フランス中で人気急上昇中!フランスのシンガーソングライター「SOKO(ソーコ)」とは?

429

View

Wikimedia Commons

フランスのシンガーソングライターのSOKO(ソーコ)を知っていますか?本名は、ステファニー・ソコリンスキー。フランスのボルドー生まれの30歳です。SOKOの名前は、学生時代のあだ名のようです。最近では、アメリカの女優で映画の「トワイライト」などで有名な「クリスチャン・スチュワート」と恋人関係になり、破局して、世界的に話題になりました。フランスでは、仕事とプライベートは別という考えが一般的で、SOKOも彼女のプライベートな話題よりも、フランスでは、彼女の個性的な表現スタイルが評価されています。

スポンサーリンク

シンガーソングライターとしての活躍

フランスのシンガーソングライター「SOKO」
Wikimedia Commons

SOKOの音楽は、現代のフランスの女性の気持ちをストレートに歌った歌が多いことで有名です。一時期はシンガーソングライターの仕事を休んでいた時期もありましたが、早々に復活しました。

2014年、全米のビルボードチャートに彼女の曲「we might dead by tomorrow」が9位にランキングされるなど、世界的に才能が認められています。初めて出会った人にお互いにキスをするというコンセプトのCMがあって、その斬新なアイディアが世界で話題になりました。そのCMに流れていた曲がSOKOのこの曲でした。

YouTube

彼女は、シンガーソングライターとしての活躍はもちろん、彼女自身でミュージックビデオも制作するなど多才な活動をしています。

ファッションリーダーとしての活躍

ファッションスナップのSOKO
SOKO Facebook

SOKOはファッションリーダーとしても人気です。ボーイッシュなスタイルから、フレンチガールスタイルまで、さまざまな着こなしができるモデルとしても大活躍しています。シャネルなど、大手のファッションブランドもSOKOのファッションセンスに注目しています。

スポンサーリンク

女優としての活躍

映画の授賞式の時のSOKO
Wikimedia Commons

SOKOはテレビドラマや映画でも活躍しています。

今年話題になっているのは、SOKOが出演しているアフガニスタンの戦争に参加した兵士の映画です。ファッションリーダーとしての華やかなSOKOのイメージからかけ離れた軍の女性兵士を演じているの姿に驚きます。その姿は凛としていて、本当の女性兵士にさえ見えるすばらしい演技を見せています。

YouTube

この映画は、主人公を演じる「Voir du Pays」は、アフガニスタンに軍に参加し、帰国後に、社会復帰前の休養を取りますが、戦争の光景の精神的なストレスが消えないという心の病の映画です。

この作品は、実際に兵士として参加した俳優が演じていることでも話題です。2016年のカンヌ映画祭で「ある視点部門」で、脚本賞を獲得しています。

まとめ

SOKOの音楽は、その辺の街で歩いているフランス人の若い女の子の気持ちが伝わってきます。

現代のフレンチガールは、SOKOのタイプが多いです。昔のような甘え上手なフレンチガールのイメージのロリータではなく、自分の意志を強く持ち、かわいらしさもありながら、自分の個性の思うがままに若さを満喫しています。

SOKOの音楽は、今どきのフランスの若者の言葉の勉強になるので、フランス語の学習でも活用できますよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • ソーコ
  • SOKO

この記事を書いた人

sara
sara

フランスに移住して、3年半が過ぎました。海外経験が全くない・フランス語が全くできないまま、フランスに長期に住むことになりました。フランスのさまざまな文化や生活などの魅力的な情報をお届けします!

http://www.marmiton.org/