フランスでよく見かける黒い文房具に白い文字で書かれている「Ben」とは?

630

View

Amazon.fr

フランスの文房具店に行くと黒を基調として白い文字でシュールな文言、そして「Ben」と書かれた文房具をよく見かけますが、これはモダンアートのアーティスト「benjamin Vautier(ベン・ヴォーチェ)」のものです。ベン・ヴォーチェとはどのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

フランスの文房具店で見かける「Ben」

Benの書類ファイル
Amazon.fr

フランスの文房具店に行くと黒を基調として白い文字でシュールな文言、そして「Ben」と書かれた文房具をよく見かけます。これはフランスに住むモダンアートのアーティスト「benjamin Vautier(ベン・ヴォーチェ)」の作品で、フランスではこの文房具が多くの人に愛されております。

BENの筆箱
Amazon.fr

benjamin Vautier(ベン・ヴォーチェ)とは?

benjamin Vautierの写真
Wikimedia Commons

ベン・ヴォーチェは1935年生まれのアーティストです。イタリア系ですが、スイスとフランスの二つの国籍を持っています。風貌や喋りが日本の「岡本太郎」に似ている人で、喋り出すと不思議な言葉がたくさん出て来て、話が止まらない独特な世界観を持っている人です。

ベン・ヴォーチェはヌーヴォー・レアリスム系統のアーティストで、現代社会が生み出す山のような生産物とそのゴミからアートを作っていました。1960年代から芸術運動に参加しております。

その頃から、もっとも彼の作品で有名な、黒いバックに白い絵の具をそのまま絞りながら皮肉やジョークをフランス語で書く新しい表現方法が確立されていました。黒い背景に白い色の文字が基本ですが、カラフルな文字や簡単な絵のバージョンもあります。

ベン・ヴォーチェの家
Ben Vautier Facebook

フランス・ニースにあるベン・ヴォーチェの自宅は「グネグンダとマラバー」と呼ばれる自ら改装した不思議な家で、ここに奥さんと一緒に暮らしています。

スポンサーリンク

ベン・ヴォーチェのメッセージ

benjamin Vautier自身とbenjamin Vautierの作品
Wikimedia Commons

以前、テレビに彼が出演した際に、ニースのテロについてどう思うかとニュースキャスターが質問したところ、ベン・ヴォーチェは「なぜ?」の一言だけ大きな声で答えたので、ニュースキャスターは苦笑いしてしまいました。

ベン・ヴォーチェの文字アートは、この質問の答えのようにとても単純な言葉で書かれているので、彼らしい答え方だとニュースキャスターは思ったのかもしれません。

このように、彼の作品には、例えばフランス語で「アートって何?(qu’est ce que l’art?)」とただ書かれていたり、哲学のようなジョークのような単純な言葉が書かれているのですが、白と黒のコントラストもあって、なぜか心に残る言葉の文字作品が多いことで有名です。

まとめ

ベン・ヴォーチェの作品のシリーズは、フランスの文房具のコーナーでとても目立ちます。フランスの学生でも誰なのかを知らないで、言葉がおもしろいとか、かっこいいという理由で使っている人がたくさんいます。

フランスの文房具メーカーの「Quo Vadis」がベン・ヴォーチェの作品のさまざまな文房具を出しているので、お好みに合わせてセットで持っても、フランスらしいシンプルなおしゃれ感があります。白字の言葉は、文房具によって変わるので、自分の好きなフランス語の言葉をシリーズで持つのもおもしろいかもしれません。文房具からフランスのモダンアートを感じてみませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • ベン・ヴォーチェ
  • Ben

この記事を書いた人

sara
sara

フランスに移住して、3年半が過ぎました。海外経験が全くない・フランス語が全くできないまま、フランスに長期に住むことになりました。フランスのさまざまな文化や生活などの魅力的な情報をお届けします!

http://www.marmiton.org/