BYOって何?お酒の持ち込みシステムあり!ロンドンのお勧めレストラン

1058

View

Hawksmoor Facebook

「BYO」や「BYOB」という表記をレストランのメニューやウェブサイトで見かけるけれど、これって何でしょう?この略語は大衆紙のグルメ特集などでも良く使われるために目にされた方も多いのではないでしょうか。今回はそのシステムの解説と、ロンドン市内のお勧めのお店をいくつかご紹介いたします。

スポンサーリンク

「BYO」、「BYOB」とは?

BYOBと書かれたサイン
Steve Johnson

イギリスでは雑誌やネットの特集などで「The best BYO restaurants in London」といった表記をよく目にします。このBYOとは「bring your own」の略で「お酒の持ち込み可」という意味なのです。

他にも「BYOB」とありますが、こちらは「bring your own booze(bottle、beer、beverage)」となります。「booze」とは「アルコール飲料」という意味になり、イギリスではよく使われています。

ロンドンのレストランでは単純にお酒を出すライセンスを取得していないがためにこの「BYO」をメニューに掲げているお店や、ライセンスはあるけれどイベントや、サービスの一環として行っているお店がたくさんあります。

中にはビールはあるけれどワインは持ち込みで、もしくは曜日限定などと、細かく分かれている場合もあります。また「Corkage(持ち込み料)」が大抵の場合は課せられますが、レストランによりさまざまですので、事前に確認されると良いかと思います。

ライセンスはあれど、サービス、イベントの一環で行われているレストラン

テーブルセットのシルエット

Hawksmoor

Hawksmoorの店頭
Hawksmoor Facebook

2016年8月現在、Guildhall、Air Street、Spitalfields and Seven Dials,、Knightsbridgeと、ロンドンに5つの支店と、マンチェスターにもお店を持つ筆者も大好きなステーキ店「Hawksmoor」。

赤身の特大ステーキをシェアするもよし、自分好みのカットをグラムで頼むのもよし、前菜もサイドディッシュもデザートも外れなしのロンドンで大人気のお店です。

Hawksmoorのステーキ
Hawksmoor Facebook

こちらのお店ですが、これもロンドンの食通の人々の間で知らない人はいないのでは?というお肉屋さん「Ginger pig」からお肉を仕入れているそうです(実際にスタッフに尋ねたところ、この答えが返ってきました。)。

和牛の霜降りのような、とろっととろけるステーキをイメージしているとびっくりされるかもしれません。イギリスで好まれているのは脂身の少ない引き締まった肉。しかもこちらのお店はその赤身の旨みを最大限に引き出してサービスしてくれるのです。ソースも各種そろっていますが、いつも塩と胡椒だけでお願いしています。

また、イギリスではなかなか手に入らない「お刺身に近いお肉」を、ビーフタルタルなどの前菜でいただくこともできます。

常にスーツ姿のPosh(イギリスでよく使われる表現で「上流階級」を意味します)なビジネスマンや、スマートな服装の人々で賑わっているロンドンでは割と高級なステーキ店にも関わらず、スタッフもかしこまらずジーンズにシャツなどカジュアル、接客もとてもフランクでフレンドリー。ジーンズ姿のお客さんもたくさんいます。シックな店内ながら活気にあふれ、接待から記念日、気取らず普段のディナーまでさまざまな使い方ができます。

そんなHawksmoorですが、月曜日に5ポンドの持ち込み料で自分のワインを持ち込めるサービスがあります。

普段、このお店のワインは少なくとも30ポンド程度のお値段ですから、自分のお気に入りのワインとおいしいステーキを楽しむためのサービスであるようです。ですが、お店のウェブサイトには「小売店の安くておいしいワインの持ち込みも!」と、お客さんが「高くてよいワインを持っていかなきゃ!」と感じる不安を取り除くような記載もあります。

ちなみに火曜日から日曜日にも持ち込みは可能なようですが、25ポンドの持ち込み料がそれぞれのボトルに対してかかります。これは単純に「お気に入りのワインじゃなきゃいやだ!」という方や、「記念日だから大事にとっておいた一本を開けたい。」という人のためにサービスされているようです。

どの日であっても、予約の際に「ワインを持ち込みたいのですが。」と伝えてから行きましょう。

基本情報

  • 名称:Hawksmoor
  • 住所:11 Langley Street, London WC2H 9JG
  • 営業時間:【日】12:00〜21:30【月〜木】12:00〜15:00、17:00〜22:30【金〜土】12:00〜15:00、17:00〜23:00
  • 電話番号:+44 20 7420 9390
  • 公式サイトURL:http://thehawksmoor.com/

その他「ライセンスがあるけれどBYOもあり」のお勧めレストラン

Hix Oyster and Chophouse

Hix Oyster and Chophouseの店頭
Hix Oyster and Chophouse Facebook

イギリスのセレブリティシェフ、マーク・ヒックス氏のお店。ロンドン市内にいくつもお店を展開するなど、モダン・ブリティッシュ料理に定評あり。月曜日に持ち込み料無料でワインボトルが持ち込める「BYOB CELLAR MONDAY」のサービスがあります。

