ニュージーランドのフレンドリーな国民性に惹かれたーーマッセー大学の留学経験者インタビュー

1004

View

「Youは何しにNZへ!?」今回はニュージーランドに留学中の日本人にインタビュー。留学の決め手とニュージーランドの魅力について語ってもらいました。

スポンサーリンク

今回の留学経験者インタビューは、ニュージーランド最大の大学、マッセー大学に留学している「富田芽衣(とみためい)」さん。現在、マッセー大学オークランド校経営学部最終学年の3年生です。そんな富田芽衣さんのニュージーランド留学について3回に分けてご紹介します。

第1回の今回は、「ニュージーランドでの留学」についてお話を伺いました。

留学のきっかけはニュージーランドの国民性

デボンポートからのオークランドの眺め

(富田さんが留学しているオークランドの風景)

ーー ではまず、なぜ留学を決意されたのか教えてください。

私はもともと海外へ憧れを強く持っていました。子どものころ、NHKのドキュメンタリーでガーナの貧困についてやっていて、そこでカカオ豆農家の子どもが貧しい生活をしているのをみて、世界の事情に興味を持ち始めました。また、両親が海外旅行好きだったことも、海外への関心を強く持った理由の一つです。

そんな中、私が通っていた進学校の、大学受験に没入する姿勢に疑問を持ち始めました。「いい大学に入ることが全てではない」、そう思うようになりました。そして、子どもの頃からの憧れもあって、高3の時、海外留学を決断したんです。

ーー 留学先はどうしてニュージーランドだったんですか?

留学先としてニュージーランドを選んだのはその国民性に惹かれたからです。妹がニュージーランドの高校に留学していたので、家族で何回か訪れていたんですが、そこでそのフレンドリーな国民性に惹かれてしまいました。

ニュージーランドの人は道を歩いているだけですぐに話しかけてくれるんです。

ーー すごいですね...そのニュージーランドへの留学が決まったとき何か不安だったことはありますか?

ニュージーランドという知らない土地で生活することはやっぱり不安でした。金銭面、生活面も含めて何事も自身の力でやり繰りしなければならないので。

ーー そうですよね。英語は不安じゃなかったですか?

英語に関しては、日本で英会話を習っていました。また、学校で英文法などの基礎はしっかりと勉強したので、こっちでとても役に立ちました。でも、最初はやっぱりニュージーランドの訛りもあって聞き取るのも苦労しました。スピーキングは、ネイティブの話し方を真似たり、好きな映画を何回も見て使えそうな表現を覚えて実際に使ったりしていました。

あとは、「とにかく何とかして伝えよう」という気持ちを大事にしましたね。

ニュージーランドでの日本人はどんな感じ?

ニュージーランドで茶道を教える富田さん

(↑左が友達に茶道を教えている富田芽衣さん)

ーー ニュージーランドで日本人であることで損したことや得したことはありますか?

損したことは、「アジア人は自分たちのコミュニティーで固まっている」と思われたことですかね。やっぱり、母国語で話しがちに思われましたね。けど逆に、そんなことないぞって覆そうというやる気にもなりました。

得したことは、日本の文化に興味を持ってくれる人が結構いることです。私は茶道をやっていたので、よく周りの人に茶道について聞かれました。女の子なら着物の着方とかを覚えておくと良いと思います。男の子は...料理ですかね(笑)

あと日本のファッションにも興味を持ってくれることが多くて、「それどこで買ったの?」って聞かれることもよくあります。

スポンサーリンク

ニュージーランドでの留学生活は楽しい!

友達とみんなでハイキングに行く富田さん

ーー ニュージーランドでの友達はどうですか?

基本的にフレンドリーです。特に目的がなくても遊びに誘ってくれます。「今日空いてたらあそこの滝行かない?」「今マウンテンバイクあるからサイクリング行こうよ」って感じで。こっちに来たばっかりの頃は戸惑うこともあったけど、今はとりあえずやる感じです。

ーーそれは毎日楽しそうですね!逆に、ニュージーランドで危険を感じたことはありますか?

危険を感じたことはあまりないですね。でも危険な地域もあるので、新聞とか危険マップとかで情報を得てそういうところへは行かないようにしています。特に、日本人女性は狙われやすいので気を付けたほうがいいです。バーで話しかけられても安易について行ったりしちゃ行けませんよ。

ーー 自分の身を自分で守ることも大切ですよね。最後に、留学中に見つけたニュージーランドのオススメスポットを教えてください。

オススメなのはファンガヌイです。ウェリントンから1、2時間のところにあって、ヨーロピアンな街並みです。魚もおいしくて、星空がきれいで、何より街の人が気さくです。日本ではあまり知られていませんが、一度は行ってほしい場所です。

編集部コメント

今回はニュージーランドでの留学についてお聞きしました。富田さんが留学先にニュージーランドを選んだのは、その国民性に惹かれたから。ニュージーランドの人たちは本当に気さくでフレンドリーみたいですね!日本人にとってはとても新鮮な体験になりそうです。

さて、次回は「マッセー大学の魅力」についてご紹介します!

関連インタビュー記事

今回紹介したマッセー大学の口コミ

マッセー大学のロゴです
名称Massey University(マッセー大学)
国・都市ニュージーランド / パーマストン・ノース
学校形態大学大学院
住所Tennent Dr, Palmerston North 4474 ニュージーランド
電話番号+64 6-350 5701
公式サイトhttp://www.massey.ac.nz/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/9856/

インタビュアー

保坂福斗(ほさかふくと) / 早稲田大学一年 / アブログインターン生

関連記事

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 海外の幼児教育に興味ある人必見!オーストラリアでチャイルドケアボランティア

    子どもが大好きな人、海外の幼児教育に興味がある人にまさにピッタリのプログラムが「英語+チャイルドケアボランティア」です。今回は「英語+チャイルドケアボランティア」プログラムについて紹介します。

    運営チーム 2782 view
  • アメリカで銀行口座の開設方法!お勧めの銀行も紹介

    アメリカで留学生活をしていると、意外と身近で利用する機会が多い銀行!今回はアメリカで銀行の口座開設方法とオススメの銀行を紹介します!

    Yusuke 20962 view
  • なぜ、MBA?〜私がMBA留学を決意した3つの理由〜

    筆者は社会人の女性で、30歳を目前に、働きながらニューヨークでの留学を実現し、2015年5月にニューヨーク市立大学バルーク・カレッジでMBA(経営学修士)を取得しました。留学する理由、MBAを取得する理由は人それぞれですが、迷っている方の参考になればと思い、私がMBA留学を決意した動機やきっかけについてご紹介します。

    Sattyshamrock 5204 view
  • 科学・技術分野への大学院留学をサポートする団体「カガクシャ・ネット」とは?

    インターネット上に留学に関する情報が殆どない2000年から科学・技術分野の大学院留学に特化した情報発信及びネットワーク構築のサポートを目的として活動を続けるボランティア団体「カガクシャ・ネット」。今回は代表の武田さんにインタビューを行いました。

    運営チーム 3350 view
  • 「I'm fine」にはもううんざり?会話が弾む「How are you?」攻略法

    英語を勉強し始めて一番に習う、あまりにも有名な英語の挨拶、「How are you?」。もっとも無難な回答として、「I'm fine」が浸透していますよね。でも実際に留学中に出会う人たちみんなに「I'm fine」と答えるのは、なんか面白くない…そんなあなたに、実際に海外の人たちが使っている「How are you?」の返答集をご紹介します。

    きりん 5495 view

この記事に関するキーワード

  • インタビュー
  • 体験談
  • マッセー大学

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/