フランス革命で散った悲劇の王妃、マリー・アントワネットの生涯

2000

View

Wikimedia Commons

フランス革命と言えば、世界的に悲劇の王妃として有名なルイ16世の王妃マリー・アントワネットがいます。マリー・アントワネットとは、どんな女性だったのでしようか?簡単に復習してみましよう。

スポンサーリンク

マリー・アントワネットとは?

マリー・アントワネットは、オーストリアのフランツ1世とマリア・テレジアの末娘で、フランスとオーストリアの同盟関係のために14歳のときにフランスのルイ16世と政略結婚し、王妃となりました。ルイ16世は、人が良いけれど頼りない人だったために、最初から男性として物足りなかったようですが、最後はとても仲の良い夫婦だったようです。

マリー・アントワネットは、幼ない頃からバレエやオペラに親しみ、音楽や芸術を愛していました。自らも、ハープやスピネットなどの楽器を演奏したり、作曲もしました。マリー・アントワネットが作曲したとされる原譜のアレンジ版の曲集があります。メロディがとても美しい曲集で、とてもおすすめです。

マリーアントワネット曲集~王妃様の作った愛の歌~ 楽譜 –
Amazon.jp

また。マリー・アントワネットの離宮にはミニシアターがあり、そこで演劇を見たり、子供たちや使用人たちと一緒に舞台を行ったり、演奏家を呼んでコンサートをさせたりもしました。

ファッションセンスもすばらしく、宮廷内では一際目立つ存在だったそうです。本当はとても教養のある素敵な女性だったと思われます。6歳のモーツァルトが、マリー・アントワネットに求婚したのは有名なお話です。

マリー・アントワネットもフランス語に苦労した

マリー・アントワネットは、オーストリア人だったので、母国語はドイツ語でした。そのため、フランス語ができるようになるまで大変な苦労しました。フランス語やフランスの生活に慣れるまで10年間、ホームシックだったと言われています。のちの愛人フェルセンと、母国語のドイツ語で話すことが嬉しかったようです。

マリー・アントワネットは、悪女としてでっちあげられた?

マリー・アントワネットは、フランスに嫁いたという自覚があまりなかったために、実家のあるオーストリアとフランスを比較したり、ルイ16世の愛人と口を聞かなかったり、自分の周りに敵をたくさん作ってしまいました。

若気のいたりでギャンブルなどで遊びほうけていた時期もありましたが、子供が生まれると熱心に子供を教育したり、慈善活動を行ったり、良き母親だったようです。

ヴェルサイユ宮殿の寝室には、プライバシーのための隠し部屋やお忍びで外に出る通路がありましたが、常にプライバシーがなかったために、宮殿内の離宮にいることを好み、その頃、スウェーデン人の侯爵フェルセンと不倫関係もありました。

フランス革命前は、愛人との純愛関係、子供たちと自然に囲まれた静かな生活をしていました。ルイ16世は、マリー・アントワネットの愛人にも寛容でした。

国の財政悪化は、ルイ14世からの膨大な出費が原因であって、マリー・アントワネットの出費は、王族として必要経費内の出費だったとも言われています。宮殿内部関係者や民衆によって、悪女としてでっちあげられた部分が多いと言われています。

愛人と会っていたとされる「愛の殿堂」

マリー・アントワネットが愛人のフェルセンと会っていたと言われる「愛の殿堂」
Wikimedia Commons

ヴェルサイユ宮殿の大きな庭から、かなり離れた場所に大小2つのトリアノンの建物があります。宮殿の庭には、汽車のような乗り物もあるのですが、歩いて散歩で辿り着ける場所です。小トリアノンの内部は、センスの良いマリー・アントワネットが自分好みにシンプルに改装しました。

離宮の庭を出ると愛人のフェルセンと会っていたと言われる「愛の殿堂」があり、さらに散歩すると、水の流れた小さい岩場のある素敵な建物があり、そこで愛人に会っていたとも言われています。

