夏には1週間以上の休暇が当たり前?フランスのバカンス事情

882

View

1年間に5週間の有給休暇があったらどうしますか?日本では何かと有給をとるのがためらわれ、結局翌年へ持ち越す。なんていうのはよくある話ですよね。バカンス大国のフランスではこの有給を消化するのは義務。後ろめたいなんて発想もゼロ。年間を通して好きな時に長期休暇がとれます。それではフランスのバカンス事情をいくつかご紹介いたします。

スポンサーリンク

夏には最低一週間の休暇を取得するのが定番

日本の大型連休といえばゴールデンウィーク、最大一週間、飛び石連休で3〜4日間休みで民族大移動、慌ただしく過ごして終了。というのがありがちですが、フランス人はというと7月末から8月末頃にかけて思い思い1〜2週間の休暇をとってのんびり過ごすのが定番です。

また、クリスマスから新年にかけても最低一週間のバカンスがありますし、イースター(復活祭)や独立記念日などの祝日も年中あります。

フランスで人気のバカンス地は南フランスやコルシカ島

夏のバカンス時期、車に荷物をたくさん詰め込む家族連れをよく見かけます。皆そうやって地方へ出掛けていくので、パリやリヨンなど都市部の住宅地やスーパーや図書館は閑散としています。

人気のバカンス地としては地中海岸沿いの南フランスやコルシカ島などですが、私の知り合いのフランス人も数週間マルセイユよりやや内陸部のアビニオンでバカンスを過ごしていました。

私もスイス国境近くのアヌシーから車で一時間ほどの小さな町でフランス流バカンスを経験してきました。観光では訪れないような所ですが、美しい山と湖に囲まれた、のんびりとした町でした。

スポンサーリンク

あくせくと観光に回るのではなく、のんびり過ごすのが主流

私の知る限り、あくせくと観光に回るフランス人はいません。彼らにとって最高のバカンスとは好きなときに起きて好きなときに寝て、ワインを嗜み美味しい物を食べ、会話を楽しむこと。

海や湖に泳ぎに行って、そのまま岸でタオルを広げて日焼けをしたり、バーベキューでわいわい食事。彼らと一緒にバカンスをしていると、人生が豊かになったような気分になります。

学生の長期休暇は年5回

ここまで社会人の休みに触れてきましたが、一方の学生はというと、9月に新学期が始まってから年に5回ほど長期休暇があります。

まず10月中旬から11月初旬にかけてと、クリスマスから新年、それぞれ15日間休みがあります。2月には地方によって異なる日程で、これまた15日間の冬休みです。3月〜4月の同様の休みの後、最早で6月から9月にかけて一番長い休みに入ります。

ちなみにこの長い休み期間中に、スタージュ(インターン)として企業で働く学生もいます。

まとめ

こうしてまとめてみると、本当にフランス人は今を豊かに生きるのがうまいなぁと感じます。日本人の「老後のために」とあくせく働いて、数十年後やっと夢のバカンスに出かけるスタイルとはかけ離れていますよね。

日本もこういった人生の豊かさを若いうちから楽しめる社会になればいいのにと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

クッキー
クッキー

日本でグラフィックデザイナーとして働いた後、ワーキングホリデービザで芸術大国フランスへ。パリで数ヶ月バイトをして貯めた資金で旅行三昧、現在は念願のリヨンで暮らしています。

http://freu.megabus.com/default.aspx