海外でスマートフォンを使うには?留学先でのスマホ使用法3選

4294

View

「さあ、いざ留学だ!」…ちょっと待った!あなたのそのスマホ、留学先ではどうやって使う予定ですか?「まだ考えていない…」というような方は必見!今回は、海外でスマホを使用する方法を3つ、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

1.Wi-Fiのみで使う

Wi-Fiで使用

ホームステイや寮の場合、生活環境でWi-Fiを使えることがほとんどです。外でもレストランなどではフリーWi-Fiが通っていることがあります。1年間ずっと機内モードにしておけば、Wi-Fiのみでコストも低くて済みます。

日本の携帯会社と契約している場合は、留学の際の休止ができるので通常の月額より安くなると考えられます。ただし、外で自由に使いたい方は、ポケットWi-Fiを持っていくといいでしょう。

メリット

Wi-Fiのみで使うと、コストがかかりません。街中のフリーWi-Fiを駆使して生活することもできます。

デメリット

外でWi-Fiが無いと、地図などを見ることもできません。外で使えるようにするにはポケットWi-Fが必要になるので、別途お金がかかることになります。

2.海外対応にする

海外対応にして行きましょう

留学前に日本で契約している携帯会社に行き、海外対応に切り替えることができます。会社やそれぞれのプランによって、費用や通信量は違いますので、各自で問い合わせてみてください。

一般的には下記のSIMフリー携帯より費用は高いですが、現在の携帯会社と契約したままでいいので、あまり手間のかからない方法です。

メリット

手間がかからず、少しの手続きだけで留学へ行くことができます。

デメリット

日本の携帯会社との契約のままで海外へ行くと、費用が高くなります。

スポンサーリンク

3.SIMフリーにしていく

SIMフリーにして行きましょう。

iPhone6以降であれば、日本の大手携帯会社と契約していても、SIMフリーにすることができます。また、最近ではSIMフリーの会社が増えているので、調べてみてください。

現地に行ってからSIMカードを買うことで、一般的には日本で海外仕様にしていくよりも低価格で、日本にいるときと同じようにスマホを使用できます。現地のSIMカードは着いてすぐに空港で買えます。

メリット

現地の人と同じようにスマホを使える上に、コストも現地価格で、一般的には安いです。

デメリット

現地でSIMカードを買わなければならないので、最初の慣れないうちは大変かもしれません。

まとめ

いかがでしたか?海外でのスマホ使用法は色々ありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。ぜひ参考にして、自分にあった海外でのスマホの使い方を探してみてください。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

りほ
りほ

東京の大学生。ベトナムで教育支援を行うボランティア団体に所属。趣味は読書と食べること。フィンランドに留学予定。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)