみたいって屈辱じゃないの?」と、心配そうに聞かれ、考えさせられました。

客観的に考えてみると、例えばブラジル人に「ブラジル人に見えないね!」というのは不自然ではありませんか?カナダにいてもアメリカにいてもアフリカにいても「日本人である」ことには変わりがないし、変えようもありません。

ハーフ(ミックス)は海外では普通

筆者は現在カナダ・トロントで生活しておりますが、驚くほどさまざまなバックグラウンドを持った人によく出会います。移民の国カナダでは、色々な人種がいてハーフ(ミックス)の人はいたって普通なのです。

自己紹介のときに、ステータスみたいに「ハーフです」ともわざわざ言いませんし、日本みたいに「ハーフタレント・モデル」などの定義もあまり見られません。

なので、外国では「あなたハーフ?」の質問よりも「バックグラウンドはどこ?」の質問の方が適切かもしれません。

スポンサーリンク

海外で外国人が感じている日本人の印象とは?

昨今では「日本のこんな所がすごい!」「日本人や日本の製品はこんなにも素晴らしい!」というようなバラエティ番組が増えていますが、他の国の人から見ると、日本人は以下のような印象を持たれています。

  • 謙虚
  • シャイ
  • 自分の意見をあまり強調しない
  • 静かであまり心を開かない
  • 英語のアクセントが特徴的

決して嫌われているという訳ではありませんが、本当にシャイだと思われているケースが多いようです。日本人からの日本人に見えない、と、外国人からの日本人に見えないの定義は全く違うようですね。

まとめ

いかがでしたか?一歩世界に出てみると日本での常識が海外では異なることは多々あります。みなさまも普段何気なく言ったり思ったりしていることが、もしかしたら海外では非常識なこともありますので気をつけましょう。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカに留学するには?世界からトップクラスが集まるアメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダに留学するには?治安も良くて人気のカナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリスに留学するには?歴史と伝統に溢れるイギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学ならこの学校!オーストラリア留学におすすめの学校30選
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランドに留学するには?初めてでも安心のニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学ならこの学校!フィリピン留学におすすめの学校21選

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!