Hix Oyster and Chophouseの料理
Hix Oyster and Chophouse Facebook

基本情報

Foxlow

Foxlowの店頭
Foxlow Facebook

2016年現在、ロンドンに3つの支店を構える人気店。自家製のスモークサーモンや、イギリスの特別な地域で育ったソルトマーシュ・ラムなど(シーズンにより変更あり)に加え、ドライ・エイジドのステーキが売り。サンデーロースト、ブランチなど、さまざまなシーンで使えます。

火曜日にBYOBサービスあり、持ち込み料は5ポンドです。

Foxlowの料理
Foxlow Facebook

基本情報

  • 名称:Foxlow(Newington)
  • 住所:71-73 Stoke Newington Church St, London N16 0AS
  • 営業時間:【月〜木】12:00〜15:00、17:30〜22:00【金】12:00〜15:00、17:30〜22:30【土】10:00〜15:00、17:30〜22:30【日】10:00〜21:00
  • 電話番号:+44 20 7481 6377
  • 公式サイトURL:http://www.foxlow.co.uk/

スポンサーリンク

ライセンスがないためにBYOを実施するレストラン

イギリスのストリート、Brick Laneの標識
James Cridland

ロンドンのイーストにある博物館のジェフリー・ミュージアム。地下鉄の各駅から、さらにバスに乗って訪れるその美術館があるエリアの近くに、ベトナム料理店がずらりと並ぶことで有名な「Kingsland Road(キングスランド・ロード)」という通りがあります。

今では、ここからスタートしロンドンの中心部に支店を出すお店も現れる程、本格的なベトナム料理が食べられるエリアとして長く人気を誇っています。

筆者が渡英した10年前はまだ支店を持たないお店も多く、たくさんのお店でお酒を扱うライセンスがないためにBYOを実施していました。昔訪れたお店に行ったらBYOはもうやっていないと言われたこともあります。

その後、人気を集めロンドン各地に進出するお店も増え、ライセンスを獲得しBYOを行う店も少なくなったようですが、いまだに行っているお店もあります。

また、同じくイーストにあるエリアの「Brick Lane(ブリック・レーン)」。いまやイーストエンドでも流行の発信地として有名に、たくさんの移民が住むためにマルチカルチャーを体験できる場でもあります。

ここでもホワイト・チャペルへと向かうあたりのエリアにBYOで人気のお店がいくつかあります。お店はバングラデシュなどアジア系が多く、昔は「カレーを食べるならブリック・レーン」などとも言われていました。

宗教的にお酒を出さない、単純にライセンスを持たないなど理由はさまざまだと思いますが、ジンのボトルなどを仲間と持ち込んでいるグループの姿なども見かけたり。

また、ずっとロンドンはウィンブルドンから更に南西に進んだ辺りには「New Malden(ニュー・モルデン)」というエリアに韓国の方の移民街が。ハングルが溢れるこのエリアにもたくさんの韓国料理屋さんがあります。

ロンドンにはこのように、移民が集まりそこに彼らの国々の本格的料理を出すエリアがいくつもあります。ライセンスを持たないお店も多いために、BYOのお店が目立つのも特徴です。

このようにBYOがある場合、ビールやワイン、好きなお酒を自由に持ち込むことができます(持ち込み料は各店にご確認ください)。

食堂のようなカジュアルなお店が殆どなので物価が高いロンドンでお酒の持ち込みができ、おいしい移民系の本格的料理が頂けるこういったBYOのお店は、仲間とのわいわい会食などに広く人気を集めています。

Kingsland Road、New Malden付近のBYOのお勧めのお店

Tay Do Cafe

Tay Do Cafeの店頭
Tay Do Cafe Facebook

昔からあるベトナム食堂のような趣きです。

Tay Do Cafeの料理
Tay Do Cafe Facebook

基本情報

  • 名称:Tay Do Cafe
  • 住所:65 Kingsland Rd, London E2 8AG
  • 営業時間:【月〜木】11:30〜15:00、17:00〜22:30【金〜土】11:30〜15:00、17:00〜24:00【日】11:30〜23:30
  • 電話番号:+44 20 7481 6377
  • 公式サイト:http://taydo.co.uk/

Mien Tay

Mien Tayの料理
Mien Tay Restaurants Facebook

この通りで人気を集め、ロンドンにいくつか支店を出しております。こちらはライセンスがあるものの、Kingsland Roadのお店では日曜日から木曜日に限り、2.50ポンドの持ち込み料でお酒の持込が可能です。

基本情報

  • 名称:Mien Tay(Kingsland)
  • 住所:122 Kingsland Rd, London E2 8DP
  • 営業時間:12:00〜23:00
  • 電話番号:+44 20 7729 3074
  • 公式サイト:http://mientay.co.uk/