さらに少し歩くと、マリー・アントワネットの実家のオーストリアの宮殿内の絵にあったような風景を模倣して作ったと言われる美しい池と田舎の風景のような湖畔の建物があり、そこで農村体験を楽しんだそうです。

スポンサーリンク

37歳でギロチンにより処刑

マリー・アントワネットは、フランス革命の前後に、あちこちに助けを求める手紙を書きました。愛人のフェルセンをはじめ、マリー・アントワネットを助けようとする人たちもたくさんいました。

ルイ16世と家族と逃亡しようとしましたが、馬車の荷物が重かったために、日程が狂い、最後は革命派に捕まってしまい、チュイルリ宮殿内のひどい建物、タンプル塔に閉じ込められました。

その後、パリのシテ島にあるコンシエルジュリという牢屋のある建物に移送、死刑が最初から決まっている裁判にかけられましたが、最後まで家族や神様への愛と身の潔白を訴えました。最後はコンコルド広場に連れて行かれギロチンにより処刑されました。享年37歳でした。

実際にギロチンのあった場所は、コンコルド広場のオベリスクの像の前のプレートの所から離れた女性の像が今は立っている場所だと言う人もいます。

マリー・アントワネットのお墓と愛人の末路

最初は、マドレーヌ寺院にマリー・アントワネットのお墓がありました。その後ルイ18世の時代にサン=ドニにある大聖堂のルイ16世の墓の隣にもう一度埋葬されました。

マリー・アントワネットのDNA鑑定では、マリー・アントワネットのDNAが本人の血族と一つ違うために、マリー・アントワネットの身代わりが処刑されたのではないか?という説もあり、イタリアやロシア、オーストリアなどに逃げたのではないか?とも言われ、本当のことは分かっていません。

愛人のフェルセンは、王妃の死後、悲しみのあまり形相が変わり人を激しく諌めるようになり、最後は撲殺されて亡くなりました。

マリー・アントワネットの子供たち

マリー・アントワネットの子供は4人いましたが、長男と次女が早くに亡くなりました。一番長く生きたのは、ルイ16世の弟の長男と結婚したマリー・テレーズでした。次男のルイ=シャルル(戴冠式はしていないルイ17世)は、両親が亡くなると靴屋監視人に監視され、ひどい児童虐待を受け続け、最後は10歳で病死しました。

遺体はかなりひどかったのですが、脳の鑑定をしたときに、かなり発達した脳だったためにとても頭の良い子供だったと言われています。マリー・アントワネットの子供に子孫がないため、マリー・アントワネットとの血を受け継ぐものはいません。

マリー・アントワネットの映画

マリー・アントワネットの映画は、今までたくさん作られてきましたが、2012年のフェミナ賞を受賞した本をベースにした「マリー・アントワネットに別れをつげて」は、マリー・アントワネットの朗読係の目線で語られる視点が新しい作品と言えます。

マリー・アントワネットを演じた女優ダイアン・ クルーガーは、ドイツ人ですがフランス語が堪能であり、とても綺麗なフランス語を話しています。ヴェルサイユ宮殿やマリー・アントワネットの離宮で撮影が珍しく許可された場所の映像も必見です。

YouTube

まとめ

マリー・アントワネットは、時代に翻弄された悲劇の王妃でした。実際にアントワネットの歴史を辿りながら旅をすると、マリー・アントワネットも一人の女性としての幸せをただ望んでいたのではないかと考えてしまいます。

パリには、あちこちにマリー・アントワネットの悲しい歴史や遺品が残っているので、ぜひ歩いて見てください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • ルイ16世
  • フランス史
  • マリー・アントワネット

この記事を書いた人

sara
sara

フランスに移住して、3年半が過ぎました。海外経験が全くない・フランス語が全くできないまま、フランスに長期に住むことになりました。フランスのさまざまな文化や生活などの魅力的な情報をお届けします!

http://www.marmiton.org/