ドイツの接客は最悪?ドイツで受けた差別的扱いとその背景

1548

View

海外在住暦25年目に突入。海外生活が日本での期間を上回り浦島太郎化しつつある著者が、ドイツ滞在中「それって、外国人に対する偏見?」と感じた、個人の経験についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ドイツで受けた偏見?

ドイツのパン屋さんの店内
Carrotmob Köln

ドイツに住んでいる頃、買物に行くと筆者の見た目からドイツ語は話せないだろうと判断され、しばし店員から微妙に避けられていると感じることがありました。特に伝統的な業界であるパン屋や肉屋では、隣にドイツ人がいると、対応が後回しにされることが多かったです。

また、銀行の窓口で「自動引落」とドイツ語で言えず、対応が長引いたことにしびれを切らした行員から「もっとドイツ語が上達してから、出直して来て下さい。」と言われたことがあります。

そのことをイギリス人の同僚に話したら、彼女も定期預金の解約をお願いした際に、彼女の英語なまりのドイツ語に気づいたのか「失業したのか?」と無礼な発言をされたとのこと。

ただ、これらの経験については、人種差別ではなく、ドイツ人の国民性や地域性が影響していることも考えれられます。

英語に自信がないドイツ人は多い?

鬱ぎ込む男性

筆者はドイツに10年滞在し、ドイツ語がある程度上達した状態でも「May I help you?」と、英語で話しかけられることが多々ありました。ドイツ語は難しく、習得困難な言語だと考えている人が多いことが背景にあるのでしょう。

更に、ドイツ人のパートナーを同伴しようものなら、店員は必ずパートナーと話を始めるので、まるで透明人間になった気分に。

これらの背景には、ドイツ人の英語に対する自信のなさや外国人との接客に対する戸惑いに基づくことが多く、実は日本とあまり大差がない現象だったりします。

スポンサーリンク

どの国でも見られる根拠なき偏見

女性にものを投げつける男性たち
Wikimedia Commons

以前住んでいたアパートに「ドイツには外国人が多すぎる」と通りがかりの住人をつかまえては熱く語る男性がいて、しばしば外国人、特にトルコ人を蔑んだ発言をしておりました。しかし彼は何故か「だが、日本人は違う。」と意味不明な区別をしていました。

実はこの「○○人は良くて、××人は駄目」という特定の国籍にレッテルを貼る人は少数派でなく、ドイツでは戦後に企業が自ら誘致しておきながら、定着したトルコからの移民に対して、何故かネガティブなイメージを持っている人が多いのです。

これはどの国でも見られる、根拠なき偏見です。

単純に日本のことを知らないパターンも

日の丸に描かれた日本地図と富士山

また、単純に日本のことを知らないだけ、というパターンもあります。

筆者は見知らぬ人から通りすがりに「ニーハオ」と言われたり、子供が珍しそうにじっと見て「中国人」と言われたこともありました。このようにアジア系はみんな中国人と思い込んでいる人は、意外と少なくないです。

日本人がバルカン諸国の地理に苦しんでいるのと同様に、ドイツやヨーロッパの人々もアジアの地理に疎い人が多いです。

最後に

もともと、ドイツはサービス精神が低い国であり、どちらかというとストレートなキャラが主流なお国柄です。こちらにとって行き過ぎと思われる発言も、包み隠しがない分、悪意がなく、素直な表現に過ぎないことがあります。

海外で嫌な目に遭ったからといって、必ずしもそれが人種差別が背景にあるわけではないことを認識しましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 海外の幼児教育に興味ある人必見!オーストラリアでチャイルドケアボランティア

    子どもが大好きな人、海外の幼児教育に興味がある人にまさにピッタリのプログラムが「英語+チャイルドケアボランティア」です。今回は「英語+チャイルドケアボランティア」プログラムについて紹介します。

    運営チーム 2780 view
  • アメリカで銀行口座の開設方法!お勧めの銀行も紹介

    アメリカで留学生活をしていると、意外と身近で利用する機会が多い銀行!今回はアメリカで銀行の口座開設方法とオススメの銀行を紹介します!

    Yusuke 20935 view
  • なぜ、MBA?〜私がMBA留学を決意した3つの理由〜

    筆者は社会人の女性で、30歳を目前に、働きながらニューヨークでの留学を実現し、2015年5月にニューヨーク市立大学バルーク・カレッジでMBA(経営学修士)を取得しました。留学する理由、MBAを取得する理由は人それぞれですが、迷っている方の参考になればと思い、私がMBA留学を決意した動機やきっかけについてご紹介します。

    Sattyshamrock 5201 view
  • 科学・技術分野への大学院留学をサポートする団体「カガクシャ・ネット」とは?

    インターネット上に留学に関する情報が殆どない2000年から科学・技術分野の大学院留学に特化した情報発信及びネットワーク構築のサポートを目的として活動を続けるボランティア団体「カガクシャ・ネット」。今回は代表の武田さんにインタビューを行いました。

    運営チーム 3350 view
  • 「I'm fine」にはもううんざり?会話が弾む「How are you?」攻略法

    英語を勉強し始めて一番に習う、あまりにも有名な英語の挨拶、「How are you?」。もっとも無難な回答として、「I'm fine」が浸透していますよね。でも実際に留学中に出会う人たちみんなに「I'm fine」と答えるのは、なんか面白くない…そんなあなたに、実際に海外の人たちが使っている「How are you?」の返答集をご紹介します。

    きりん 5483 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Robin
Robin

語学遊学を目的にドイツへ。ケルン大学入学、かろうじて卒業後、ドーバー海峡を越え、渡英、現在に至る。日本とドイツから見たイギリスについて、皆様に役立つ情報をお伝えできればと思います。