Aladin Brick Lane

Aladin Brick Laneの店
Aladin Brick Lane Facebook

「the Best Curry House in Brick Lane」と自ら紹介するように、ロンドンローカルの人々の間でも良く知られております。

Aladin Brick Laneの料理
Aladin Brick Lane Facebook

基本情報

  • 名称:Aladin Brick Lane
  • 住所:132 Brick Ln, London E1 6RU
  • 営業時間:【月〜木】12:00〜24:00【金〜土】12:00〜25:00【日】12:00〜22:30
  • 電話番号:+44 20 7247 8210
  • 公式サイト:http://www.aladinbricklane.co.uk/

Tayyabs

Tayyabsの店頭
Tayyabs Facebook

プンジャビ料理で有名。ラムの炭火焼や各種カレーなどは香ばしく食が進みます。

Tayyabsの料理
Tayyabs Facebook

基本情報

  • 名称:Tayyabs
  • 住所:83-89 Fieldgate St, London E1 1JU
  • 営業時間:12:00〜23:00
  • 電話番号:+44 20 7247 6400
  • 公式サイト:http://tayyabs.co.uk/

Cah Chi Restaurant

Cah Chiで料理を食べている2人の女性
Erik

イギリスの大衆紙、TIME OUTが選ぶ「ロンドンで食べるべき一品 TOP100」にも入ったチヂミや、卓上でのコリアンBBQが人気のお店。実際の韓国の方が多く集まるエリアからは少し外れますが、多くのグルメ本などで取り上げられるとあってイギリスのお客さんの姿が目立ちます。

ビールやお酒の扱いもありますが、ワインのBYOも可能。ロンドンにも2店舗あります。

基本情報

  • 名称:Cah Chi Restaurant(Durham Rd)
  • 住所:34 Durham Rd, London SW20 0TW
  • 営業時間:【火〜金】12:00〜15:00、17:00〜23:00【土〜日】12:00〜16:00、17:00〜23:00
  • 定休日:月曜日
  • 電話番号:+44 20 8947 1081
  • 公式サイト:http://cahchi.com/

その他BYOできるおすすめのレストラン

ロンドンのMaryleboneの写真
Hugh Llewelyn

BYOのお店はロンドンに数え切れないほどありますが、その中でも更に面白いものをご紹介します。

The Golden Hind

The Golden Hindの店頭
The Golden Hind fish and chips Facebook

おしゃれなお店が立ち並ぶMaryleboneエリアにある、美味しいフィッシュアンドチップス店。こちらでは紅茶以外アルコールは持ち込み可能です。

基本情報

  • 名称:The Golden Hind
  • 住所:73 Marylebone Ln, London W1U 2PN
  • 営業時間:【月〜金】12:00〜15:00、18:00〜22:00【土】18:00〜22:00
  • 定休日:日曜日
  • 電話番号:+44 20 7486 3644
  • 公式サイト:http://thegoldenhind.com/

Bonnington Cafe

Bonnington Cafeの料理
Bonnington Cafe Facebook

ベジタリアン、ビーガン料理のカフェです。007で有名なMI6があるVAUXHALL駅が最寄り駅。

基本情報

  • 名称:Bonnington Cafe
  • 住所:11 Vauxhall Grove, London SW8 1TD
  • 営業時間:12:00〜14:00、18:30〜23:00
  • 電話番号:+44 7552 475535
  • 公式サイト:http://bonningtoncafe.co.uk/

The Breakfast Club

The Breakfast Clubの店頭
The Breakfast Club Facebook

SOHOエリアに数年前に突然現れ、常に行列がいまだに続く朝食専門店。ものすごい人気で常に列ができているために、BYOでもゆっくりお酒を楽しむ雰囲気ではないのでご注意ください。

基本情報

  • 名称:The Breakfast Club
  • 住所:33 D'Arblay St, London W1F 8EU
  • 営業時間:【月〜土】8:00〜22:00【日】8:00〜19:00
  • 電話番号:+44 20 7434 2571
  • 公式サイト:https://www.thebreakfastclubcafes.com/

まとめ

いかがでしたか?他にもたくさんあるのでまたの機会にご紹介しますね!ロンドンで皆様が美味しく楽しい時間をお過ごしになられるよう、これからもお手伝いができたらうれしく思います!

それではまたお会いしましょう!
Have a lovely day!

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3036 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4242 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1191 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1679 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

モモグラモ
モモグラモ

イギリスのロンドンはウィンブルドンに住んで9年目です。元ハリーポッターに出演していた夫(南アとオランダのダブル国籍です)と二人暮らしです。私がいっぱい涙が出るくらい恥ずかしい思いをしつつ経験してきた生活の知恵、英語の言い回し、イギリスの穴場やこぼれ話をお届けできたら嬉しいです。またBAFTAの試写会でのセレブリティーの写真もご紹介できたらと思います。