国際結婚を経て、10年のアメリカ留学生活で学んだことーーテキサス大学オースティン校留学経験者にインタビュー

3840

View

今回のインタビューはアメリカのテキサス大学オースティン校音楽学部ピアノ科博士課程2年生の森下こすもさんです。10年間のアメリカ生活の中で生まれた変化や国際恋愛事情についてお話をお聞きしました

スポンサーリンク

アメリカのテキサス大学オースティン校音楽学部ピアノ科博士課程2年生の森下こすもさん。今回は渡米してから10年間での森下さんご自身の変化や国際恋愛など、プライベートなことについてお聞きしました。

初めの壁は仲間との別れ

ーー 初めて森下さんが渡米したのが2006年ということでしたが、このとき一番辛かった思い出はありますか?

初めの2ヶ月間、カリフォルニアの語学学校に通ったのですが、こちらに来て最初に仲良くなった友達とすぐに別れなければならなかったのがとても辛かったです。ハウスメイトが中国人の子だったのですが、彼女は今でもカリフォルニアにいて連絡を取り合う仲です。

ーー 10年前、今のご自身の姿は想像していましたか?

博士号を取ることは決めていたので、それに関してはついにここまできたと思いますが、どこにいくかは決めていなかったですし、今習っている先生に習えるとは思っていませんでした。

ーー 長期間の留学をする上で、モチべーションになっているものはなんですか?

私の場合、もうアメリカでの生活が普通になってきているので環境に対して特別に何か感じることはないのですが、博士号が終わったらアメリカの大学で教えながら演奏活動をしたいという明確なビジョンがあります。

今同じ先生に習っている学生は、学生時代から演奏活動をしている人が結構いるので、自分ももっと頑張らなければと刺激になります。

遠距離恋愛を経て国際結婚

ーー10年間という長い期間だと交友関係も広がると思うのですが、いかがですか?

そうですね。コミュニティーカレッジ時代には韓国人の子と仲良くなりました。彼女は今はもう韓国にいるのですが、大切な友達です。そして、実はコミカレ時代に今の旦那と出会いました。

ーー 10年間のアメリカ生活のうち9年間は現在の旦那様とご一緒なんですね!

そうなんです。大学院はカルフォルニアでしたし、今はテキサスなので遠距離恋愛を続けていました。旦那はギリシャ系アメリカ人なのですが、ギリシャの人は話し方が激しいので、初めて彼のお母さんに会ったときも、怒られているのかと勘違いしてしまいました。4年前にアメリカで結婚し、結婚式は日本でも挙げました。

ーー 国際恋愛、結婚で文化の違いを感じることはありますか?

たくさんあります。ギリシャ人はとても時間の感覚がゆるいんです。待ち合わせをしていて「on my way」と言われたので15分後に到着すると思いきや、2時間待ったこともあります(笑)

最近は本当に家を出ているのかよく確認したり、「あと10分」と言われたら1時間だと解釈を変えるようになりました。弟が三人いるのですが、全員そういう感じなんです。なので、飛行機など時間が決められているときが一番怖いですね。(笑)

スポンサーリンク

アメリカの大学で教えながら演奏活動をしたい

テキサス大学オースティン校ピアノ学科の先生との写真

(一番尊敬している恩師の先生と)

ーー 10年間で一番変化したことは何ですか?

こっちに来てたくさんの間違えや嫌な思いを経験して、「間違えて恥ずかしい」と思うことはなくなりました。

私はもとから内気な性格ではないのですが、失敗や間違いを恐れて何も言わなかったり、自己主張しないと相手にしてもらえないんですよね。最初は「相手にしないなら相手にしない」というスタンスが怖かったけれど、他国から来ている人が自分のアクセントを気にせずに英語を話しているのを見て、私も恥ずかしがらずオープンになりました。

考え方も固定観念がなくなりました。例えば、宗教やセクシュアリティのことでも、アメリカでは「あなたはあなたのままでいいのよ」という考え方が根づいていると感じます。

私が日本にいたときは横文字系の女性雑誌が全盛のときで、雑誌を見てはそれがいいと型にはまろうとしていたのですが、アメリカに来てからはなくなりました。

ーー 同感です。私も留学中、みんなが一つの理想像を共有しているというよりも、人それぞれの美しさがあると考える人が多いと感じました。

そうなんですよね。アメリカだと、少し太っている人でも自信をもって自分がきれいだと思っているんですよね。そして実際にきれいなんです。

美しさって、人の基準で判断するのではなくて、自分がきれいだと思っているからそれが自信となって、周りからもそう見えるのではないかと思います。このような価値観に触れて、色々なことに対してもいい意味で人と合わせなくなりました。

チャンスは待っていてもこない

ーー それでは、最後にTHE RYUGAKUの読者に向けてメッセージをお願いします!

留学に行こうと思って行けるのは恵まれているのかもしれませんが、タイミングや条件が重なって、「今だ」と思うのならば、そう思った時に行動することをお勧めします。チャンスは待っていてもやってきません。自分から色々と探していくことが大切だと思います。

編集部コメント

森下さんがいい意味で人に合わせなくなったというお話を聞いて、とても共感しました。私自身も、留学先でホストマザーや友達から「人はそれぞれに美しさあるのだから自信を持ちなさい」と言われたことがきっかけで、自己肯定感を高めることができました。新しい価値観に出会えるのも、留学の醍醐味のひとつだと思います。


今回紹介したアメリカのテキサス大学オースティン校の口コミ

テキサス大学オースティン校のロゴです
名称University of Texas at Austin(テキサス大学オースティン校)
国・都市アメリカ / テキサス州 / オースティン
学校形態大学大学院
住所1 University Station Austin, TX 78712 アメリカ合衆国
電話番号+1 512-471-3434
公式サイトhttp://www.utexas.edu/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/1351/

インタビュアー

安彦海咲(あびこみさき)/神田外語大学4年/アブログインターン生

関連記事

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3036 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4242 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1191 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1679 view

この記事に関するキーワード

  • インタビュー
  • 国際結婚
  • 長期留学
  • 国際恋愛
  • 異文化
  • テキサス大学オースティン校
  • 音楽留学
  • ピアノ

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/