スポーツ選手の命を守れる自分に。ーーイーストセントラル大学の留学経験者インタビュー

581

View

「スポーツ選手をサポートしたい。」そんな思いを胸にアメリカの地で、アスレチックトレーニングを学んでいる下崎さんにインタビューしました。

スポンサーリンク

今回の留学経験者インタビューは、アメリカのイーストセントラル大学に留学している「下崎陽平(しもざきようへい)」さん。現在、イーストセントラル大学でアスレチックトレーニングを学んでいる3年生です。そんな下崎さんのアメリカ留学について3回に分けてご紹介します。

いよいよ最後となる第三回の今回は、下崎さんの「留学中の体験」について伺いました。

留学中の様々な経験を経て成長

ーー 留学中、印象に残っていることは何ですか?

トランスファー(編入学)したことです。以前大学院にいた時、「CAATE(ケイティー)」という大学を探せるサイトで、色んな大学のディレクターに連絡とってたんですけど、その年の7月末、つまり大学が始まる3週間前くらいに「次のセメスターから出ていいぞ」ってあるディレクターから連絡がきたんです。しかもそのまま手続き取って転校できちゃったんです。たった3週間前に。そういうラフさ、自由さ、そんなことができるのかよ、って衝撃が大きかったです。

ーー 危険を感じた事はありますか?

学会に参加しにイーストセントルイスに行ったとき時、「やばいここにいたら死ぬぞ」って感じたことはあります。言葉では伝えにくいんですけど、街の雰囲気というかそういうのが危険だって肌で感じたんです。廃墟も多くて、異様な雰囲気が漂ってました。

ーー 今住んでいる地域の治安はどうですか?

あんまり危ない感じはないです。たまに、銃を構えて歩いている奴がいるぞって噂が流れたりすることがありますけど、自分の車の中にいれば基本的には安全です。一度車が壊れて、自転車で移動していた時は少し不安でした。

ーー 留学前と今で、何か変わったことはありますか?

外国人を見る目が変わりました。日本にいると、一部の外国に対して色んな情報が流れているじゃないですか。そういうので固定観念みたいなのができていると思うんですよね。あの国はこうだみたいな。でも、そういうのはおかしいなって思うようになりました。日本で言われているようなことはないんだって。ひとりの人として接すればいい人ばかりです。そういう風に固定観念がなくなって、視野が広くなりました。

スポーツ選手を助ける仕事がしたい!

アメフト部の選手と写真を撮るイーストセントラル大学の留学中の下崎さん

(右側がアメフト部の選手と写真を撮る下崎さん)

ーー これからのプランについて教えてください。

GA(Graduate Assistant) っていう、働きながら修士の勉強をできる制度があるんですけど、それをやりたいです。昼は働いて、夜は大学院の授業を受けるんです。大きい大学院でGAとして勉強して、もっといろんな経験を積みたいです。

ーー 10年後は何をしていると思いますか?

今は、将来スポーツに関わる仕事をして、選手を色んな面からサポートしたいと思っています。10年後のことは全く分からないですけど、今と同じ思いで、スポーツ選手を助けている自分であってほしいなと思います。アメリカにいても日本にいても、全力で選手を助けていてほしいです。

スポンサーリンク

留学を考えている人へメッセージ

ーー 友達に留学を考えている人がいたら勧めますか?

留学したいなら来なよ、したかったら躊躇する必要はないよっていう感じです。日本より勉強できますし。留学いいな、羨ましいな、でも高いし不安だし、っていう人が多いと思うんですけど、高いとか言っても調べればうちの大学みたいに安い学校もあるし不安も案外何とかなります。なので、変にハードルを高くしないで、留学したいと思ったら躊躇せずしたほうがいいと思います。

こっちに来たら新しい世界が見えます。楽しいこともつらいこともあります。日本語を使えないでコミュニケーションを取らなきゃいけないから、忍耐力も何とか自分を表現する力も付きます。そういうことを体験したいなら留学が一番です。

ーー 以上でインタビューは終わりです。下崎さん、ありがとうございました!

まとめ

今回は下崎さんの留学中の体験についてお聞きしました。大学が始まるたった3週間前に編入許可が下りるなんて驚きですよね。将来は、アスレチックトレーナーとして選手の命を守る仕事に携わりたいそうです。とても素敵な夢だと思います。

以上でイーストセントラル大学の下崎陽平さんへのインタビューは終わりです。アスレチックトレーナーの資格取得を考えている人だけでなく、アメリカ留学を考えている人の参考になればいいなと思います。

今回紹介したイーストセントラル大学の口コミ

イースト・セントラル大学のロゴです
名称East Central University(イースト・セントラル大学)
国・都市アメリカ / オクラホマ州 / エイダ
学校形態大学
住所1100 E 14th St, Ada, OK 74820 アメリカ
電話番号+1 580-332-6347
公式サイトhttp://www.ecok.edu/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/12315/

インタビュアー

保坂福斗(ほさかふくと) / 早稲田大学一年 / アブログインターン生

関連記事

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 海外の幼児教育に興味ある人必見!オーストラリアでチャイルドケアボランティア

    子どもが大好きな人、海外の幼児教育に興味がある人にまさにピッタリのプログラムが「英語+チャイルドケアボランティア」です。今回は「英語+チャイルドケアボランティア」プログラムについて紹介します。

    運営チーム 2780 view
  • アメリカで銀行口座の開設方法!お勧めの銀行も紹介

    アメリカで留学生活をしていると、意外と身近で利用する機会が多い銀行!今回はアメリカで銀行の口座開設方法とオススメの銀行を紹介します!

    Yusuke 20933 view
  • なぜ、MBA?〜私がMBA留学を決意した3つの理由〜

    筆者は社会人の女性で、30歳を目前に、働きながらニューヨークでの留学を実現し、2015年5月にニューヨーク市立大学バルーク・カレッジでMBA(経営学修士)を取得しました。留学する理由、MBAを取得する理由は人それぞれですが、迷っている方の参考になればと思い、私がMBA留学を決意した動機やきっかけについてご紹介します。

    Sattyshamrock 5201 view
  • 科学・技術分野への大学院留学をサポートする団体「カガクシャ・ネット」とは?

    インターネット上に留学に関する情報が殆どない2000年から科学・技術分野の大学院留学に特化した情報発信及びネットワーク構築のサポートを目的として活動を続けるボランティア団体「カガクシャ・ネット」。今回は代表の武田さんにインタビューを行いました。

    運営チーム 3350 view
  • 「I'm fine」にはもううんざり?会話が弾む「How are you?」攻略法

    英語を勉強し始めて一番に習う、あまりにも有名な英語の挨拶、「How are you?」。もっとも無難な回答として、「I'm fine」が浸透していますよね。でも実際に留学中に出会う人たちみんなに「I'm fine」と答えるのは、なんか面白くない…そんなあなたに、実際に海外の人たちが使っている「How are you?」の返答集をご紹介します。

    きりん 5483 view

この記事に関するキーワード

  • インタビュー
  • 体験談
  • イースト・セントラル大学

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/