「米国大学院学生会」スタッフが語る、留学に至った経緯とは?ーーアメリカの留学経験者インタビュー

1172

View

以前ご紹介した、留学生・留学経験者有志によって設立された留学サポート団体「米国大学院学生会」の代表の南出さんと広報担当の野田さんに、留学に関するインタビューを行いました。

スポンサーリンク

以前「留学生・留学経験者有志によって設立された留学サポート団体「米国大学院学生会」とは?」にて団体についてのインタビュー記事をお届けしましたが、この記事の中で紹介できなかった、代表の南出さんと広報担当の野田さんの、それぞれが留学に至った経緯などをご紹介します。

留学のきっかけはフィリピンで見た悲惨な台風被害

ーー まず初めにおふたりの自己紹介をお願いします。

南出:米国大学院学生会で代表を務めている南出将志(みなみでまさし)と申します。現在はペンシルベニア州立大学にて気象学部の博士課程に在籍しております。

野田:米国大学院学生会で広報を担当している野田俊也(のだしゅんや)と申します。現在はスタンフォード大学にて経済学部の博士課程に在籍しております。

ーー おふたりの専攻についてお聞かせください。

南出:台風の予測に関する研究を行っております。数年前に「ひまわり8号」という気象衛星が打ち上げられたのはご存知ですか?その気象衛星のデータを使った予測をメインに研究を進めております。

野田:マーケットデザインと呼ばれる経済学の分野について研究を行っております。日本では知名度が低いですが、欧米諸国では近年急速に注目度を集めている分野で、海外では、電波周波数帯を割り当てる電波オークションや、臨床研修医のマッチングなどにマーケットデザインの理論が取り入れられ成功を収めております。

ーー なぜおふたりは留学しようと思ったのですか?

南出:当初、日本の大学で工学を専攻しており、同時に東南アジアでのボランティア活動にも参加しておりました。ボランティア活動で訪れたフィリピンのミンダナオ島北部は、街が丸ごと無くなってしまうような壊滅的な台風の被害に遭った直後で、そのあまりに悲惨な光景を目の当たりにし、台風被害をもっと正確に、早く予測したいと考えるようになり留学を決意しました。

野田:最初は大学院に進学する意思はなく、大学3年の頃には就職活動も行い内定もいただいていたのですが、元々数学が好きだったこともあり、数学のモデルを使った理論経済学に興味を覚え、経済学の研究者として挑戦したい気持ちが湧いてきたので、留学を決意しました。

留学で専攻を変えることはよくあること

ーー 南出さんは専攻を変えたのですか?

南出:そうですね。実は、留学を機に専攻を変えるケースというのはよくあることです。ただ、自分に関しては元々学んでいた工学で、今の研究テーマとある程度内容が被っている部分はあるので、全くゼロからのスタートというわけではないです。

スポンサーリンク

今後の目標

ーー 最後に、おふたりの今後の目標をお聞かせください。

南出:短期的な目標としては、研究者として、台風の予測に関するメカニズムを突き詰めたいと考えております。長期的な目標としては世界的な自然災害による被害を食い止めるための予測の分野で活躍できる人材になりたいです。自然災害に国境はないので。

野田:自分も短期的な目標としては、研究者としての業績を残したいです。長期的な目標としては日本にマーケットデザインの理論を導入し、上手くいくシステムを構築したいです。

まとめ

いかがでしたか?お二方とも短期・長期で明確なビジョンを持って研究に取り組んでいらっしゃることがインタビューで伝わりました。彼らが所属する米国大学院学生会についてのインタビューも合わせてご覧ください。

今回紹介した大学の口コミ

ペンシルベニア州立大学のロゴです
名称Pennsylvania State University(ペンシルベニア州立大学)
国・都市アメリカ / ペンシルベニア州 / ユニバーシティ・パーク
学校形態大学大学院
住所Grange Bldg, University Park, PA 16802 アメリカ
電話番号+1 814-865-4700
公式サイトhttp://www.psu.edu/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/7466/
スタンフォード大学のロゴです
名称Stanford University(スタンフォード大学)
国・都市アメリカ / カリフォルニア州 / スタンフォード
学校形態大学大学院
住所450 Serra Mall, Stanford, CA 94305 アメリカ
電話番号(650) 723-2300
公式サイトhttp://www.stanford.edu/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/112/

インタビュアー

内田隆(うちだたかし)/ THE RYUGAKU編集長

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 海外の幼児教育に興味ある人必見!オーストラリアでチャイルドケアボランティア

    子どもが大好きな人、海外の幼児教育に興味がある人にまさにピッタリのプログラムが「英語+チャイルドケアボランティア」です。今回は「英語+チャイルドケアボランティア」プログラムについて紹介します。

    運営チーム 2782 view
  • アメリカで銀行口座の開設方法!お勧めの銀行も紹介

    アメリカで留学生活をしていると、意外と身近で利用する機会が多い銀行!今回はアメリカで銀行の口座開設方法とオススメの銀行を紹介します!

    Yusuke 20962 view
  • なぜ、MBA?〜私がMBA留学を決意した3つの理由〜

    筆者は社会人の女性で、30歳を目前に、働きながらニューヨークでの留学を実現し、2015年5月にニューヨーク市立大学バルーク・カレッジでMBA(経営学修士)を取得しました。留学する理由、MBAを取得する理由は人それぞれですが、迷っている方の参考になればと思い、私がMBA留学を決意した動機やきっかけについてご紹介します。

    Sattyshamrock 5204 view
  • 科学・技術分野への大学院留学をサポートする団体「カガクシャ・ネット」とは?

    インターネット上に留学に関する情報が殆どない2000年から科学・技術分野の大学院留学に特化した情報発信及びネットワーク構築のサポートを目的として活動を続けるボランティア団体「カガクシャ・ネット」。今回は代表の武田さんにインタビューを行いました。

    運営チーム 3350 view
  • 「I'm fine」にはもううんざり?会話が弾む「How are you?」攻略法

    英語を勉強し始めて一番に習う、あまりにも有名な英語の挨拶、「How are you?」。もっとも無難な回答として、「I'm fine」が浸透していますよね。でも実際に留学中に出会う人たちみんなに「I'm fine」と答えるのは、なんか面白くない…そんなあなたに、実際に海外の人たちが使っている「How are you?」の返答集をご紹介します。

    きりん 5495 view

この記事に関するキーワード

  • インタビュー
  • スタンフォード大学
  • 米国大学院学生会
  • インタビュー
  • ペンシルベニア州立大学

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/