「自分の目で見て理解する」をモットーに!ーーマッセー大学の留学経験者インタビュー

681

View

一体、留学を経験して得られるものとは何なのでしょうか。ニュージーランドで留学中の日本人学生の体験から探っていきましょう。

スポンサーリンク

今回の留学経験者インタビューは、ニュージーランド最大の大学、マッセー大学に留学している「富田芽衣(とみためい)」さん。現在、マッセー大学オークランド校経営学部最終学年の3年生です。そんな富田芽衣さんのニュージーランド留学について3回に分けてご紹介します。

第3回の今回は、「富田さんの留学中の体験」についてお聞きしました。

最優秀学生として表彰

ーー 留学生活で日本が恋しくなったことはありますか?

同じ大学に日本人がいないので、たまに寂しくなることがあります。日本語を喋れないストレスを感じたり和食が恋しくなることもあります。対処法としては、フラダンスをやっていて、そこに日本人の方がいるので交流したり、大家さんの奥さんが日本人なのでお世話になったりしています。でもやっぱり同年代の話し相手がほしいです。

ーー 同年代の人としか話せないこともありますもんね。では、留学中、何か印象に残ったことはありますか?

マッセー大学に入る前ニュージーランドでディプロマコースに通っていたのですが、その修了時に最優秀学生として表彰されたことです。知らされていなくて突然のことだったので、感動して泣いてしまいました。分からないことはすぐ先生に聞いたりしていたので、日々のそうした努力が報われて本当にうれしかったです!

ニュージーランド留学にてディプロマコースの卒業式

(↑右から2番目がディプロマの卒業式で表彰された富田さん)

もう一つは東南アジアの国を旅したことです。タイやベトナム、カンボジアをバックパックして周りました。現地の友達に案内してもらいながら、現地の生活を生で見ました。そこで、観光業に注力していて英語が話せる人が多かったり、子どもが学校にも行かずに労働力として働いている現実などを見て思うことも多かったです。

ニュージーランドに留学している富田さんがカンボジアで出会った男の子

そうやって「聞くよりも自分の目で見て理解する」ことをモットーにしているので、これからもどんどん世界中を旅行したいです。

今度、現地の友達と一緒にドイツの国内を旅行します。旅行するときに案内してくれる友達が世界中にできることも、世界中から人が集まるニュージーランドに留学していることの大きなメリットです。

ーー 素敵な経験をされたんですね!ではこれから留学中に成し遂げたいことはありますか?

たくさんあります。まずニュージーランドでインターンをしたいです。まだどちらで就職するか決めかねているので、ニュージーランドでの就職がどんなものなのか体験しておきたいんです。今は就職情報を集めるために、企業の評判を口コミで聞いたり、教授にあたっています。それに、大学をいい成績で卒業したいですね。あとは、友達をもっとたくさん増やすとか世界中を旅するといった目標もあります。

大学で学んだマーケティングを活かした仕事をしたい

ーー 留学を終え、10年後には何をしていると思いますか?

できればニュージーランドで就職したいですけど、結婚ということもあるので10年後は日本にいるかもしれません。どちらにせよ、バリバリ働いていると思います。

仕事に関しては、大学で学んでいるマーケティングを活かしながら、発展途上国の子どもたちの支援をする仕事に携わりたいです。サービス業でバイトしていたこともあるので、そういうホスピタリティーが求められる仕事もいいなと思っています。

例えばホテルなどでは色んな人が来るので、それぞれの人に効果的な対応をするということは今学んでいるマーケティングの知識が生かせると思っています。実際、香港料理屋でアルバイトをしているとき、マーケティングの知識を買われて、Facebookの更新やチラシの作成を任されていました。そういう風に現実社会に活かせるとなると、大学で学ぶモチベーションはさらに上がります。

スポンサーリンク

留学を考えている人たちへ

ーー もし友達に留学を考えている人がいたら勧めますか?

絶対勧めます!もうたくさん話してどこに留学したほうがいいかも一緒に考えてあげたいくらいです。

やっぱり、留学していると今まで遭遇したことないような場面に多く出会うので、様々なことへの対応力がつきます。あと、語学力も身につきますし、世界中に友達もできますよ。短期間ではなく1年間はするべきだと思います。

ニュージーランドに留学している富田さんとドイツにいるお友達

ーー たくさん得られるものがあるんですね!最後に、そんな留学を考えている人たちへアドバイスをお願いします!

大学受験でやるような英語の文法などの基礎学習は絶対に生きてきますのでしっかりやっておきましょう。英語ができないと不安という気持ちもあるかもしれませんが、何とか伝えようとする気持ちさえ忘れないようにしてください。日本で外国人と接っしておくと、後々役に立つと思います。

行動力も大事ですので、日本にいるうちから少しずつでいいので磨いておきましょう。行動力とか精神力はよく言われることですよね。私も留学する前は「そんなのあたりまえじゃん」くらいにしかに思っていなかったのですが、実際留学してみて身をもって感じています。

ーー インタビューは以上です。富田芽衣さん、ありがとうございました!

編集部コメント

今回は富田さんの留学中の体験についてお聞きしました。日本にいるだけでは絶対に体験できないようなことをたくさん経験していらして羨ましい限りです。世界中に友達ができるというのはかけがえのない経験だと思います。

今回のインタビューを通じて、富田さんは留学生活を本当に楽しんでいるなと感じました。ニュージーランドで友達と交流を深め、世界中の友達と旅行をするなど、楽しさに溢れた生活を送られています。一方で、教授に積極的に質問するといった努力により、成績優秀者として表彰されるなど、学業面でも充実しています。そんな富田さんのお話を聞いて、僕個人としてもますます留学へのモチベーションが上がりました。今留学を考えている方々もぜひ参考にしてみてください!

関連インタビュー記事

今回紹介したマッセー大学の口コミ

マッセー大学のロゴです
名称Massey University(マッセー大学)
国・都市ニュージーランド / パーマストン・ノース
学校形態大学大学院
住所Tennent Dr, Palmerston North 4474 ニュージーランド
電話番号+64 6-350 5701
公式サイトhttp://www.massey.ac.nz/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/9856/

インタビュアー

保坂福斗(ほさかふくと) / 早稲田大学一年 / アブログインターン生

関連記事

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • インタビュー
  • 体験談
  • マッセー大学

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/